So-net無料ブログ作成

やっと見つけた昔の海外心霊画 [  その他(補完計画)]

子供の頃にテレビや本で見た心霊。今では心霊ものも流行が変わって、昔の心霊をテレビで見ることはできません。ところがネット検索したら、ほとんどのものが出てきました。昔見て怖い思いをした心霊は、記憶に残っている人が多いのでしょうね。おかげで私は昔懐かしい心霊を見ることができて助かりました。

そんな中で、ものすごく印象的で怖かったのに今まで見つけられなかった心霊画がひとつありました。それが今回見つかりました。検索で私が最初に出くわしたサイトはこれです
http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q13107667373

ひとつ画像が見つかれば、Google画像検索でネット上の同じ画像を探せます。

この画像はネット上に複数ありますが、画像のキズがどれもまったく同じところにあって、元はひとつの画像でそれをコピーしたり縮小したりで複数になったらしいです。たぶん中岡俊哉「恐怖の心霊写真集」から取得した画像なのでしょう。私がこれを見たのはテレビでした。絵の前にテレビカメラを設置して何分に1回だか撮影するようにして、後から見てみたら絵の人物が大きくなったり小さくなったりしていました。子供心に「これはウソだ」と思ったものですが、それでもこの心霊画はとても怖くて印象的でした。

私はあることに気づきました。ネット上のどの画像も日本由来のものです。でも絵は外国のものだったはず。外国の絵ならばその国のサイトに情報があるのが普通ですが、Google画像検索で探した限りはひとつもありません。絵ですから、焼失でもしない限りは現存し、番組の後も話題になったり撮影されたり本に載ったりしそうなものですが、確認できたのは上記の日本の本だけ。

当時の心霊には捏造も少なからずあったようですが、あの絵はひょっとすると日本で心霊番組のために作られたのかもしれませんね。

コメント(0) 

コメント 0

コメントの受付は締め切りました