So-net無料ブログ作成

痛風日記、始める [痛風日記]

病気の記事でブログ記事数が増えるのは、嬉しくない。でもこれも私自身の人生の一部だから、記録しなければ。

私は痛風らしい。血液検査の結果、 血中尿酸値を示す何とかいう値が8あった。これが7を越えると高尿酸血症だという。

ネットで調べると、今回の検査結果が8だからといって私の平常時の尿酸値も8とは限らないようだ。ウィキペディアには、痛風の「少なくとも非発作時には血液検査での高尿酸血症が見られるが、25%の患者で発作時に尿酸値が正常である」と書いてあって、これはつまり、痛い時に測っても平常時より値が低いかもしれないという事ではないか。

とにかく治療は始めなければならない。薬は、痛みがある時には尿酸値を下げると痛みが増すかもしれないのでセレコックスなどの抗炎症鎮痛剤(と、胃を保護する薬)だけを飲む。痛風の痛みは10日もすると嘘のようにケロリと無くなるので、それから尿酸値を下げる薬に切り替える。

ネットの情報によると、尿酸値を下げる薬には2種類あるらしい。尿酸の生成を抑えるのと、尿酸の排出を促すのと。私が処方されたのはフェブリク錠で、尿酸の生成を抑えるほう。何の問診もなくこっちの種類の薬に決まったが、そういうものなのだろうか。10mg。ネットの情報によると、これは一番少ない量だ。尿酸値が急に下がると痛みが出るから、最初はこの量から始めるらしい。しかし様子を見て量を増やしてゆくとネットには書いてある。

同じくネットには、尿酸値を下げる治療は長期間あるいは一生続けると書いてある。私の年になると、若い頃とは違って、病気は根絶すべきものという考え方は無くなる。持病とうまく付き合ってゆくのが人生だ。だから尿酸値を一生気にし続けるのは構わない。でも私はリストラおじさんなので金がない。治療費を一生払い続けるのは不安でならない。私の場合はそっちが大問題だ。家計簿の支出を増やさないために、なんとか食生活や生活習慣の改善だけで尿酸値を低く保ちたい。私は生活不安から酒を飲み過ぎた。この飲酒が無くなる事で、果たしてどこまで尿酸値が下がってくれるか。次の病院行きは1か月後だ。その時にまた採血するという。その結果が私はとても興味深い。

フェブリク錠は昨日飲み始めた。朝食後に飲んで、昼前になったら体調が妙だ。頭がぼうっとして考えがまとまらない。夕方は眠くてたまらない。今朝は早く起きられず、起きた後は倦怠感がある。これが薬の副作用なのか、それとも梅雨時の気圧降下が体に影響しているだけなのかはわからない。とにかく記録しておく。

痛風について書きたいことはまだまだあるが、1週間あまり安静にしていた間に何も出来なかったから、やりたい事、やらなければならない事がたくさんあって記事を書いていられない。この続きは日を改めて書きたい。

劣悪VHS動画を修正する [  VHSビデオ(補完計画)]

今回の記事は、私がVHSビデオの劣悪動画を少しでもましに鑑賞できるように修正している努力を、私以外の人にも知ってほしいという気持ちで書いている。

元動画がMPEG-2でそれをAviUtlなどでMP4にする場合、ネット上でしばしば私が読むのは、「変換してしまえば画質は確実に落ちる」という記述だ。

人の考え方は年と共に変わるから不変ではないが、今現在の私は、次のように思う。「その記述は、ある意味では不変の真理であり、しかし別の意味ではそうとも限らない」と。

つまりその言葉についてどの「土俵」で勝負するか、によって異なる。

まず、結果が「不変の真理」のほうの土俵から。これは、動画を「情報・データ・コード」として見た場合だ。その場合、AviUtlを使う者がどんなに頑張っても、読み込んで・変換して・処理して・再エンコードすれば、元の情報は恐ろしく変化する。不可逆的な変化を。元動画を削除してから何かの不備に気づき、やり直したいと思っても、この不可逆的変換はそれを許さない。

では結果が「そうとも限らない」ほうの土俵は何なのか。これは、その動画を「人が見て・感動して・良かったと思うためのもの」として見た場合。その場合、元動画からデータ的に変化してしまったという事は、必ずしもマイナス要因ではない。具体例を出したい。

私がはるか昔から持っているVHSビデオテープの録画、その中に円谷プロダクションの作品がある。でも私がここで出したいのはウルトラマンではない。ファイヤーマンだ。本放送時の録画ではない。どうやら、それよりもずっと後、VHSビデオがDVDに置き換わりつつあり、私がビデオ店の存続を心配した頃だと思う。当時私は、自分の家から歩いて行ける範囲のすべてのビデオ店と、通勤(通学だったか?それは忘れた)の定期券で途中下車できる範囲のすべてのビデオ店に行き、自分の記憶にある懐かしい動画を探した。その当時は、ファイヤーマンの全話収録ビデオは出ていなかったと思う。私が手に入れたのは断片だった。番組の主題歌や副主題歌に乗せて映像を出すというもの。全話収録ビデオがない当時、私は手に入れられるだけのものを手に入れた。

それが、下の動画だ。突然画面が黒くなって、見た人は呆れるだろうか。


これは、VHSビデオデッキが半分壊れていたんだと思う。ある程度以上に明るい映像が入力されると、それに耐えきれずに画面が黒くなってしまった。私はこの状態で、この年まで、ずっと見てきた。これ以外にどうしようもないと思っていたし。

でも私がこの動画を手に入れた大昔から今までの間に、世の中は変わっていた。AviUtlなどのソフトをPCで使えるようになり、少なくともPCでの視聴ならば素人が動画を修正できるようになった。私は今回、こんな風にしてみた。


色は今どきのいろんな動画のリマスター版がそうであるように、鮮やかにした。それにファイヤーマンの赤い大きな目は、私としてはくすんだ色であってほしくなかった。赤く光っていなければ。ファイヤーマンは、それが美しかったから。そして、上に書いた黒くなる部分は修正した。

ドテラマン(2) [  VHSビデオ(補完計画)]

ドテラマンの記事2回目。たった1話しか録画していないのに記事が2つ出来るというのは、きっと記事の数は持っている動画の数に比例するのでなく、どれだけ時間をかけてその動画のために頑張るかに比例するのだろう。

今回は、作中に出てきた絵画の作者を言えるかどうか。


ミレーの「落穂拾い」


ボッティチェッリの「ヴィーナスの誕生」


モディリアニの「若い女性の胸像(帽子の女)」
ネット上でいろんな呼び方がされている、あるいは異なる名前の複数の絵画があるのか?


ピカソの「泣く女」という題の複数の絵画のうちのひとつ。


この山水画の作者がまだ特定できない。まさか20元札の裏が美術館で額に収まってるとも思えない。


北斎の「富嶽三十六景」のうち、「神奈川沖浪裏」


セザンヌの「ミルクの水差しおよびフルーツが付いている静物画 」


アングルの「泉」


ダ・ヴィンチの「モナ・リザ」


ダリの「記憶の固執」

ドテラマン [  VHSビデオ(補完計画)]

私はドテラマンをそんなに見ていない。ネット検索すると人気があるらしいサイコウユ鬼というのも、見ていないと思う。VHSビデオテープに地上波アナログから録画したのは1話だけだ。ドツ鬼の回。ドテラマンが有名絵画の中に入るのが面白かったから。でも、これをPC保存しようと作業するうちに、なんだか記憶が蘇ってきた。最終回は見た。インチ鬼大王が鬼次元の電球みたいのを取ってしまって騒ぎが起きるんだった。あの電球はたしか空に付いていたと思うが、正確にはどんな所に付いていたっけ。それを確かめたくなった。ところが、DMMのストリーミング動画はもう購入できなくなっている。ネット上の動画は削除されている。再放送は2011年にAT-Xでやったのを最後に情報がない。それと同じ頃にDVDが出たらしいが、なんと今年ブルーレイで売り出したそうだ。それならばブルーレイを買えばいいじゃないかって?最終話のそれも電球がどんなだったか確認するためだけにブルーレイ買う人は、よほど金が余っている金持ちだ。1話単位で購入できるDMMの動画が無くなったのが残念だ。それで私は、Google Alertにドテラマンを登録しようと思っている。あなただけ今晩はとか、ハローレディリンとか、カレー屋ケンちゃんとか、どっこい大作とか、長年再放送のない番組がすでに登録済みだ。そしていずれも、いまだに再放送が見つからない。ドテラマンはブルーレイが発売されているんだから、それらよりはましな状態だ。再放送か、1話単位で購入できる動画が現れるまで、気長に待とうと思う。

ところで、ドツ鬼の回に出てきた絵画の作者をあなたは全部言えるだろうか。私はわからないのがあって、現在調査中だ。

病気により木曜以降記事中断 [  VHSビデオ(補完計画)]

VHSビデオの記事は中断かもしれない。急に右足の膝が痛くて歩けなくなった。歩けないので自力で病院へ行けない。これから救急車で病院へ行く。不安だ。

ブログには、あらかじめ記事を書いておいて予定日になったら表示する機能がある。例えば、一日のうちに沢山の記事を書いてしまった時、それを一気に出すよりも1日1つずつ出すほうが効果的だと考えたら、この機能を使う。その機能のせいで、今日の午前10時にはまるで何事もなかったように私の記事が出る。しかしその頃本当の私は救急車で病院へ搬送されている。明日の10時にも、あさっての10時にも、何事もなかったかのように記事が出る。しかしその時本当の私は病院でどんな診断を受けどうしているかわからない。そして木曜日になったら、記事はピタッと出なくなるだろう。私が病気を治して健康になるまでの間は。

私はいま横になっていて、この記事はスマホで書いてスマホで投稿する。もしも私がスマホを持っていなかったら、今の私はPCで作業できないから、皆さんに事情をお伝えする事すらできなかっただろう。スマホは有り難い。

夜叉が池で信じるものがわからなくなった [  VHSビデオ(補完計画)]

夜叉が池の白雪を演じる坂東玉三郎が超有名な歌舞伎役者だというのは、いかに世間知らずの私でも知っていた。そして改めて今視聴すると、その仕草と声に洗練された芸術を感じる。この映画にもしも玉三郎が出演しなかったら、それだけで映画の評価はとんでもなく違っただろう。



でも録画した当時の私は自分の趣味ばかり考えていたから、そこまではっきりとは気づいていなかった。私の興味は冨田勲にあった。私はシンセサイザーが大好きだった。シンセサイザーのマニュピレーターになりたかった。

この動画については、私は2つの衝撃を受けた。1つめの衝撃は、今まで信じてきたPC保存の基準を揺るがす出来事だ。

もしもここまでの記事をずっと読んでくださった有難い方がいらっしゃるなら、私がいま持っている2台のビデオデッキ「終」と「新」のどちらを信じているか、おわかりになるだろう。「終」のほうが新しく買ったもので、「終」のほうが後から生産された機種、「終」のほうが使用時間が短く摩耗劣化は少ない。だからデータ的には「終」を採るはずの所だが、実際には「終」のほうがシーンによっては黄色が不必要に濃い。「新」のほうは比較的色が薄いが、不必要な黄色がない。それで私は「新」を採ると決めていた。


今回の動画は、「終」と「新」で色の濃さが同じくらいだった。そして映像のぼやけ具合はというと・・・

「新」のほう
yaksa2 新.jpg

「終」のほう
yaksa2 終.jpg

今までずっと「新」のほうが「いい具合に」ぼやけると思っていたが、今回のぼやけ具合は嫌だ!

こうしてショックを受けた私に2つめの衝撃が来た。

この動画は以前にPC保存したものがあり、それが不満なので今回再保存しようとしている。ところが、以前にPC保存したものと見比べたら、以前のほうが良かった。今回のは、またしても緑色のノイズだ!以前のは、そんなことはない。

以前のPC保存動画は下辺のビリビリノイズを黒塗りに置き換えたり不要な機械を通してダビングしたりと不満があったので、それで私は今回PC保存し直すことにしたのだが、上記の結果となってしまっては、この動画をPC再保存する必要があるのだろうか。

小公子吹替え版で困った [  VHSビデオ(補完計画)]

小公子。少し前の記事でPC保存したのは字幕版、今回は吹替え版。テレシネ動画だからインターレース解除は自動フィールドシフト確定。マニュアル24fpsで苦労して作業するだけの時間も健康も私にはもうない。

私ははじめ、この小公子には自動フィールドシフトの映画/アニメが良いだろうと思っていた。なぜなら映画/アニメは少しぼやけたように見えるが、それは元動画のチリチリと出ては消えるゴミを低減してくれた事でもあり、動きの滑らかさでは残像最小化に勝ると思っていたからだ。ところが、あるシーンで意外な結果が出た。ご婦人の頭が右から左へ移動するのに注目すると良い。どちらの動きが滑らかか。

映画/アニメ


残像最小化


映画/アニメでパンやティルトがカクカクした事は、数は少ないが今までにもあった。でもそれはまれで、VHSビデオテープの劣悪状態が生んだ現象であり、そういう時は60fpsで保存する以外にもうどうしようもないと思っていた。ところが今回の件は、残像最小化で滑らかに動く。驚きだ。

この件の後、私はこの動画を残像最小化を主にして見て行った。そのうちに、困った事に気づいた。今回のPC保存は、すでに保存してある動画に何らかの不備があり、それを保存し直す作業なのだが、保存済みのmp4と見比べてみたら保存済みのほうが色が良かった。

保存済み
小公子2 既存.jpg

今回(残像最小化)
小公子2 残像最小化.jpg

今回再生分には、動画全体に広がる緑色のもやもやとした色ノイズがある。ところが保存済み動画のほうはそれがない。どうして違いが出来たのか。それを特定するのは困難だ。少なくとも3つの可能性があり、どれが正しいか判定するには時間をかけて実験しなければならないが、私にはそんな時間も健康もない。とにかく3つの可能性を挙げよう。

可能性1。前回再生した時から今回の再生までに数年が経っている。その間に再生用ビデオデッキの電子部品が劣化した。

可能性2。今回のPC保存は上に書いた通り既存の保存動画に不備があったから行っていて、その不備のひとつが、再生用ビデオデッキと録画用DVDレコーダーの間に不要な機械が入っているのに気づかずにダビングしてしまい、その機械のせいで色合いが変わってしまったという問題だ。だがひょっとして、その機械のおかげで緑色のもやもやとした色ノイズが取れたのか?

可能性3。前回のPC保存と今回のPC保存を比べて、機器の違いがもうひとつある。録画側のレコーダーが前回は古いDVDレコーダー、今回は新しいBDレコーダー。機器の中に入っているエンコーダーが違うから、ノイズたっぷりの映像信号が入力された時にそれをどういう形で情報を間引きつつコード化するかが違うはずだ。

色ノイズの原因を特定することは、完全に出来ないわけではない。再生用ビデオデッキ、前回のPC保存時に誤って接続した不要な機械、録画側のDVDレコーダー、すべてまだ手元にある。これらを使って様々な条件で再生・録画した結果を比べれば原因は特定できる。でも、腰痛が大変で残された時間も少ない私がそれをしてはいられない。そう、原因究明のために必要な機器はすべて揃っているが、私には健康と時間がないんだ。

いったい私は、どうしたらいいのだろう。この問題についてよく考えてから先へ進むから、次の「夜叉が池」にとりかかるのはしばらく後になりそうだ。

PC保存の記録 [  VHSビデオ(補完計画)]

詳細を書くような時間も健康も残っていないので、簡単に今日のPC保存の結果を記録したい。

いま保存している動画は、何年も前に一度PC保存したけれども不備があり、保存し直しているもの。タイトルをここに書いたからと言って、その動画が全編私の手元にあるとは限らない。私はVHSビデオテープを何度も上書きしながら使ったから、ほんのわずかな「消え残り」も存在する。

ダーティペア
dp1.jpg
このパイプウニそのまんまという物体は、ダーティペアの2人に向って氏ね氏ねとあぶない言葉を連発して殺そうとする。緊張感の高い話だ。

ハロー!レディリン
lynn20170607.jpg
レディリンの再放送を探して一体何年経っただろう。その間に私は年をとってしまい、物事への意欲や執着が薄れてしまった。それにしてもリンは強く生きてるなあ。私は見習うべきだ。

鱶女
shark_woman.jpg
詳細不明。

丸1日かけて頑張ったのに、たったこれだけだ。もちろん毎日こればかりやってはいられない。明日は別の用事があるから出来ない。急いでいるのになかなか進まない。でも百歩先を見て急いでも私には無理だから、一歩ずつ足元を見て着実に歩いてゆく。

ゴールデン・マン [  その他(補完計画)]

ふと思い出したことがある。「人生補完計画」を始めた私は、スタートレックやスペース1999などからスペースオペラ的な思い出ある話はすべて取得したと思っていたが、まだないものを思い出した。「ゴールデン・マン」だ。この作品についての私の思い出は2つある。翻訳の問題と、プロットの一部。

まず翻訳の問題は、冒頭にテロップとして出た日本語サブタイトルが「ゴールデン・マン」だった。ところが話が始まると、その対象は「ゴールドマン」と呼ばれた。私は思った、サブタイトルを付けた翻訳者と本編シナリオを訳した翻訳者が別の人だったのだろう。それで統一が取れなかったのだろう。きっとサブタイトルのほうの「ゴールデン・マン」は英語のgolden manを逐語訳的に日本語にし、本編の「ゴールドマン」のほうは日本語としての受け入れやすさとセリフの尺を考えて変えたものだろう。そう考えたことを今でも覚えている。

私が覚えているプロットの一部。ゴールドマンは2人いる。大きな大人と小さな子供。ところが実は大きいほうがゴールドマンの子供で、小さいほうが大人だった。まだある。主人公の乗る宇宙船が小惑星に衝突してそこから抜け出せなくなる。ところがゴールドマンには特殊能力があり、物を軽くする、おそらくは物体の質量を小さくすることができる。この能力は大きなゴールドマンつまり子供のほうが強い。大人になるにつれて弱まるようだ。ゴールドマンは主人公の宇宙船に触れて念じ、宇宙船はしだいに軽くなり、やがて挟まっていた小惑星から脱出することに成功する。

私はこれの動画をネットで探した。しばらく探すうちに見つけた。宇宙船の形がUSSエンタープライズとはまるで違うのでスタートレックではない可能性が高かったが、案の定、Buck Rogers in the 25th Centuryという作品だった。その第2シーズン、エピソード7が目的のThe Golden Manだった。

たまにカエルが、ふにゅ [  VHSビデオ(補完計画)]

VHSビデオの中で保存予定になかったものを見つけて、せっかくだから保存した。30秒たらずの動画なので、5MB制限のあるこのブログにもUPできてしまうほど短い。それで、今回はそれを出すことにした。

昔自分が作ったビデオ内容の目次には、徹子の部屋の消え残りと書いてあった。徹子の部屋という番組は子供の頃から知っていたが、私はかなり大きくなるまでウルトラマン的なものにばかり興味のあるガキだったので、気に留めていなかった。だから自分のVHSビデオに徹子の部屋が録画されている事自体が、私にとっては意外でしょうがない。

私は、徹子の部屋の今回のゲストが誰かを書くのが、はばかられる。それほどまでに動画が短く、しかも当時の私はなぜかダビング編集して3つくらいの部分をつぎはぎして録画してある。だからゲストの話を聞こうとすると、突然話が変わってしまって意味がない。見に来てくださった方をがっかりさせたくないので、今回の動画は「ひっそりと」出しておくほうが良いと思う。