So-net無料ブログ作成
検索選択

HOUSEという昔の映画を保存している [  VHSビデオ(補完計画)]

これからの記事の頻度は今までよりも落ちるかもしれない。私はPCの前に長時間座ってはいけない健康状態で、健康と作業進捗の釣り合いを考えて今までやってきたが、なかなか進まない作業を前に、PCの前で記事を書くための健康は作業のほうに回すべきだと思えてきた。

前回の記事に書いたとおり、私は「鉄人タイガーセブン」をひとまず置いておき「光の伝説」を始めた。それは沢山の試行錯誤と長い作業時間を経て、あと少しできっと終わる。今はそれと並行してHOUSEという日本映画の保存をしている。若い頃の私はシリアスなムードのホラーを好んだので、このHOUSEは私の好みとは少し違った。この映画の何がシリアスでないかというと、

house1.jpg
ピアノに食われる女。ピアノに千切られた頭が足を見て「まあ、卑猥ねえ」と言うが、それはおまえの下半身だ。

という、恐いのだけれども、その一方で冗談のような一面も持つ映画なのだ。

この映画の中で私のお気に入りはというと、

house2.jpg
このクンフー女は化け物屋敷相手によく闘った。最期は下半身だけになっても攻撃した強い奴だ。

あと、なんでこの映画は「別に出なくてもいいオッパイ」が出るんだろう、と、若い頃不思議に思った。

今から数か月前、近々HOUSEをVHSビデオテープからPC保存すると決まった時、ネット検索してみた。すると、美しい写真があった。私のVHSビデオの映像は、ご覧のとおりの低画質だ。きっとDVDが出ているのだろう。VHSからPC保存するのは一苦労で、ノイズを取り去るとなればさらに苦労するのに、DVDがあればそんな苦労は不要なんだと思うと、ふと虚しくなる。それでも私はVHSビデオのPC保存を続ける。