So-net無料ブログ作成
検索選択

あなたが聴きたい曲の を今後も見るかどうか 中間報告 [手記さまざま2]

この計画がどんなものかの詳細は、ご面倒様ですまないけれども、以前の記事「あなたが聴きたい曲の を今後も見るかどうか」を読んでいただきたい。ごく簡単に書くと、「今後も録るか、もうやめるか」を決めるために、曲を私なりに数値化している最中だ。

私が考えている数値は1.から5.まである。

1.今回の番組の中にある、私が保存しておきたいと感じた曲の数。

これは以前の記事の時点ではっきりしていた。60曲だ。今までに、その60曲のうち27曲を調べた。おおよそ全体の半分くらいまで来て、しかもCMにさしかかったので、ここまでで中間報告としたい。以前の記事を書いたのが10月6日で今日が10月24日だから、そんなに時間と手間がかかるのかと考える方もいらっしゃるだろう。もしも情熱をもって続けて作業すれば、とっくに全曲終わっていると思う。でも人間の生活は、好きな趣味だけやっていればいいのではない。仕事が忙しい時、家族と言い争ってしまい趣味を楽しむ気分になれない時、人生を不安に思い心休まらない時、そういう作業できない時がどうしても訪れる。そして何日も放っておくことになる。いざ再開しようとすると、今度はどうにも億劫になっている自分に気づく。大変な作業だろうなあ、別にこれをやらなくたって他の趣味をすればいいんじゃないか、と後ろ向き思考になり着手しなくなる。それが現実だ。余暇ができ、しかも家族と仲直りし、しかも人生不安を自分の頭の中で制御して心穏やかになった時、後ろ向き思考を振り払ってようやく再開する。
それでは、曲の内訳を見てみよう。

2.その中で、過去の録画にまったく同じ映像があって、今回の映像は保存する意味がないと思った曲の数。

6曲。意外と少ない。「あなたが聴きたい曲の何時間スペシャル」を毎回見ている人なら、前に見た映像が多いなあと感じているはずだ。私もそうだ。それにしては意外と少ない。ただし、次の3.も前に見た映像だから、2.と3.を足した数が「前に見た映像」ということになる。

3.過去に同じ映像はあったが、今回の映像のほうが微妙に長かったり、今回の映像のほうがテロップで隠れる領域が少なかったりという長所のある曲の数。

6曲。2.の6曲と合わせて12曲。27曲中12曲が以前の放送と同じ映像の再放送ということになる。半分未満だ。思っていたよりも少ない。人は前に見た映像だと思った時にその印象が強く残るから、そういう曲が実際よりもたくさんあるかのように思い込んでしまうのかもしれない。今回の映像のほうが微妙に長いというのは、以前の放送は歌い出しギリギリから始まったが、今度の放送は前奏部分が0.5秒ほど含まれる場合。これは何曲かあった。テロップは、今回の放送では昔の映像の右上にかかる文字が少し薄い色で気にならない感じになっている。それでも以前の放送のほうが良かった場合もある。以前には、曲が始まって少し経つとテロップが消えた放送もあった。今回の放送で文字が薄い感じだから良いなと思っていたら、CM直前になって「CMの後はこれこれ・・・」という別テロップが出てしまいガッカリした曲もある。「そんな細かい所はどうでもいいよ」という人の場合は、2.と3.は同類ということになる。

4.過去の録画に映像が見つからなかった、新しく保存できる曲の数。

15曲。これにはびっくりだ。新しい映像がこんなに手に入るとは、夢にも思っていなかった。この15曲の中には、曲自体は以前の放送にも出てきたが映像(いつどこのスタジオで収録したものか、その結果バックの大道具や演奏陣、カメラのアングル、そして時には歌手のコスチューム)が異なる場合と、曲自体が今回の放送で初めて取り上げられた場合がある。

5.作業の最後までの間に、保存しておきたいと思ったのは間違いだったと思い直した曲の数。

今までのところ、0曲。

以上が、中間報告だ。現在のところ、数値を見て明らかなように、今後も録画し続けるのが正しい。最終的な判断は、もちろん全曲を数値化した後でするつもりだ。最初のほうに書いたように、人生いろいろあって作業が滞るかもしれず、幸いにも全曲を数値化できたとして記事にするかどうかはその時にならないとわからないが、とにかく今日は中間報告ができてよかった。

コメント(0) 

コメント 0

コメントの受付は締め切りました