So-net無料ブログ作成

禁酒の影響と体調不良 [痛風日記]

今日はスマホでなくパソコンで記事を書く。でも体調が良いからではない。スマホで漢字を変換して文章を作るのはとても時間がかかるが、それに耐えられないほど体がだるい。だからパソコンで短時間に終わらせる。

まず禁酒の影響から。痛風の薬を始めて1カ月は、酒を飲みたいとも思わずにやって来られたので、私は安心していた。しかし1カ月を過ぎた今、禁酒の影響が出始めた。そもそも私が酒を飲むのは世の中のストレスを忘れるためだ。ストレスの第一位は人間関係、私の場合人付き合いは苦手で他人と話すだけでストレスが溜まることがある。たとえば先日、スマホの2年契約が終わり、更新期間に入った。そこで携帯ショップへ行ってそこの店員に相談したが、その店員がADSLというものを理解していないらしく、現在の固定電話のアナログ回線をデジタルに変える案を出してきた。(そもそも、スマホを替える相談に行ったのに、なぜ固定電話を替える話になるんだ。)私が「デジタル回線にすると私の家のADSLが使えなくなるのでは」と言うと、店員はしばらく席を外したあと戻ってきて、大丈夫ですと自信満々に言う始末。店員があまりに長く席を外したので私はその間にテーブルの上にあったパンフレットを見て、そこにADSLが使えなくなるという記述を見つけていた。それを店員に見せると、今度は私の家のADSLを何とか使わなくさせようと食い下がる。私はそういう方のお相手を勤めてとてもストレスを溜めた。そういう時、以前の私は酒を飲んで頭をリセットした。ところが今は痛風治療で酒を飲めない。人は、少しだけなら飲んでいいと言う。でも上に書いた通り、私は人生のストレスをリセットするために飲むんだ。頭が一度酒漬けになるほど飲まないと意味がない。だから飲めない。それで悶々と過ごす。それだけではない事に気づいた。なぜ最近私のブログに記事が少ないのか。やっとわかった。私は酒を飲むと羽目を外して趣味の記事を書く。普段は引っ込み思案になって書かずに終わるようなおバカな記事を、飲んだ時だけは書けた。ところが今は禁酒だ。だから記事が書けない。

禁酒とは関係ないと思うが、ここ数日体調が悪い。そういえば痛風の薬を飲み始めたその日からしばらくの間、体がだるかった。それはブログ記事にも書いたはずだ。今回のはそれよりももっとひどい。今日の午前中は、体が重くて何もできなかった。午後には楽になってきたが、今日は体が重くて外出ができなかった。一体どうなってしまったのか。これがただの夏バテなのか。