So-net無料ブログ作成

無線LAN接続が勝手に切れる 続き [手記さまざま2]

前の記事の3.無線関係のファームウェア更新をした後、40分以上の時間ネット接続は切れなかった。私は「これは意外なことになったぞ」と思いつつも喜び、テストのために色々開いていたウィンドウを閉じ始めた。ほとんどのウィンドウを右上の×で閉じ、最後にメモ帳のウィンドウを×で閉じたその瞬間、私は見た!タスクバー右端のWi-Fiのアイコンに×印が点くのを!これは偶然なのか?ウィンドウを閉じたまさにその瞬間に勝手にネット接続が切れるというのが偶然なのか?

とにかく、3.無線関係のファームウェア更新の可能性も除外となった。

私はまだ前の記事の1.と2.の可能性を試していないが、それより前に試したいことができた。なんか無性に、さっきの「偶然」が偶然と思えなかったからだ。マウスクリックと同時に(いや内部的にはリソースの使用状況変化と同時にだか何だか知らないが)ネット接続が切れた。こんなことになるのはモデムの不具合でも無線親機の不具合でもない。Windows10の設定状況によるんじゃないのか?

私がこんな、一見でたらめみたいな考えを抱いたのには訳がある。あらかじめ私はネット検索して、ネット接続が勝手に切れるのを直したといういくつもの記事を見ていた。その中に、それらしきものがあったと思い出したからだ。当初から妙な気はしていたんだ。前の記事に書いたが、接続が切れるだけでなく、画面右下のWi-Fiアイコンが未接続の状態に戻ってしまうのが妙だった。もしも例えばモデムが壊れたとしたら、Windows10はネット接続中表示のままで、実際にはデータが送受信されないという状態になると思うんだ。でも今の症状はWindows10がネット接続が切れたことを認識している。いや、ひょっとしてWindows10自身が接続を切ったんじゃないか?

私はもう一度ネット検索をして、以下のサイトを参考にテストすることにした。私が最初に見つけたサイトは別のものだったが、電源関係とNetBIOS over TCP/IPの2つを変更するのは同じだったと記憶している。
http://sato310.com/contents/windows10_wifi_setting

上記のサイトには2つの変更が載っているが、私はひとつずつ試すことにした。まずNetBIOS over TCP/IPのほうを試す。それで駄目なら電源オプションのほうも併せて試す。

私はこの下に、(もしも元の設定に戻すことになった時のために)自分用に設定変更の要約をメモするが、私の記述は自分用だからわかりにくい。上記サイトの記述がわかりやすい。

ネットワークと共有センターを開き、そこからアダプター設定の変更を開き、そこからWi-Fiのプロパティを開き、そこからインターネットプロトコルバージョン4のプロパティを開き、そこからTCP/IP詳細設定を開き、そこのNetBIOS設定を規定値からNetBIOS over TCP/IPを有効にするに変更。


前回の記事に書かなかった可能性が出てきたので記事を付け足したが、記事としてはひとまずここまでとしよう。もちろん私は引き続きネット接続が勝手に切れるかどうかのテストをするが、この記事を読む人にとって大事なのは無線LAN接続が勝手に切れる場合にどういう可能性がありその対処法は何かということなのだから、今はこれで十分だろう。最終的に直ったとか直らなかったとかいうことは、コメント欄で簡単にご報告することになると思う。

コメント(3) 

コメント 3

コメントの受付は締め切りました
blueclouds

コメント欄にて失礼。現在、「6時間連続テスト」実行中。もしもこれでネット接続が勝手に切れなかったら、駄目押しで再度「6時間連続テスト」をする予定。それでも切れなければ、原因とその解決方法がはっきりする。さあどうなるだろう。
by blueclouds (2016-10-17 06:20) 

blueclouds

「6時間連続テスト」を複数回行い、ネット接続が勝手に切れなくなったことを確認した。私の場合、電源オプションを変更することなく、NetBIOS over TCP/IPを有効にするだけで直った。初期状態では頻繁に接続が切れ、それが簡単な設定で直るとは、これはWindows10の初期状態(規定値)が不適切な内容なのではないか。
by blueclouds (2016-10-19 07:57) 

blueclouds

あれから何日もの間ネット接続が切れることはなかったが、きょう気づいたら接続が切れていた。一体どういうことなのかは、まだ不明。とにかく記録として書いておく。
by blueclouds (2016-10-23 07:48)