So-net無料ブログ作成
検索選択

無線LAN接続が勝手に切れる [手記さまざま2]

ふと気づいたら「手記さまざま」というカテゴリーが400件になっていた。すごい数だ。もともと分類し整理するためにあるのがカテゴリーだ。こんなに件数が増えたら分類も整理もあったもんじゃない。本当は記事内容を細分化して小分けにするのが正しいが、それが難しかったり面倒だったりするから「手記さまざま」なわけで、うまい方法が思いつかなかった。それで情けないけれども、「手記さまざま2」として今後の記事をとにかく別個にする。

そのご報告だけで記事が終わるとあまりに申し訳ないし、いまちょうど困っていることがあるので、それについてもここで書きたい。


近頃PCで使っている無線LAN接続が勝手に切れる。この現象はWindows10にしてからのことだ。「PCの表示が接続中のままで」データが来ず、モデムを見に行ったらプロバイダに切られて再接続中だったということは今までに何度もあった。それなら私はわかる。ところが今回は、「PCの表示が切断状態になる」。この現象は私の所ではインターネットを始めてからなかったと思う。

私はもちろんこれを改善しようと、ネット検索した。勝手に切れるといっても、手動で再接続すればインターネットはまた使えるようになる。(ただし数十分後にまた切れる。)ネット検索した結果、残念ながら無線LANが勝手に切れる場合の原因はいくつもあり、すぐに原因特定はできなかった。

この現象が出たのがWindows10にアップグレードしてからなので、私はまずWindows10に入っている何らかのソフトウェアを疑った。たしかにその可能性もあるらしい。ただ、それについて書いているネット上の記事の多くがイーサネットを使用している場合の記事で、これは無線ではなくケーブルでモデムとPCを接続する場合だと思う。無線の場合はそれ以外にも可能性が増えてしまうようだ。

1.モデムが壊れている可能性。大変困ったことに、それは私の場合おおいにありうる。以前にブログ記事にもしたが、落雷で一度やられている。それでもIP電話機能を除いて使えているので機器をそのまま使っているが、可能性は低くない。

2.無線親機が壊れている可能性。使っている機器が古いという意味で、この可能性も低くない。落雷は無線親機よりも先にモデムを壊すだろうから、可能性の順序としてはモデムが先だが。

3.無線関係のファームウェアが最新でない可能性。これはネットで調べたが、可能性は低い。

4.可能性はまだあった。近くで誰かが使っている無線が干渉している可能性。「あーっ」と私は思った。最近無線を手作業で接続する時に、他人の無線のSSIDがズラズラと表示される。この近くで無線を使ってる人がずいぶんいるんだなあと思ってきたが。

正直に言って上記の可能性のどれかを特定することは私にはできない。そこで情けないが、直感で、とにかくまず4.無線の干渉の可能性からテストすることにした。PCに入っている無線親機設定ツールを使い、無線チャンネルを変更した。

接続は20分が経過し、30分が経過しても切れなかったが、40分くらいで切れた。つまり改善しなかった。念のためにまた別のチャンネルに変更して試した。こんどはなんと5分で切れた。4.無線干渉の可能性は除外だ。

上記の無線干渉の可能性を調べている間に色々思い巡らしていた私は、3.で思い違いをしていることに気づいた。私が調べたのはモデム用のソフトウェアだった。私がモデムを怪しいと思っていたから。でももうひとつ、無線親機用のソフトウェアも最新のものに更新しなければならない。現在、そのソフトウェア更新が完了し、勝手に切れるか切れないかテストしている最中だ。もしこれで勝手に切れるならば、3.無線関係のファームウェア更新の可能性は除外となる。そうなると次は1.と2.、モデムまたは無線親機が壊れている可能性。これを調べるには、まずは電源プラグを引っこ抜いてしばらく置き、再度電源投入して改善されるかどうか見る。それで駄目なら、おそらくはモデムまたは無線親機のどちらかが半オシャカ状態なのだろう。もしそうならば、(a)どちらが半オシャカかを判定の後買い替えるか、(b)接続が切れたらまた接続すればいいという安易な考えでこのまま使い続けるか。(ただし(b)の場合、動画の視聴や大きなファイルのダウンロードには支障をきたすかもしれない。)私は上記の手順でさらにテストを続けるが、記事としてはここまでにしておこう。


追記
この記事には続きが出来た。次の記事へ続く。

コメント(0) 

コメント 0

コメントの受付は締め切りました