So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年07月| 2017年08月 |- ブログトップ
前の10件 | -

人生最後の旅行は京都墓参 (1) [手記さまざま2]

時の流れは人を変えてしまう。若い頃の私は、祖先を敬うことを楽しみとし、そのための祭祀を楽しみとし、水木しげるみたいに目に見えない世界を信じていた。それに、ただ生活しているだけでも学校のサークル活動で関東から毎年関西へ行く機会があった。関西へ行くたびに、私はわざわざ帰りに途中下車して、京都にある祖父の墓に行った。祖父は父がまだ子供の頃に亡くなったので、私は写真でしか知らない。でも若い頃の私にとって祖父は、目に見えない世界の偉い人だった。私の部屋には自作の祭壇があり、その上には祖父の写真があり、私は毎晩お経を唱える。

時が過ぎた。私の人生は悪くなかったと思う。それでも色々なことがあった。私は、世の中には職場からリストラされる不幸な人たちがいるのは知っていたが、自分がリストラされるとは思わなかった。私は社会の役に立とうと頑張っていたが、学校法人という職場は私が何をしても、どういう人間でも、まったく無関心だった。私が良いことをしても何も変わらず、悪いことをしても何も変わらず、私の功罪とは何の関係もなく雇えなくなったという通知を受けた。私は、社会が私を見てくれず、自分を必要としていないことを知った。そして心を病んだ。心と体はつながっているのだろうか、心を病んで暮らすうちに、体の不調も増えた。長く立っていることができず、長く歩くこともできない。だから金がなくて外出できないだけでなく、足がまともに動かないから外出できない。自宅から最寄りの駅までなら何とか歩ける。時々立ち止まりながら。そうやって最近は暮らしている。

今の私にはもう旅行などというものは無縁だ。それでも、生きているうちにあと1回だけ旅をしなければならない。私はもう長い間、京都の墓参に行っていない。このままでは二度と行かずに終わる。でもそれはいけない。せめてあと1度、私は行かなくては。楽しむための旅行にはもう興味はない。ただ墓参だけは、絶対にしたい。

私は今日、思い立った。来週の月曜日に京都へ墓参に行く。うまく歩けないからとか、金が貯まらないからとか、理屈を付けてしまうと行かないで終わる。人生は、一歩踏み出すことだ。この記事は個人的な内容だから人様の興味をひかないと思う。でも私の大事な人生を前向きに一歩踏み出す記録だから、今後も続く。アクセス件数がどうであろうと断然続く。

ソーキそば、ふたたび [旅行 国内]

今回の記事は今まで使っていたブログアプリではなく、新しい仕組みを使ってUPする。今までのブログアプリとは違う所があって苦労しているが、ブログアプリの新規ダウンロードが終了したので、今後はどうしてもこの仕組みでUPすることが多くなる。



今日、スーパーへ行ったら、珍しいことに沖縄そばが置いてあった。懐かしい沖縄旅行の思いが頭をよぎる。

20170822_134017.jpg

別売でソーキも置いてあった。

20170822_134106.jpg

これは買って試すしかない。沖縄旅行直後にネットで探して買ったソーキそばは物が悪くて失敗だったが、今度はどうだろう。かまぼこと紅生姜も買って帰った。
帰ってから昼に早速作った。沖縄旅行がもう何年も前のことで、記憶が定かでないので、正確な比較ができないのは残念だ。

20170822_134144.jpg

スープは薄味かつおだし味スープだ。たしかに沖縄で食べたそばのスープも薄味だった。麺は私が沖縄で食べたのとは違うと思う。ソーキは柔らかい豚肉の中にこれも柔らかい軟骨が入っていて、これでいいと思う。以前にネットで買った品は軟骨の回りに肉がわずかに巻き付いているという有様だったが、今回はそんなことはない。別売の商品を買ったから、量もたっぷりあった。そして、泡盛クース。これだ。これが大事だ。

20170822_134243.jpg

私が沖縄でそばを食べた時、テーブルの上に泡盛クースの瓶が置いてあり、ガイドさんがそれをちょっとかける食べ方を勧めてくれた。あれからずいぶん経って味は忘れてしまったが、今ふたたび試してみよう。まずはせっかくだから泡盛クースを入れない味で半分食べ、それから泡盛クースを入れる。独特の何とも表現しにくい匂いがして、でもそれはスープに混ざってわからなくなり、後はスープがピリッと。食べるうちに口はピリピリ、汗はダラダラ。
結局、今回の買い物は良かったと思う。昔食べた味と正確に比べることはもうできないが、商品自体の質が悪くないと感じた。この味と食感を忘れた頃にまた買ってきて食べたい。でも多分、今だけ仕入れている商品なのだと思う。今度買いに行ったら、もう売っていないかもしれない。


現状記録(スペクトルマン) [  VHSビデオ(補完計画)]

今は、スペクトルマン全話をチェックするという、気の遠くなる作業をしている。私の録画は不要な部分をカットしてあるし、動画チェックに支障のない部分は2倍くらいの速度で見て良いので、全63話そのままの時間はかからないが、それでも疲れ果てる。楽しんでブログ記事を書く余裕はない。でも、このまま記事を書かないでいると作業の記録を残さずに終わってしまう。これは私の人生の大事な1ページなのだから、記録は残したい。

スペクトルマンに限らず、昔の特撮ものは、私よりもずっとよく知っている人が、沢山の情報をネットに書き残している。全話の解説をしているものすごいブログもある。そういう凄い人たちがいるので私はどうしても引っ込み思案になり、記事が書きにくい。でもちょっとだけ書こう。

スペクトルマンの変な所は、あの顔がただのマスクだという所だと私は感じる。ウルトラマンも他の超人・星人たちも、その顔は自分の顔という設定だ。でもスペクトルマンは、始まって間もない頃に、倒れた蒲生譲二の近くにスペクトルマンの顔が転がっているという妙なシーンがあり、これがただのマスクだと判明する。と、いうことは、もしもスペクトルマンがマスクを取ったら、蒲生譲二の顔ということだ。それを裏付けるかのような、頭と片腕だけが蒲生譲二で他がスペクトルマンというシーンもある。でも、スペクトルマンのあの姿がただのマスクとプロテクターであるにしては、たかがマスクとプロテクターがないだけで蒲生譲二はてんで弱くなる。生身の体でラーに立ち向かった事があったが、てんで勝負にならなかった。どうやら、設定のどこかに矛盾があるようだ。

スペクトルマンは、戦った後でぶっ倒れる事が多い。アイアンキングと並んで、安心して見ていられないタイプのヒーローだ。

出てくる怪獣については、書きたい事があまりに多すぎて書けない。私にとって、こんなにも印象的、魅力的な造形の怪獣が多い特撮ものは他にない。



追伸
今日のノイズ除去作業。今日のは誇れる作業ではないが、元動画よりも見え方は良くなった。

元動画


ノイズ軽減後


前回の続き [痛風日記]

前回からの話の続きなので、下の話になってしまうことをお許しいただきたい。前回の記事の翌日、医者には行かなくて済んだ。私は便通に困らずにこの歳まで来たので、排便時に「出る出る」と自分に暗示をかけるなんて考えた事もなかった。でもそういう「イメージする」というのが便秘で困っている人には必要で有効だと、よくわかった。
これを機に、親と少し話をした。私の親はずっと便秘で苦しんでいた。たくさんの方法を試し、そのためにたくさんお金を使ったそうだ。でも信頼できるテレビ局であるNHKで紹介された方法ですら、うちの親には効果がなかった。数十年の試行錯誤を経てようやく親を救ったのは、ある医者が処方した薬だった。最初は朝晩飲んでいたが、今は毎日便通があるので1日1回にしているそうだ。親の感想は、人によって何が効くかは全然違うというものだった。
このブログは私自身の人生記録でもあるので、最後に私の症状について記録させてほしい。私はやはり血栓性内痔核が怪しいと思っている。なぜなら、便通時に直腸の6時の方向に違和感を感じるから。そこにおできのようなものがあって便通を邪魔していると推測する。イボは外には全然出ていないので、正しい生活を続けていれば治ると思う。数日間は念のためにボラギノールAを使っておきたい。


飲酒の功罪 [痛風日記]

酒を飲んでしまった日の、まだ酔いが醒めないうちに、腰痛の私がなんだか歩けるような気がした。普段の無駄な力が抜けて、腰に力を入れずに歩ける気がした。そして歩いてきた。翌朝も目が覚めたら歩いて来たいと感じた。確かにストレスが取れ、気持ちも体も軽くなった。

酒を飲んでしまった翌日、朝のトイレで便が出にくかった。それくらいの事は若い時からたまにあった。その時だけ苦労して出せば翌日からはまた何でもなかった。ところが今回は、次の日も問題があった。それどころか、出にくいのではなく出ない。腸は、異物を排除しようと何時間も動いている。ところが出口に蓋が閉まっているかのように出ない。私は便通がとても良い人生を送ってきて、こんな不気味な事になったのは初めてだった。どうなってしまうのかと恐ろしかった。トイレで苦しんでいるうちに、ふと肛門科の先生の言葉が思い出された。「飲酒は、一晩で(痔が)出ます。」便が出にくくなったのは、飲酒の翌朝からだ。直腸に大きなイボが出来て便通を邪魔しているのか?でも今回は無茶な飲み方をしていない。あの程度の飲酒でも血栓性内痔核になってしまうのか?
結局浣腸で便を出したが、明日の朝も便が出なかったら医者に行く。私は明日の排便が恐い。

とうとう酒を飲んでしまった [痛風日記]

昨日はとうとう酒を飲んでしまった。飲む直前まで2つの思いがあった。
(1)ここ数日頭から酒のことが離れない。飲まないと、このままいつまでも酒のことばかり考えて暮らすのだろうか。次の採血までひと月を切る前に一回飲んで、後はまた採血までの1か月間またはそれ以上飲まずに頑張るとしたほうが良いのか。
(2)でも酒は麻薬のようなものだ。一度飲んでしまうと、その2日後にまた飲みたくなる。世の中には一生酒を飲まない人や、酒が嫌いな人もいるのだから、ここで我慢したら酒を飲まない人生に変えられるのだろうか。
でもその場合、私はいつ羽目を外して人生をリフレッシュできるんだ。

酒を飲むにあたり、考えた事がある。酒を飲みさえすればリフレッシュできるのではない。酒は感情増幅剤にすぎない。楽しめる物と一緒に使ってはじめて効果が出る。今回は、映画ロボコップ1&2のイッキ見で楽しむ事にした。だからブログにおバカ記事を出すという方向へは向かず、その手の記事は出ない。とにかく、飲み始めの時点から楽しみ(今回はロボコップ)を始め、酔いが回るまでの間に十分満足するほど楽しまなければいけない。飲みの前半に何か他のやるべき事をやって後半から楽しもうなどと考えると、十分楽しまないうちに飲みが終わってしまい、なんだかつまらなかったという感想を残す事になる。仮に毎週飲めるとしてもそんなつまらない飲み方はしたくない。まして今は、1、2か月に1回の飲みなのだ。
ビール缶を何本飲むか。私は、飲みには2段階あると思う。飲み始めから暫くの間は、本当に飲みたくて飲んでいる。その時はまだまともな感覚が残っているから、冷やしていない「第3のビール」を飲むと「ちょっと不味いな」と感じたりもする。そのうちに、酔うための酒の分量が足りてくる。それでも飲み続けると、今度は底無しに飲めるようになり、いくらでも続きを飲みたいと思う。これは、感覚が麻痺して、何もわからなくなっているのだ。感覚が麻痺しているから、不味い酒を飲んでも不味くない。それよりももっと飲みたい。これが、体が本格的に酒を拒むまで、あるいは酔い潰れるまで続く。それで翌朝後悔する。要は、上記第1段階が終わり第2段階へ移行する時を感じ取り、その時点で酒をやめることだ。しかしこれは難しく、第1段階の終わりを感じた時はすでに第2段階が始まっているから、もっと飲みたい、もっと飲めると思ってしまう。

例えば今回の私は、金麦を3本飲み終わった時点でまだ飲めると感じた。それで4本目を開けて、半分飲んだ時点で、もういいのかもしれないと感じた。現在痛風治療中という意識があるから、それ以上5本目6本目に手を出そうという気にはならない。開けてしまった4本目の飲み残しは捨てる(今後1か月は飲めないから)のでもったいないという余計な気持ちが働き、4本目はかなり飲んでしまい、4分の1ほど残して終わった。
4本目を半分飲んだ時点でやめるべきだったと思う。それは次回(1か月かそれ以上後に)必ず実現しよう。3本目が終わった時点でやめられれば最高に良いが、これは上に書いた通り、とても難しい。

現状記録(流星人間ゾーン) [  VHSビデオ(補完計画)]

禁酒中の私が昨日酒を飲みたくてたまらなくなったのは、もう1か月半かそれ以上、羽目を外していないからだと思う。私は時々酒を飲んで羽目を外してバカなブログ記事を書き、それで人生をリフレッシュしていた。それが痛風治療で禁酒になって、羽目を外す時がない。誰も羽目を外しちゃいけないなんて言わないが、私はもう結構な年なんだ。泥酔でもしなけりゃ、バカな記事など書けるものか。今日も流星人間ゾーンをPC保存しながら、「防人蛍(ゾーンエンジェル)ファッション・グラフィティ」を作ろうというバカな発想が頭に浮かんだ。でももちろん、そんなものシラフでは作れなかった。「いい子」でいるのは疲れる。人は時にはワルまたはバカになりたい。

今日も仕方なく、羽目は外せずに、PC保存の努力を記録する。今日は珍しくスマホで記事作成せずに、PCで短い動画を作ってUPする。

これが元動画。VHSビデオテープの傷なのか、それともたまたまゴミが付着したのかは知らないが、一瞬暗くなる。


これが修正後。問題のある部分を1コマずつ明るさ修正した。


酒の禁断症状が出ている [痛風日記]

痛風日記を書き始めたのが6月30日。それより前、痛風発作が出た時からは酒を飲んでいない。私がブログ記事に、禁酒の影響が出始めたと書いたのが7月30日。それから半月経った。今日が8月16日だから、禁酒してまだ2か月は経っていない。ここ数日、酒の禁断症状みたいなものが現れている。今日はとくにひどい。酒が飲みたい。人から何を言われても酒しか頭にない。禁断症状が出るならもっと早いと思っていた。私は、ここで酒を飲んだらなし崩し的に酒を飲むようになると感じる。酒は麻薬に近い。強い習慣性がある。で、このまま酒を我慢したとして、その後に何かあるのだろうか。今日という日の残りを有意義に過ごせるのだろうか。それとも何も手につかず悶々と過ごすのか。

現状報告(コジコジ続き) [  VHSビデオ(補完計画)]

前回の記事で間に合わなかった、やかん君の魅力紹介。

大好きなペロちゃんにビーチボールに誘われるやかん君。でも振り向いて見たペロちゃんの水着姿は彼には刺激が強すぎた。


沸騰してお茶を出すはずが、鼻血を出してしまった。


学校ファッションショーでペロちゃんを見て、この日2回目の沸騰。なんかすごいキャラだ。



彼はただ沸騰するだけのやかんじゃない。ペロちゃんのためなら敢然と悪に立ち向かう。(この場合、悪は「あく」でなく「ワル」と読むほうが的を射ている。)転校するペロちゃんを軽視するスージーとブヒブヒの暴言に、やかん君怒りと悲しみの大爆発。


やかん君は、世渡りが上手なほうではない。とくにペロちゃんの前に出ると、沸騰以外何もできなくなる。でも、心優しい、愛すべきやかんだ。

現状報告(コジコジ) [  VHSビデオ(補完計画)]

コジコジに出てくるキャラクターは、どれも非常に個性的だ。その中で一人を選んで紹介するとしたら、あなたなら誰を選ぶ?私は、やかん君だ。


やかん君は、興奮すると口からお茶を出す。


カメ吉君はこのお茶が大好きだ。


興奮しすぎるとお茶でなく鼻血が出る。
(PC保存がまだそこまで行っていないので画像はない。)

別のものを出した時もあるが、それを説明するには彼の頭であるやかんが壊れた話を先にしなければならない。

彼の頭はやかんの形をしているだけでなく、本物のやかんだ。だから壊れたら金物屋で直す。直すのに日にちがかかるから、その間やかん君は別の頭を取り付けてもらった。その頭は、やかんでなくザルだった。だから彼は、ザル君になった。


ザル君も中身はやかん君だから、興奮したら何か出す。でもやかんでなくザルだから、お茶の代わりにザルそばがもりもりと出てきた。


大好きなペロちゃんに「お茶のことを忘れないでね」と言われると、ザル君のザルそばは茶そばになった。


やかん君は、お茶やザルそばでみんなの役に立つことを幸せに思う善良なやかんだ。

前の10件 | -
2017年07月|2017年08月 |- ブログトップ