So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

妖怪人間ベム50th再放送は失敗だったのか [手記さまざま2]

妖怪人間ベムの再放送を私は第2話から見ている。最初私はもろ手を挙げて歓迎していた。その後の「俺たちゃ妖怪人間」も、回によっては表現が一般受けレベルを超えてきついこともあるがそれでも大歓迎していた。

でも、回が進むうちに事情が変わってきた。「俺たちゃ妖怪人間」の表現については、後から考え直した。私はこの歳になるまでに色々見聞したので耐性があるが、私のブログ記事を読む人がどんな人かはわからないので、表現のきつい回のことを考えてブログ記事から大歓迎の文を削除しておいた。妖怪人間ベム再放送のほうは、本来の第4話(LD以降のタイトルで「人魂」)が欠番扱いになった頃からつまらなくなってきた。最初の数話にはピー音が入り、そのピー音があまりに目立つので、私はネットで話題にさせようとわざとやっているのかと思ったほどだった。個人的には、わざとならそのほうが良かった。話題になるから。でもどうやら、わざとじゃない。その後、ピー音は入らなくなった。そして本来の第4話は欠番。それどころか、本来の第8話(吸血鬼の寺)もなかった。問題のある表現を片っ端から消しているというのが見て取れる。何話も欠番になったのでは、見たかった話が放送されないという落胆が生じてしまう。

ネット上での人気も失われたように見える。私は妖怪人間ベム再放送の第1話を見損ねたので、ネット上に情報はないかと探した。その時に「あにこ便」というのを見つけた。最近放送されたアニメの静止画でおおまかなストーリーを追いつつ、各場面での人々のツイートが紹介されるサイトのようだ。妖怪人間ベムも第1話から載っていた。ところが数話が過ぎた時点で載らなくなった。人々のツイートがなくなり人気がなくなったからだと私は推測している。

非現実的なのを承知であえて書いてしまうと、もしも妖怪人間ベムの再放送が初回放送版でピーなし欠番なしだったら、多くの人が見逃すまいと視聴したことだろう。

私はもう少し続けて視聴するが、思い出のある「吸血鬼の寺」が放送されなかったので、自分にとっての視聴の意義がゆらいでいる。この先また欠番があったら視聴をやめるかもしれない。

バスは私を見放した [痛風日記]

今日は病院で採血の日だった。採血があると私は、朝の9時過ぎに家を出るのに午後の2時半にならないと帰宅できない。これには4つの悪条件が重なっている。
1:一番早いバスが病院に着くのが9時45分ごろで、それより早くは行けない。
2:採血の日は診察の1時間前に来て採血しなければならない、つまり診察の予約は係の人に頼みこんで早くしてもらっても10時半になってしまう。
3:担当の先生はいつも1時間遅れる、つまり10時半の予約でも11時半近くになる。
4:病院発のバスは午前11時45分を最後に2時間の休憩となり、次は13時45分だ。
まさに、そんなバカなと言いたい事情である。4つの悪条件のうちひとつでも改善されれば、私は12時半に帰宅できる。それが現実には14時半だ。

私は、いっそのこと診察が遅れてくれと願った。なぜなら半年くらい前に、とても嫌な体験をしたからだ。診察が終わった時間がギリギリ間に合いそうな時間で、私は急いだのに、精算をしている私が見ている前でバスが行ってしまった。なんとも、やりきれない。いっそのこと、どう考えても間に合わないという状況のほうが気が楽というものだ。だから今回、私は診察が大幅に遅れてくれと願った。私の願いは通じ、診察は11時20分くらいになった。

タイトルのバスからは話題が逸れるが、痛風のことも書かねばならない。診察の前、私は「10日ほど前の左膝の炎症を先生に言うと薬の量が増えるから言わないぞ」と思っていた。ところが私は馬鹿正直で、先生を前にしてつい言ってしまった。先生は不思議がっている感じだった。その腫れが痛風の発作かどうかはわからないと先生は言い、その通りだが、痛風発作がどんなものか知っている私は炎症の感じと期間から、かなりの確率で軽い痛風発作だと内心思っている。血液検査の結果はCRP/LAが0.09mg/dLで炎症はすっかり収まっており、UAは5.4mg/dL。ほんの数日前まで片足を引きずって歩き、階段の登り降りはとてもできず、その痛々しさから電車で人に席を譲られる身だったことは、黙っていれば誰にもバレない。困った検査結果だ。これからは自分の血液を「ネコかぶり血液」と呼んでやろうと思った。

薬は3ヶ月まで出せるが、2ヶ月を過ぎると今すぐの予約ができず、2ヶ月前以降に電話予約をしなければならない、と先生は話した。この先生に最初に診察してもらった時には、先生はもっと簡潔に「次回は2か月後にしますか3か月後にしますか」と言い、事情がわからなかった私はとっさに「先生にお任せします」と言ってしまい、その結果2か月後になってしまった。次の診察までの期間が長ければそのぶん1年間に払う診察料が少なくて済む。採血があるとその差は顕著になる。だからその間自分の体調が変わらないという自信があれば、次の診察は先のほうがいい。今回私はもちろん3ヶ月後にしてもらった。

診察室を出ながら、私はふと思った。「いま病院で次の予約ができないということは、会計が済めば予約窓口に寄らずにすぐに帰れるということだ。ひょっとして午前の最終バスに間に合うだろうか。」しかし時間はすでに午前の最終バスが出るまで25分しかない。会計ではなかなか名前が呼ばれないのが当たり前。30分待つだろう。するとなんと、バスが出る5分前に名前が呼ばれたではないか。なにッ、バスに間に合うのか!一度に5人くらい呼ばれるその最後に私の名前が呼ばれ、私は会計窓口前で列の最後尾に並んだ。窓口で金を払えれば良いのだが、この病院は窓口では診察券を返してもらうだけで、そのあと自動入金機に診察券と金を入れるシステムだ。私は今度は自動入金機前で列の最後尾に。出口を見ると、バスがまだある。ああでも、この感じは前にも一度体験した覚えがある。これはデジャヴーではない。半年くらい前に現実にあった嫌な出来事の記憶だ。バスよ待っていてくれ、私は機械に診察券と紙幣を立て続けに突っ込みボタンを押した。機械から出てくる診察券と釣り銭を私が取る間にバスが出ていった!
またか!!またこのパターンなのか!

それから私は昼飯がわりに菓子を食い、病院前の薬局で薬をもらい、そんなものは20分で終わってしまい、人がまばらになった病院の待合室でこの記事を寂しく書いている。

疲れの取れる菓子を探す(6) [手記さまざま2]

20171115_033840.jpg
サクサクのグラノーラを棒状に固めて、チョコレートコーティングしてあります。使っているチョコレートは、甘いミルクチョコレートではなく、カカオの香りと苦味を味わえる本格派です。ただ、疲れた時に食べて元気を出すのが目的ならば、甘いミルクチョコレートの方が合っているかな。

20171115_034014.jpg
あ、これ美味しいです。シリアルを棒状に固めたのをホワイトチョコレートでコーティングしてあります。ホワイトチョコレートの甘さで幸せになります。

オンラインストレージサービスDLご協力への感謝 [手記さまざま2]

10月28日の記事で、私はオンラインストレージサービスからのダウンロードのご協力をお願いしました。そして嬉しいことに、3人の方がダウンロードしてくださいました。協力してくださった3人の方に、私は心から感謝いたします。

お陰をもちまして、私はオンラインストレージサービスの使い方を確認でき、外国にいる友人に大量のデジカメ写真を無事に届けることができました。

疲れの取れる菓子を探す(5) [手記さまざま2]

soyjoy2.jpg
前回に続けてSOYJOY。今回はバナナ味。「小さめなのに中身の詰まった食べごたえ」は、前回と同じです。顎を使ってモグモグと噛むうちに元気が出るみたいな。

で、肝心の「どれだけ元気が出たか」なんですが、先日私が体を痛めてしまい、出先でとりわけ元気をつけなければならなかったので、他のものと一緒に食べてしまいました。だから今回は★の数によるランク付けができません。

かいじゅう大あばれ! [  レコード(補完計画)]

私は時々、怪獣絵かきうた図鑑のピグモンが聞きたくなる。私は持っていない。ネット上にも音はない。あるのは、はるか昔、小さい頃に聞いた記憶だけだ。それについては前に一度ブログ記事に書いたと思う。私がある程度大きくなった時点で、子供っぽい絵描き歌は捨ててしまった。ただ、一緒に入っていたウルトラマンのドラマだけはとっておいた。当時はまだ家庭にビデオデッキがない時代だから、レコードやソノシートはテレビ番組を音だけでも保存するための大事な手段だった。皮肉なことに、それから数十年が経つと事情は一変した。今ではウルトラマンのドラマはDVDなどでいくらでも手に入り、昔の絵描き歌はどこを探しても手に入らない。今日もネット検索したが、新しい情報は見つからなかった。よくよく考えるに、これは私が自分で選んだ結果だ。子供の頃、子供っぽい歌を捨てたのは私自身だ。だから私はこの結果を受け容れる必要がある。

昔の私が大事に取っておいたウルトラマンのドラマを、今日は久しぶりに聞いてみた。確かに懐かしい。私はこのソノシートを小さい頃に繰り返し聞いた。でも、(小さい頃にも感じたはずだが、)音だけ聞いても情景が頭に浮かばない。懐かしいけど、なんだかよくわからない。30分近い長さの番組を数分に編集しているから、イデ隊員が「ピグモンが」と言うがピグモンは出てこないという矛盾が生じている。おまけに雑音だらけだ。

今日ソノシートを聞いた記念に、しばらくドラマの音を置いておきたい。試しに聞いてみようと思う方のために、くどいけど繰り返す。音だけだから、なんだかよくわからない。そして、雑音だらけだ。


ultra.jpg

このソノシートの反対の面には大きな傷があって、針飛びがひどい。傷が深すぎて修復もできなかった。





追記
あった!なんと、怪獣絵かきうたがネット上にあった!
この前探した時とはキーワードを変えて検索したらヒットした。

http://www.nicovideo.jp/watch/nm31457118

この絵かきうたのレアさを知らない人は、「絵かきうたというよりキャラソンだ」等と冷静にコメントしていた。知らなければ無理もない。でもこれは超レア物なのだ。知っている人は悦びで天に上り、冷静なコメントは出来ない。私が今日これを見つけられたということは、私は一日ぶんの幸運を全部使って見つけたに違いない。私が探しているピグモンはなかったが、ジャミラはあった。

やはり痛風発作に思える [痛風日記]

月曜日の夕方に「押した時だけ痛かった」左膝は、火曜日・水曜日には「曲げても少し痛む」ようになった。多分、火曜日に急きょ、家の外階段をペンキ塗りしなければならなくなり、しかもお隣さんの車が戻るまでの数時間で終わらせなければならなかった、それが影響している。

これが痛風発作なら、前回の発作から5ヶ月たらずしか経っていない。通院して薬を飲み、食べ物の種類にも気を付けているというのに、発作が起き、しかも前回との間隔がさらに短い。気分が暗くなってしまう。

今までの記録を一覧にしてみた。


1回目 右足親指の付け根を中心に足首から先
次回との間隔9ヶ月あまり
2回目 左足の親指の付け根
次回との間隔7ヶ月
3回目 左足の親指の付け根
次回との間隔7ヶ月たらず
4回目 左足親指の付け根
次回との間隔6ヶ月あまり
5回目 右膝
通院・治療開始
次回との間隔5ヶ月たらず
6回目(今回) 左膝。ただし外を歩けるほど軽度。階段は無理。

私のたった6回の情報では正しい知識にまでたどり着けないが、推測してみる。発作のたびに次回との間隔は短くなる。最初のうちは患部は足の親指の付け根、発作を重ねるうちに何故か患部は膝になる。一度に複数箇所が痛くなることは、(今のところ)ない。右足と左足が交互に痛くなるとは限らない。

医者に行って治療しているのに発作が起きるメカニズムは、推測できる。私の関節にはすでに尿酸の結晶ができているはずで、血中尿酸値が下がった時から結晶が溶け始めてはいるはずだが、全部溶けるまでには長い時間がかかる。溶けきるまでは発作が起こりうる。でも、次回との間隔がまた短くなったのはどうしてだ、という疑問は残る。

採血前の記録 [痛風日記]

いよいよ採血まで一週間を切った。今までも食べ物には気をつけていたが、これからの一週間はさらに気をつけ、食べ過ぎにも気をつける。

食べ過ぎに気をつけるというのは、最近よく食べるからだ。痛風とわかってから2ヶ月は、あまり食べなかった。無理して食べないのでなく、緊張して食欲がなかった。色々なことに気をつけた。それからまた2ヶ月は経ったと思う。一種のリバウンドが来た。前回の通院で採血かと思って食事も他の生活も頑張ったら問診だけで終わり、気が抜けた。その頃からリバウンドが始まった。やってられるか、というような。プリン体の多い物は相変わらず食べないが、食べる全体量が多いから結局プリン体の摂取量は減らず、尿酸値は前回採血時ほど下がらないはずだ。

禁酒の影響も出始めた。以前のブログ記事に書いたが、もともと酒は通院・診察の後に1回飲んで、次の通院まで我慢するつもりだった。つまり2か月に1回のつもりだった。でもそう上手く行かなかった。1か月に1回飲んでいる。量は、前回は金麦3缶だが、次も3缶で足りるかどうかは飲んでみないとわからない。アルコール依存症には一種の禁断症状がある。私の場合、不機嫌になるらしい。「らしい」というのは、自覚症状がないからだ。私はいつも通りに普通に生活しているつもりだ。でも周囲の人が私の不機嫌を指摘する。私自身がひとつ思うのは、脳みそを酒漬けにして完全に能天気になり発散する機会を失った。日々の生活不安や昔人に傷つけられた記憶が何かのきっかけで吹き出すと、それが発散されずに心の中に溜まってゆく。

痛風発作についても記録しておく。以前の記事に書いたが、今までの発作の周期から考えて、今度の発作は年末か、あるいは薬が効いて遅れるなら年始だろう。ところが、数日前から左膝に気になる症状が出ている。この前の月曜日の夕方、左膝を押すと痛いのに気づいた。押さなければ痛くない。歩くのも不都合はない。でもなぜか押すと痛い。その日は何の症状か見当がつかなかった。ぶつけた覚えはないし、チクチク刺すような種類の関節痛でもない。翌日ふと「これは痛風発作のごく軽い症状ではないか」と考えてみた。押さなければ痛くない程度ではあるが、痛みの種類が痛風発作のそれと似ている。ロキソニンの貼り薬を貼って寝たが一晩経っても痛みの感じが変わらない。この「変わらなさ加減」も、痛風発作と似ている。もしもこのまま一週間ほどで痛みがケロリと治ったら、それは痛風発作だ。

家のペンキ塗りをした [ここは地獄の3丁目]

ペンキ塗りをする気はなかったし、したくもなかった。私は今年の始めごろに風呂のすのこと四畳半の畳の上敷きを買って、それを以て自分の家を今まで放っておいた埋め合わせとするつもりだった。転居する前に、自分の生まれ育った家に何かしてやりたかったというわけだ。でも転居の前なのだから、ずっとこだわるのも間違っている。すのこと上敷きで、今の家にしてやることは終わりのはずだった。

ところがひと月くらい前、外出から帰った時のことだ。私の家には鉄製の外階段が付いている。この外階段を登るのが年老いた親にとって辛いというのが、親が転居を急ぐ理由なのだが、とにかくその外階段を私は登った。すると、所々錆びてペンキが浮いて剥がれ落ちていた。ペンキが剥げて間もないらしく、剥げ跡はまだ錆びていなかった。一ヶ月もすればそこが赤錆だらけになることを私は知っている。さらに何年も経つと、そこから赤錆が鉄の内部へ侵食してゆき、脆くなる。長年放置して錆びた鉄階段は危険で、人が踏み抜いて怪我をすることがある。だからそうなる前、早いうちに、錆びて浮いた部分をこそぎ落とし、ペンキを塗り直さなければいけない。私が子供の頃は親がペンキを塗っていた。私が成人してからは私が塗った。私が腰痛で苦しむようになってからは、仕方なく金を出して職人に塗ってもらった。

さて今また階段が錆びてきた。どうするか。職人に払う金はもうない。塗るなら自分で塗る。今年に入ってとくに腰痛がひどかった。今までになく長引いた。今は小康状態だが、私に塗れるのか? でも畳の上敷きの時も、四苦八苦しながらもとにかくタンスを動かして敷けたではないか。ペンキ塗りも、やり始めたら道が開けるのではないか。ただし寒い冬が来たら要注意だ。寒さで筋肉が収縮して腰痛になりやすい。そう考えたのが、ひと月くらい前だった。

そのままひと月が過ぎた。行動を起こせなかったのは、お隣さんのことを考えて憂鬱だったからでもある。うちの外階段はお隣さんの車の近くにある。以前に職人が階段を塗り始めた時、お隣さんが出てきて、車にペンキが飛んだらどうする、飛ばないように覆いをしてくれと言った。親が塗る時も、お隣さんにひとこと言っていたようだ。ペンキを塗る日にはお隣さんの車がなかった。だから私もお隣さんの車のことを考えてペンキ塗りをするべきだ。

昨日、私が外から帰宅した時、階段を登りながら例のペンキが剥げた所を見た。錆が出始めていた。それに、天気予報によると今週末からぐっと寒くなるらしい。塗るなら今しかないが、私は今までぐずぐずして、まだ刷毛を買っていなかった。仕方ないので出来ることだけをしようと思った。

ペンキ缶と薄め液は、何年も前に買っておいたらしい物を倉庫で発見していた。ペンキ缶を振ってみると液体の音がするので中身は乾燥していないが、蓋が固くて開かなかった。そこで今日は蓋をこじ開けて中身の確認をすることにした。私は倉庫へ行き、ペンキ缶を取り出し、ついでにその奥にあるビニル袋の中身も点検した。するとなんと、大きくて立派な刷毛が入っているではないか。私はお隣さんの敷地を見た。今日は車がない。塗るなら今しかない!

こうして突然にペンキ塗りが決まった。

私は2日かけて塗ろうと思った。まず今日は錆びてペンキの浮いた部分をこそぎ落とし、そこだけ塗る。そして後日、階段全体を塗る。こうすれば、大事な所は二度塗りになる。

私が大事な部分を塗り終え、ついでに他の所も塗っていた時、偶然にお隣さんが通りかかった。私は、若い頃に車があるのにペンキを塗った時のことを詫び、今たまたま倉庫で刷毛を見つけ、たまたまお隣さんのお車がないので、塗るなら今日だと思ったという次第を述べた。

さあ、お隣さんに今日塗りますと言ってしまったら今日塗り終わらなければならない。人間、必死になれば体は動くものらしい。腰痛が恐ろしい私だが、普段恐くて決して曲げない角度に腰を曲げ、車が戻ってくるより前に必死で塗った。

すると親が来て、今日は荷物が届く日だと言った。しまった!それを忘れていた。階段はペンキ塗りたてで登れない!

何人もの人に迷惑をかけつつ、四苦八苦しながらも私はペンキを塗り終えた。塗る前、ペンキのそばには手袋もあったのに、私は焦っていたから手袋なんてなくてもいいと思って素手で刷毛を持った。その結果、私の両手はペンキだらけとなり、家に入りたくてもドアノブに触れない。電話したくてもスマホに触れない。後から薄め液で手を拭いたら、まるで魔法のように、あの落ちないペンキがさらりと落ちた。そして塗り終えた今、私は両足がかわりばんこにつる状態に苦しみ、私の体で階段のペンキ塗りを数時間で終わらせるのは無理だったと実感しつつ、横になってスマホでこの記事を書いている。

私は今回ペンキ塗りの初歩的なことを確認した。ペンキは垂れるものだ、飛ぶものだ。新聞紙で防げ。手袋をしろ。ペンキが付いて構わない服装で塗れ。手にペンキが付いたら薄め液で拭け。その後はすぐにハンドクリームでケアしろ。
次はもっと上手く塗れると思うが、次はない。今回が最後のペンキ塗りだろう。転居先の団地では、修繕費を積み立てて職人にやらせるので、自分で家の外壁を塗ることはないから。

スカパーの歌謡曲系チャンネル [手記さまざま2]

地デジの懐かしの歌番組を録画するのをやめた私だが、地デジ以外で気楽に聞くにはいいかもしれないと思っているものがある。それはスカパーの歌謡曲系チャンネルだ。もちろんスカパー無料の日を使ってタダで視聴する。

地デジの番組との良い意味での違いは、曲目の豊富さだ。地デジの番組は、毎年定期的に放送してくれるTBSでも年2回。その限られた放送で確実な視聴率を得るためには、とりわけ人気のある歌を流すしかない。これにたいしてスカパーの歌謡曲系チャンネルは、日常的に歌を流しているから、曲目の数は当然桁違いに多い。たとえば昨日は小泉今日子のシングルの中から20曲を選んで放送した。そんなことは地デジではできない。

悪い意味での違いは、様々な意味で質に不安が残る。これについては、チャンネルによっても番組によっても差があるから、一概には言えないが。でもTBSで昔の映像が出る時、(もうちょっと映像が長いと良いなとは思うが、)画質や音質に不満を抱く事はないだろう。どれもが有難いお宝映像だ。いっぽうスカパーの歌謡曲系チャンネルでは、ある番組は無音のはずの曲間にハム音が聞こえた事が複数回あった。(最悪そういう番組もあるという意味だ。全部のチャンネル、全部の番組でハム音が聞こえるのではない。誤解なさらぬように。)1番だけ流すか最後まで流すかは番組によって違うが、フェードインやフェードアウトを使う番組もある。映像に至っては、曲と関係ない映像を流す番組が多い。レコードジャケットを映像として見せてくれる番組もあるが。

私としては、最初に書いた曲目の豊富さに注目したい。レコードをオーディオ機器で聴くようなつもりでいると質的に厳しいが、YouTubeにUPされているものを聞く位の気でいれば、平成の今の世で昔の曲を聞き放題だ。結構嬉しい。

私が無料の日に視聴しているのは、歌謡ポップスチャンネルの「僕たちの青春ソングス」(60年代、70年代、80年代の中から毎回特定の年の歌を流す)、「日本のこころ ふるさとの歌」(子どもの頃に聞いた懐かしい歌を、童謡、唱歌、民謡とジャンルにこだわらず各回テーマを決めて流す)。グラフィティTVの「70's歌謡曲」、「80's歌謡曲」。他にも、知っている歌が出る番組を視聴。ただしスカパー無料の日にしか見られないから、基本的に月に1日だけ限られた番組を見るというのが現実。

この記事を書きながら私が気にしているのは、スカパーには何種類かの視聴方法があり、上記の歌謡曲チャンネルが視聴方法によってはスカパー無料の日に無料にならないかもしれないという事だ。これは、申し訳ないが、興味のある方はまず最初に確認をお願いしたい。

今日はたまたま上で小泉今日子の名前が出てきたから、ついでにクイズをひとつ出して終わりたい。

キョンキョンが子どもの頃に好きだった「主題歌」は何でしょう?答えは、昔のラジオ番組の中で彼女自身が言っています。(ラジオ番組の放送年は、1982年か1983年のどちらか。)

前の10件 | -