So-net無料ブログ作成
検索選択

黄色い顔を色調補正 [  VHSビデオ(補完計画)]

今回の記事は、悩みつつvhsビデオの色調補正を試みる私の話だ。

事の起こりは、私が2台持っているビデオデッキのうち、新しい方に不安を感じた事に始まる。垂直同期がしばしば不安定で、絵が上下にぶれる。下辺のビリビリノイズも多めの事がある。それで、必要ならば古い方のビデオデッキで再生し直さなきゃいけないと考えた。こうして、動画のチェックが始まった。

そうしたら、ある動画で人間の肌の色が変だ。やたら黄色い。日本人は黄色人種と呼ばれるが、こんなに黄色いと黄疸だ。画像は恥ずかしいので出さない。地球防衛少女云々という、とても恥ずかしい動画だ。この年になるとなおさら恥ずかしいが、当時でも私は相当恥ずかしかったに違いない。それでも私は昔の思い出は全部PC保存する。

話を本題に戻そう。黄疸は、その恥ずかしい動画で終わらなかった。次の動画も、その次の動画も、黄疸だった!同じVHSに入っている多くの動画が、程度の差はあれ黄疸のように黄色い。

話はまだ終わらない。他のVHSビデオでも黄疸が見つかった!リトル・ロード・フォントルロイ。小公子と言った方が分かりやすいか。それの字幕版が黄疸だった。今度は黄色人種じゃない。白色人種だ。だから黄色い顔は、絶対に動画の色が変なのだ。それからエトワールという映画。フェノミナにも出てきたかもしれない女の顔が、少しだけ黄色い。動画によって黄疸には程度の差がある。

私は不安になった。この異常な色の原因は何か。私が不安を感じている、新しい方のビデオデッキが壊れたのか。それともVHSビデオテープが経年劣化で変色したのか。(磁気記録なんだから、写真みたいにセピア色に褪せるとは考えにくいが。)あるいは、このVHSビデオにダビングした元のビデオまたはその時の再生機器に問題があったのか。アナログ時代の事だから、映画の元フィルムがひどく変色していた可能性もある。本国には質の良いフィルムが残っていても、外国に持ち出され外国で商品化されたフィルムはひどく劣化している場合があった。要するに、私には原因が特定できなかった。

いくつもの黄疸動画のうち、小公子字幕版はAviUtlで色調を変更してはどうかと考えた。

llf01.png
これが動画の元の色だ。ご覧の通り、黄疸だ。

llf02.jpg
私は色調補正の手本となる画像をネットで探した。ネット上の画像もまちまちの色合いだ。私はこの中から、自分が手本にする画像を選ぶ。

llf03.png
色調を補正してみた。肌の色が黄色でなく桃色に見えるように、それでいて赤すぎないように。登場人物が白色人種だから、色素がない分だけ血管が透けて見え、顔に赤みがあるはずだ。

今、エンコード中だ。長いエンコード時間を利用してこの記事を書いている。結果は、動画が出来て視聴してみるまではわからない。

動画作成はアバウトにやらないと、どつぼにはまる [  VHSビデオ(補完計画)]

凝り性の性格は、よろしくない。初めは、「光の伝説」のインターレース解除をどの手でやるかを考えていただけだった。そのうちに、妨害電波か何かで入った1フレームだけの横線ノイズがあまりに沢山あるから、それをインターレース解除「偶数」で消してやろうと思った。これが実にうまく行き、気持ち良かったのだが、ここで凝り性が出てきた。私は腰痛持ちだから、動画をスマホに入れて再生しノイズをチェックするつもりだったのに、スマホの動画プレーヤーは気になった所を「ちょっと戻して」確認するという操作が出来ないから、イライラした私はPCの前に座った。ちょっと座るだけならいいだろう。それが、ちょっとにならなかった。普通に再生してチェックしていた私は、AviUtlに読み込んで右矢印キーを押しっぱなしにした方が、ノイズが見つかった時に即修正できて便利だと思った。そのうちに、横線ノイズだけでなく別のノイズも見つかった。1ラインのほんの1ヵ所に黒い点というか、私には紡錘形に見えるノイズが出る。たいしたノイズではないが、見つかると気持ち悪い。それで虱潰しに修正していった。そうしたら、腰痛の兆候がでた。腰を酷使しすぎた。それで今は、横になってスマホで記事を書いている。PCはお休みだ。作業はまだ沢山残っているのに体は動かない。そういうわけで、動画作成はアバウトにやらないと、どつぼにはまる。みなさんも、気を付けて。

HOUSEという昔の映画を保存している [  VHSビデオ(補完計画)]

これからの記事の頻度は今までよりも落ちるかもしれない。私はPCの前に長時間座ってはいけない健康状態で、健康と作業進捗の釣り合いを考えて今までやってきたが、なかなか進まない作業を前に、PCの前で記事を書くための健康は作業のほうに回すべきだと思えてきた。

前回の記事に書いたとおり、私は「鉄人タイガーセブン」をひとまず置いておき「光の伝説」を始めた。それは沢山の試行錯誤と長い作業時間を経て、あと少しできっと終わる。今はそれと並行してHOUSEという日本映画の保存をしている。若い頃の私はシリアスなムードのホラーを好んだので、このHOUSEは私の好みとは少し違った。この映画の何がシリアスでないかというと、

house1.jpg
ピアノに食われる女。ピアノに千切られた頭が足を見て「まあ、卑猥ねえ」と言うが、それはおまえの下半身だ。

という、恐いのだけれども、その一方で冗談のような一面も持つ映画なのだ。

この映画の中で私のお気に入りはというと、

house2.jpg
このクンフー女は化け物屋敷相手によく闘った。最期は下半身だけになっても攻撃した強い奴だ。

あと、なんでこの映画は「別に出なくてもいいオッパイ」が出るんだろう、と、若い頃不思議に思った。

今から数か月前、近々HOUSEをVHSビデオテープからPC保存すると決まった時、ネット検索してみた。すると、美しい写真があった。私のVHSビデオの映像は、ご覧のとおりの低画質だ。きっとDVDが出ているのだろう。VHSからPC保存するのは一苦労で、ノイズを取り去るとなればさらに苦労するのに、DVDがあればそんな苦労は不要なんだと思うと、ふと虚しくなる。それでも私はVHSビデオのPC保存を続ける。

光の伝説x自動フィールドシフト やはりこのプラグインはすごい [  VHSビデオ(補完計画)]

三つ子の魂百までというが、私のアホはどこまでも続くらしい。せっかく自動フィールドシフトでさっさと終わらせるつもりだった「光の伝説」までも、私は結局自動24fpsと比べたり、果ては60fps読み込みと滑らかさを比べたりした。その結果、自動フィールドシフトの映画/アニメが適切だという結果になった。映画/アニメで横スクロールが滑らかでない所は、60fps読み込みでも滑らかでなかった。加えて映画/アニメだと残像最小化などと比べて線がギザギザにならず滑らかだ。こういう、試せば試すほど評価が上がるソフトやその設定というのは、作者が相当な手間暇をかけて作り上げ、自信をもって提供しているのだろう。その自信のほどが伝わってくる。

ウィキペディアによると、「光の伝説」は2013年に一度AT-Xで放送されたそうだ。そう言われれば私の脳裏にも、そんな情報が蘇ってくる。でもAT-Xは視聴料金が高いし、私は当時自分のVHSビデオテープにしか関心がなかったから、視聴しなかった。その代償として、今度いつどこで再放送されるか、永遠に再放送されないのか、まったくわからない。

私がこのアニメを録画したのが本放送時か再放送時かは、もうわからない。とにかく私は放送の後半になって初めてこの番組の存在を知り、その後とくに保存したい回だけを保存した。今になって、その他の回も見たり保存したりすれば良かったかなとちょっと思う。でも人生とはそんなものだ。
ある回の予告。このアニメの予告はピアノのBGMがとても良い。

私にとっていちばん思い出にあるシーンは、まだPC保存していない回だ。だからここに出す事ができない。相当長い間見ていないから間違っているかもしれないが、光に告白された大石が日の暮れた街を歩く。するとある店のショーウィンドウにオルゴール(時計だったかもしれない)が飾ってある。オルゴールには4つの人形が付いていて、軸を中心に回り、次々に別の人形が正面に来る。その人形が大石には、光、真生、葉月、自分に見える。悩む大石は店のドアを開ける。そこで店主にお茶に誘われる。紅茶を飲みながら大石は店主に訊く。「おじさんは恋をしたことがありますか。」店主は答える。「あるとも。」その時は「ずいぶん無茶なことをしたような気もするし、今では出来ない貴重な体験をしたような気もする。」おおよそ、そんな感じだった。さっき書いたが、かなり曖昧な記憶による記述だ。私の大学時代の片思いが、シチュエーションではなく映像的にこれと似ていて、私にとってはこのアニメで一番大事な場面になっている。

エブリバーガー きどりっこ [  VHSビデオ(補完計画)]

すぐに済むと思っていた「鉄人タイガーセブン」のmp4化がどのインターレース解除にして良いかわからなくなり、しかも、よく見たら小さなノイズがたくさんあって、そのフレームだけインターレース解除を「偶数」にするとノイズが消えることがわかり、危うくそれを始めて蟻地獄のような作業の坩堝に落ちるところだった。大変な作業となりそうな「タイガーセブン」は少しずつゆっくり作業し、今度こそ本当に「すぐに済む」動画を先にmp4化しなきゃと思った。

次に私がやろうとしているのは「光の伝説」で、これは自動フィールドシフトで苦労せずに終えたいと思っている。昔私はこのアニメが好きだった。新体操は美しかったし、声は伊藤つかさだし。でも、この歳になるとさすがに若い頃のように引かれない。そのことが寂しい気持ちにさせる。

「光の伝説」の直前にブルボンのCMが入っていた。昔の記念にこれもmp4化した。

エブリバーガー

きどりっこ


鉄人タイガーセブン 間引きフレームの恐怖 [  VHSビデオ(補完計画)]

間引き周期がCM後に変わるものだと、私に吹き込んだのはどこのどいつだ。そいつぁとんだ間違いだ。私は「県立地球防衛軍」の間引き周期が場面の途中で唐突に変わって、調査があまりに大変だから、それだけにかかわっているのは良くないと思い、もっと楽な作業をメインにしつつ「県立地球防衛軍」のほうは日にちをかけて時々作業しようと考えた。それで「鉄人タイガーセブン」にとりかかった。最初私は「鉄人タイガーセブン」を自動フィールドシフトで処理するつもりだった。「映画/アニメ」と「残像最小化」でmp4を作ってみて、比べた。私はどちらを採るべきか決めかねた。第三のmp4を作り、それを参考にしてどちらを採るかを決めようとした。それで、一部だけをマニュアル24fpsで処理してみようとした。ところがだ、「県立地球防衛軍」に続き、「鉄人タイガーセブン」までが場面の転換部でない場所で間引き周期が変わっているのに気づいた。気になったから、とうとう30分くらいの録画を最後まで調べてしまったじゃないか。私が見つけただけで10もの周期変更があった。そのほとんど全てが場面の途中で唐突に変更されている。
t7.jpg
マニュアル24fpsは5フレーム単位で間引きフレームをひとつ作らなければいけないが、「鉄人タイガーセブン」にはなんと、5フレームの中にひとつも同じ絵がない部分が1個あった。
t7_1.jpgt7_2.jpgt7_3.jpgt7_4.jpgt7_5.jpgt7_6.jpgt7_7.jpg
これは対処不能だから、その5フレームの中から1フレーム間引くしかない。そんな事もありうるんだろうなあ、我々はテレシネだとか逆テレシネだとか言っているが、インターレース動画を映すテレビにとってはそんなのお構いなしに60フィールド/秒を映すだけなんだから。綺麗に厳密に24fpsデータへ戻そうと努力していた私が馬鹿なんだよなあ。この私の馬鹿な苦労を全部自動でやってくれて、しかも5フレーム中に間引きフレームがなかろうと全部対処してくれる自動フィールドシフトってのは、ものすごく有難くて立派なソフトだったんだなあ。

県立地球防衛軍xマニュアル24fps、ちょっと後悔しはじめた [  VHSビデオ(補完計画)]

今回の記事はテキストとしては短いが、とんでもねえ事がわかったので書かねばならない。私は、間引きすべきフレームの周期が変わるのはCMの前後などだろうと思っていた。もしそうでなくても、場面転換の時点で変わるだろう。それは信じていた。さて、私は県立地球防衛軍の間引きフレーム探しを始めた。

最初の周期変更は、どうやらここだった。
manual24_1.jpg

間引き周期変更後のフレームが、これだ。
manual24_2.jpg

周期変更は場面転換の時点どころじゃねえ!場面のド真ん中だ。

次の周期変更は、おそらくここだ。
manual24_3.jpg

間引き周期変更後のフレームが、これだ。
manual24_4.jpg

また場面のド真ん中じゃないか。

私はどうやら、とんでもねえ動画にマニュアル24fpsを使ってしまったらしい。周期変更ポイントを探し出すのが相当大変だぞ。

県立地球防衛軍xマニュアル24fps、始めた [  VHSビデオ(補完計画)]

県立地球防衛軍。これは、VHSビデオのPC保存を始めた頃、まだテレシネというものを知らなかった時に、逆テレシネせずにmp4を作り、初めてカクカクに気づいて「さあ大変」となった記念すべき動画だ。だから今回は他の動画よりもしっかりと逆テレシネしたい思いがある。マニュアル24fpsの使い方と動作を確認するならこの動画だと思っていた。自動フィールドシフトも試して比べる予定だが、まずはマニュアル24fpsだ。

AviUtlにはすでにマニュアル24fpsが認識されている。元動画を読み込む。最初と最後のテレシネでない部分は今回無理だから切り捨てる。この動画は間にCMもないし、途中で周期が変わる可能性は低い。とにかく間引きフレームを変えて試してみた。そうしたら間引くべきフレームが、なんかよくわからん。これが私にとっての大問題だった。そんなバカなと思うかもしれないが、本当なんだ。フレームによっては絵がブレているから、「この絵とこの絵が同じかな」と思って間引きフレームを決めたら、正解の間引きフレームはその隣だったという事を、本当に私はやってしまった。私が扱うVHSビデオからの動画はノイズいっぱいゴミいっぱいで、それが間引きフレームが分かりにくい原因ではないかと思う。あんまり分かりにくいから、ひょっとしたらと思い、ボトムフィールド->トップフィールドにしたら、わかるようになった。と思ったら、これがまた間違いだった。実はトップフィールド->ボトムフィールドが正解だった。分かりにくくてもそっちが正解だった。ちゃんと60fps読み込みをして確認しなきゃいけなかったのに。それと、トップフィールド/ボトムフィールドの設定を変更したら、ソースを読み直さなければいけないらしい。設定だけ変更して変わったつもりになったら失敗した。間引きフレームのわかりにくさは、NNEDI3を併用したら改善された。こうして私は何度も間違えつつ、動画を作った。テスト動画だから、パンとかティルトとか、カクカクの出やすい所だけを残して他を削除したものをエンコードした。マニュアル24fpsを使うから、フレーム削除は5フレーム単位で行い間引きフレームがおかしくならないようにした。それで大丈夫だと思ったら、後半だけ間引きフレームが間違っているのを発見した。ということは、途中のどこかで間引くべきフレームの変更が必要だということだ。最初のほうで書いたが、この動画は間にCMもないし、途中で周期が変わる可能性が低いと私は思っていた。それでも途中で間引きフレームの変更が必要なのか。もちろん変更が1箇所だけとは限らない。これは大変な作業になりそうだ。

まずは県立地球防衛軍で調べた [  VHSビデオ(補完計画)]

逆テレシネにどんなプラグインを使うのが良いか調べようとした。

候補は、

自動フィールドシフト(映画/アニメ)
自動フィールドシフト(残像最小化)
マニュアル24fps

の3つ。

最初のテスト動画は「県立地球防衛軍」。その中からパンやティルトなど滑らかな動きのある部分をテストに使った。参考までに自動24fpsと自動を使った結果も保存した。絵のぼやけや縞もチェックできるように、x264のqualityを16まで上げた。

「自動フィールドシフト(映画/アニメ)」では残像を使うので動きのある部分がぼやけて見えることがあるが、テスト動画にあまりにも滑らかなパンやティルトを選んでしまったので残像が多少あっても支障がなく、むしろ「残像最小化」に比べて輪郭のギザギザが目立たなくなってくれた程だった。

「自動フィールドシフト(残像最小化)」は絵がくっきりするが、動きに滑らかさがないことがある。今回のテスト画像でも輪郭のギザギザは再現された。滑らかさは、パンやティルトのところどころで一瞬止まったように「見えないこともない」という程度。逆テレシネ操作を一切していない「自動」でのような、動きの明らかな引っかかりはない。

「マニュアル24fps」ではパンやティルトに一瞬の止まりはない。24fps化が功を奏しているのだろう。ところが横縞は問題大ありだ。「自動フィールドシフト」でもVHSビデオを扱うと細かな横縞が出るが、それは「PMD」を併用してうまい具合に消える。ところが、「マニュアル24fps」ではそれと別のものも出る。輪郭が奇数ラインと偶数ラインとでずれているように見え、その部分が櫛の歯状に横縞のようになる。これは「PMD」では消えない。「NNEDI3」で消える。

結局、今回のテスト動画では、パンやティルトの滑らかさは3つのどれも合格点だった。細かい事を言えば「残像最小化」よりも「映画/アニメ」や「マニュアル24fps」のほうがなお滑らかと言えるだろう。

ぼやけについては、動画としてチェックした時には、いちばん動きがぼやける可能性のある「映画/アニメ」でも悪い印象がなかった。静止画として比較すると、「映画/アニメ」よりも「残像最小化」や「マニュアル24fps」のほうがくっきりしている。
追伸 日を改めて見てみたらそれほどの違いでもないように思えてきた。いま私が精神的にやられているので細かく見直す元気がない。それでも私は実験結果や考察を書き続ける。

自動フィールドシフト(映画/アニメ)
b 自動フィールドシフト(映画アニメ)PMDなし.png

自動フィールドシフト(残像最小化)
b 自動フィールドシフト(残像最小化)PMDなし.png

マニュアル24fps+NNEDI3
b マニュアル24fps+NNEDI3.png
(画像がバラダギ大佐なのは、ここがティルト(スクロール)するシーンでテストに適していたからだ。断じて下着姿だから選んだのではない。)

「マニュアル24fps」は縞を消すために「NNEDI3」を併用するが、その「NNEDI3」の功績で「残像最小化」よりも輪郭が美しいようだ。

補足が2つある。まず、「マニュアル24fps」は間引きフレームを自分で決めるのだから、自分が間違えると結果としてのmp4がひどい状態になる事を忘れてはいけない。元動画を削除した後でそれに気づいたら悲劇だ。だからよほど思い入れのある動画を、よほど時間をかけて念入りに調べて間引きする場合にしか使ってはいけない。

それと、「映画/アニメ」も「残像最小化」も「間引き」を使っている。多くの動画では、たった1フレームの中だけに特別な情報が入っている事はない。そのフレームの少なくとも前か後のどちらかには同様の情報が連続して入っているのが普通だ。だから表示時間が短かすぎる1フレームを間引かれてもどうという事はない。しかし「県立地球防衛軍」は、1フレームだけ絵を変えるという、まるでサブリミナルみたいなお遊びをしている。万一そのフレームが間引かれてしまったらアウトだろう。

ひとまず、「県立地球防衛軍」は頑張って「マニュアル24fps」を試してみる事にする。

困った事になった [ここは地獄の3丁目]

先日住宅の内覧に行ってから、精神状態がおかしい。何とか普通に戻ろうとしているが、何をしていても漠然とした不安が頭に渦巻いて物事に集中できない。そういう自分を何とかしようと好きな事に熱中すると、不安は不安で残ったままで体に負担をかける。酒に逃げるのはそもそも不安を増大させるから間違っていて、しかも6月から国の意図で値上げされる。どうしたら心が穏やかになるのかがわからない。

詳しい事情はメモを残してあり、住居内覧の記事になるはずだった。ところが、今日そのメモを推敲していたら不安が襲ってきて、このままでは明日人と会った時に気が動転してうまく喋れない事態になりそうで、今そのメモを見て思い出しては駄目だということになった。だから推敲を中止し、内覧の記事がすぐには出せない。

きっと数日の間は内覧ではなく趣味の記事が怒涛のように出るか、沈黙するかだろう。怒涛のように出る時は、趣味を楽しんでいるのではなく、ざわざわと騒ぐ心を制御できなくてどうしていいかわからず趣味にぶつけているだけだ。沈黙したら、押し潰されて何もできなくなってしまったということだ。

そしていつか心の整理がついたら、内覧の記事を推敲してUPするだろう。