So-net無料ブログ作成
検索選択

テレビで痛風の番組があった [痛風日記]

いまテレビで痛風の番組があった。私はすでに医者に行き薬を始めた都合で、今までにネットでいろいろ調べたから、そんなに目新しい情報はなかった。番組に出てきたある人は、1回目の痛風発作が足の親指の付け根、3回目の発作が膝だそうだ。私も似たような感じだった。それと同じ人かは忘れたが、最初の痛風発作で足がボールのように腫れ上がったそうだ。これも私の沖縄旅行の時と同じだ。番組に出てきた人の血中尿酸値は8.xで、私が8.0だから、これも似たり寄ったり。ネットに11とか何とか、すごい値の人の書き込みがあったから、私はてっきり自分の値は軽いんだと思い込んでいたが、実際にはごく平均的な痛風患者の値なのかもしれない。私の感想は、なあんだ、私は他のみんなより症状が軽くないし重くもない、みんなと同じだ、という感想だった。ひとり、医師に薬を飲みたくないと告げて食生活改善だけで状態を良くしたという人がいた。私はその人の真似をしようにも、すでに薬を1か月飲んじゃったからなあ。薬は、一般的には生涯飲み続けると言われているそうで、これはネットの情報に一致する。で、番組に出てきた先生が言うには、まず血中尿酸値が6以下になるように努力する。それで体内に溜まった尿酸結晶が溶けだす。(ここまでネットの情報と同じ。)注目したいのはここからで、現在体内にある尿酸結晶は一朝一夕に出来たものではなく、長年の積み重ねで今の状態に至ったので、尿酸値が6以下になってもすぐに全部溶けるのではない。だいたい数年かかると言われている。そこでまず数年間治療して、その時点で状態を調べて、後の事を決めたらどうかと。痛風患者の我々にとって数年の治療は長いが、それでも一生と言われるより良い。他にも細かいことが色々気になった。尿酸値に食生活が与える影響はほんの一部だそうだ。嫌だなあ。食生活が大部分であってほしいなあ。食生活なら改善できそうだから。例えば遺伝的要因とか言われたら、改善のしようがないじゃないか。痛風治療は食事と減量と薬の3つだそうだ。減量は、ネットにある通り、有酸素運動が良いらしいが、痛風と腰痛を併発している私の場合、ただ歩くだけでも足が腰をかばい、筋肉痛や関節痛を起こし、必死に歩くうちに無酸素運動になってしまう。階段の登り降りも、腰痛が出ている時にはとても出来るものではない。そういう人の場合は、どうするんだよう。私の以前の体重は74kgくらい、ここ2ヶ月くらい酒を飲んでいないので現在は67kg。痩せても痩せてもまだ肥満。やってられねえ。食べ物で意外だったのは果糖。肝臓が果糖を分解する時にも尿酸が出来るそうだ。果物ですら食べ過ぎ注意か。あ、でも、番組の中で、野菜に含まれるプリン体は気にしなくていいと言っていた。(これもネットの記述と一致。)果物はどうなんだ。無脂肪の乳製品は尿酸値を下げる。無脂肪でなくても効果はあるだろうが、ネットの情報でも無脂肪とか低脂肪とか付くよね。やっぱりそれって、太っちゃ駄目っていう意味なんだろうな。