So-net無料ブログ作成
  VHSビデオ(補完計画) ブログトップ
前の10件 | -

個人的備忘録(ImgBurn万歳) [  VHSビデオ(補完計画)]

ずっと昔のこと。VHSビデオテープのうち、ラベルの書き込み等にまで思い入れのある大事な物はそのまま保存するが、一部の物はビデオデッキで再生してDVDレコーダーで録画し、DVD-Rに焼いて保存した。元のビデオテープは処分した。なぜならビデオテープは嵩張り、私の部屋が物で溢れたから。

それから何年も経ってのこと。自室のあらゆる物を可能な範囲でデジタル化してPCのHDDに保存したいと考えた。その時に、VHSの中身を入れたDVD-RもPCのHDDに保存しようとし、当時私は何の知識もなかったので中身のVIDEO_TSをまるごとHDDへコピーした。コピープロテクトはかかっていないので単純にPCのcopy & pasteでコピーできた。

それからまた何年も経ち、世の中でディスクをHDDに保存する場合はディスクイメージという形にするものだと知った。ところが私はPCにディスクイメージでなくVIDEO_TSを保存してしまった。これの中のVOBを私が持っている市販ソフトに読み込んでDVD-Rにすると、再エンコードされるらしくて画質が落ちる。ディスクイメージの形で保存するのが正解だったと思った。

さらに何年か経った今日、ようやく私は重い腰を上げ、DVD-RをイメージにしてHDDに保存、元DVD-Rを処分しようとした。イメージの形式はISOが一番一般的らしいので、それを選んだ。その時点では私は少しだけ知識を得ていて、一般的なCD-ROMはシングルセッションでISO可。音楽CDはマルチセッションだからISO不可。DVDはシングルセッションでISO可と、どっかのサイトに書いてあった。

ところが、いざDVD-RをISOにしようとしたら、マルチセッションだからISOに出来ないというエラーメッセージが出た。そんな馬鹿な、DVDはシングルセッションでISO可のはずじゃないかと思った。

ネット検索した。はっきりはわからないが、シングルセッションだというDVDは市販のDVD-Video等のことかもしれない。DVDレコーダーで焼いたDVD-Rは、たとえファイナライズ済でも違うのかもしれない。VRモードで記録していないのはもちろん、そもそもCPRM非対応の古いディスクのはずだが。とにかくマルチセッションだと言ってImgBurnもDaemon Toolsもエラーを出す。(Daemon ToolsはISOから独自形式への変更を促す。)

ネット検索時に、ImgBurnでVOBからDVD-Rが焼けるらしいと知った。
Write files/folders to discをクリック。
試しにBrowse for a source folderでVIDEO_TSのひとつ上位のフォルダを選択してみた。
Optionsは
MODE1/2048
ISO9660 + UDF
1.02
時間はかかったがエラーなくDVD-RWが焼けた。(テストだからディスクを再利用できるようにRWを使った。)

VOBが再エンコードされずにDVD-RWにコピーされたかどうかを確かめたかった。難しいファイル比較はできないので、ある録画の最後のVOBのファイルサイズを比べた。もしも再エンコードなどの手を加えていたら、元ファイルと1バイトも違わずに同じサイズになるのは珍しい。ただし最後以外のVOBはファイルサイズが決まっているから、最後のVOBのサイズを比べる。結果は、同じサイズだった。

VIDEO_TSをPCに保存済みならば、ディスクイメージを改めて保存する必要はないとわかった。



良かった点

元DVD-RのAUDIO_TSは空のフォルダだったから、PCのHDDにコピーしなかった。そのままImgBurnで処理したが、自動的に空のAUDIO_TSが追加された。



困った点

処理開始直後にボリュームラベルを付けるウィンドウが開き、ちょっと触ったらVIDEO_TSのひとつ上位のフォルダ名がボリュームラベルになって処理が続いてしまったが、運悪くそれが日本語2バイト文字列だったのでボリュームラベルが文字化けした。

VIDEO_TSのあるフォルダ内にテキストファイルをひとつ作ったのを忘れて、そのままImgBurnで処理した。出来上がったDVD-RWの中には、VIDEO_TS, AUDIO_TSと並んで、本来DVDにはあるはずのないテキストファイルが見えた。しかもファイル名は日本語2バイト文字列だったから文字化けしていた。

ImgBurnのエラーメッセージを再確認したら、マルチセッションでなくマルチトラックとなっていた。これはひょっとすると、マルチセッションが正解ではないだろうか。

大昔のバチ当たりなタイトルのフジテレビ深夜番組 [  VHSビデオ(補完計画)]

私は痛風治療で酒を断っていた。そして今日は血液検査の日だった。いや、私は血を採ると信じていた。この日のために頑張ってきたんだ。今日その頑張りの結果が出る!ところが問診だけで終わった。採血は2か月後だそうだ。なんて事だ。もう酒を飲むしかない。アルコール依存症の人間の思考回路は、常にこうなる。

今日酒を飲んだら次にいつ飲めるかわからない。なにしろ飲みすぎると他人事でなく、私自身の足がおそろしく腫れ上がるのだ。数か月に1度の飲酒チャンスなのだから、飲みながら何か楽しい事をしなければ。私はVHSビデオテープ録画のPC保存をやっていて、もう99パーセント終わっているが、1パーセント終わっていない。それをやろう。それは単純な作業だった。2つの動画を見比べて終わるはずだった。古い動画と、今回作った動画を見比べて、「やっぱり作り直した動画のほうが綺麗だぜ!なにしろインターレース解除をマニュアル24fpsで頑張ったし、技術的にも知識的にも昔よりはレベルアップしたから。バンザーイ!」と言って終わるはずだった。そして私は見比べた。

古い動画
ponsu_z0.jpg

今回作った動画
ponsu_z1.jpg

なぜだああああああっ!!
今回作った動画はどうしてこんなにノイズが多いんだぁぁぁっ!

これは私のミスや技術不足のせいではない。だってNL-Meansまで入れているんだ。元動画の画質(VHSビデオテープを再生してからケーブルでBDレコーダーに入れて録画するまでの間の何か)に起因するとしか考えられない。出来る事は全部やったんだ。
・・・それって、何をやってももう無理って事なんか?
・・・。

これはもう、酒を飲むしかない!

今日は久しぶりの酒で楽しい記事になるはずが、なんか、荒れた記事になりそうだ。それなら、じつに久しぶりに、エロボケかますか。私は歳とってエロは無縁になったからそういう記事も無くなっていたが、今日は何かやらんと、やってられないよなぁ。何よりも数か月に1度の酒の日なんだぜ。

はるか昔にフジテレビでやっていた深夜放送、いってみよか。VHSビデオテープの録画は見る見ないにかかわらず保存してあるので、こういう時にも役に立つ。

タイトルは、あまりにもバチ当たりなので書きたくない。密教系の仏教で「ほとけ」の世界をあらわす目的で作ったもののはずだ。それを官能小説番組のタイトルにするとは、これは絶対にバチ当たりだ。

そういえば私はずっと前から官能って変な言葉だと思ってきた。ちょっと調べてみよう。コトバンクより:
1 生物の諸器官、特に感覚器官の働き。「官能検査」
2 肉体的快感、特に性的感覚を享受する働き。「官能をくすぐられる」「官能美」

んー、そういうわけか。官能小説と書かずに、わかりやすくエロ小説って書いてくれ。

今回ここで思い出すテレビ番組は、ウィキペディアでは簡潔に紹介されているだけだ:

フジテレビ系列で、1991年4月から1991年9月に深夜時間帯(JOCX-TV2)で放送されていたバラエティ番組。きたろう・松坂季実子の語りと写真のみで構成された「官能小説紹介番組」である。『村は七色』『いとしのファブリオ』に続く三部作最終作品。

タイトル画面は、こんなのだ。
fujitv01.jpg

この記事を書く前に動画を見てみたが、完全にエロ小説朗読、それ以外の何物でもない。私のこの歳では中身の紹介はもういいやという気になった。たぶん、同様の理由からネット上にも情報が少ないのだろう。若い頃にこの番組をドキドキしながら見ていた男性が、今では「いまさら官能小説は不要」という気になっている。私もそんな感じだが、「昔の思い出」という意味では別だ。「いまさら見たいとは思わないが、若い頃にそういうのあったなあ」という懐かしさは大事にしたい。

私の手元にはこの番組の全話はない。初めて見たのが第二回だったし、その後も気に入らない回は録画を消したようだ。まずは第二回のオープニングを出そう。(途中、再生不良部分あり。)中身はただのエロ小説朗読なのに、オープニングは何か真面目っぽい事を言ってる。でもこれは中身が目指す方向とは違う。


いま、「きたろう」氏についてウィキペディアで調べたら、古畑任三郎に1回だけ出ていると書いてあった。正直、今の私にはエロでなくこういう情報のほうがドキドキする。「古畑をもう一度見てみようかな」と思う。古畑なら、数か月に1回の私の飲酒を満足するものにさせてくれるはずだから。堺正章演じる歌舞伎役者が殺してしまったガードマンが、「きたろう」だ。ああ、あの話、良かったなあ。

いかん、今回のエロ小説への興味が失せてきた。せめてもう少し何か出さないと記事にならない。

この番組のとくに始めのほうでは、私が生まれるより前の古き良き昭和のスチル写真を映像として使っていて、それが貴重といえば貴重、でも中身のエロと違うやんかといえないこともない。



記事を書くには、その記事を読むよりもずっと多くの時間が必要だと理解していただけると思う。私は金麦を飲みながら記事を書いていたので、ついに酔っぱらってしまった。初めはもっと画像を出す(ただしエロではない)つもりだったが、頭がクラクラしてもう記事を書けなくなってしまった。すまない、この記事はここまでとさせてほしい。

パナソニックのBDレコーダーがフォーマット不能 [  VHSビデオ(補完計画)]

買ってからまだ8カ月半。1年経っていない。1週間くらい前にDVD-RWのフォーマットができなくなった。完全に読み書きできないのではなく、すでに記録済みのディスクを入れると録画タイトルを読み出す。ところが、これから記録するディスクを入れてフォーマットをすると、フォーマット時のシーク音と画面表示は今まで通りなのに、その後で録画しようとするとフォーマットされていないと出る。DVD-RWは4枚試したが、4枚ともフォーマットに失敗した。これらのDVD-RWは4枚とも、今まで普通にフォーマットし使ってきたものだ。それが4枚とも時を同じくして突然使えなくなった。ディスクの側の問題とは考えにくい。

買ってからまだ1年経っていないということは、保証期間内だ。ところが、説明書と保証書はあるが、保証書に店名が書いていない。ネットショップで買ったからだ。どのネットショップで買ったかを調べようとしたが、もうわからない。私は焦った。

ショップを探すのと並行して、機械を直そうと試みた。はるか昔、初代のDVDレコーダーを買った時に必要になって買ったクリーナーを引っぱり出してきた。専用DVDの記録面にいくつかのヒゲが生えていて、それでDVDドライブのレンズを掃除するという仕組みだ。これをBDレコーダーに入れて使った。直らなかった。でも初代DVDレコーダーの時も、2回は使わないと直らなかった。私はもう一回使った。ディスクがフォーマットできるようになった。私はホッとした。

ところが、話はこれで終わらなかった。

それから1週間くらい経って、つまり今日、またフォーマットできなくなった。私はまたクリーナーを引っぱり出してきた。1回使った。直らなかった。2回使った。直らなかった。私はまた焦った。

クリーナー3回目を試す前に、ネット検索してみる事にした。大量生産の機械は同じ所から同じ部品を仕入れ、同じ工場で組み立てる。だから私の機械が壊れたという事は、同じ機種の別の機械も壊れるかもしれない。誰かが同じ問題に直面したり、問題を解決したりしたかもしれない。

果たして、ネット上にはフォーマットできなくなったパナソニック製BDレコーダーに困った人たちの記事があった。電源が入った状態で電源ボタンを10秒以上押すとリセットだそうだ。試してみた。私の場合、電源が切れなくなったのではないから、電源ボタンを押した直後に機械の電源は切れてしまった。そのまま虚しく10秒間ボタンを押し続けるのか?

10秒待っても何も起きなかった。電源は切れたままで、リセットしましたとも何とも表示されない。私はさらに電源ボタンを押し続けた。おおよそ20秒押し続けた時点で機械は再起動した。でも、リセットしましたとも何とも表示されない。

私はDVD-RWをフォーマットしてみた。それからHDD内の録画をDVD-RWに入れてみた。エラーは表示されず、処理が始まった。フォーマットに成功したのだろうか。正確な結果は、処理が終わってDVD-RWを再生してみるまではわからない。

解せない点はある。1週間前はクリーナーを使って直った。今回はクリーナーで直らず、その後のリセットで直った(と思われる)。クリーナーで直るならレンズの汚れだろう。でもレンズの汚れならリセットで直らないだろう。フォーマットできなかった原因を推測できない。

私は今後、この機械をガンガン使おうと思う。またフォーマットできなくなったら、リセットとクリーナーをガンガン試す。なぜなら保証期間内だからだ。今の私の機械は、半分壊れているみたいな状態だ。このままあまり使わずにそうっと置いておき、保証期間の1年が過ぎた後で本格的に壊れたら、それが一番皮肉な結果だ。壊れるならば保証期間内に壊れてくれ。壊れなければ、それはそれで結構。

mp4を音ずれなく再編集する [  VHSビデオ(補完計画)]

VHSビデオなどの映像をPC保存しようとしてmp4にエンコードした後、PCに入れていた元MPEG-2を消し、それから初めてミスに気づくことがある。普通に再mp4化するにはVHSビデオをまた引っぱり出して再生しなければならず、運が悪いとそれもできない。(一度再生し、二度目の再生をしようとしたらテープが機械に巻き込まれてオシャカになったことがある。)すでにあるmp4を手直しして終われる場合は、そう出来ると有り難い。ところが、mp4を再編集しようとすると音ずれを起こすのは有名な話。しかも単純に再生位置をずらせば直る音ずれではなく、速くなったり遅くなったりという不気味なずれ方をする。私はつい最近もそういう体験をした。私はmp4をビデオオーサリングソフトに読み込み、最初のほうのある時点と最後のほうのある時点で映像と音が合うように、音声の伸縮を行った。そうしたら不思議なことに音声全体が短くなり、動画の冒頭はまだ音声が始まらず、動画の末尾ではとっくに音声が終わっている。それでいて、伸縮の時に音合わせをした2つの時点ではちゃんと音が合っている。試しに他の場所を聞いてみたら合っていない。これはどうにもならない。私は方法を変えなければならなかった。ネット検索したら、l-smash worksというAviUtl用入力プラグインがあった。設定をいじると、可変フレームレートを固定フレームレートに変換するようになる。私がmp4を作る時に使ったインターレース解除プラグイン・自動フィールドシフトは、可変フレームレートのデータを作る。これが音ずれの原因だったのかもしれない。試してみた。少ない実験結果に限れば、音ずれは起きなかった。ところで、mp4をAviUtlに読み込んで無事に手直しが済んだとして、今度はどういう設定で再mp4化するべきだろう。すでにインターレースは解除済みだから、自動フィールドシフト等を使ってはいけない。インターレース解除なしでそのままx264エンコードか。avi用のエンコーダーでPCに入っていたものを一通り試したが、画質的に使えなかった。あるものは全画面表示にまで拡大すると対象が小さな正方形の集合体に見え、他のあるものは陰影が段影で表現された。H.264は、人間が肉眼で見た時に不満が少なく見えるように工夫されているのだろう。まだx264での再エンコードは試しておらず、どれくらい劣化するかはわからない。今日はここまでにして、私は外出しなければならない。

現状記録(AviUtlフリーズ、解決か?) [  VHSビデオ(補完計画)]

県立地球防衛軍と鉄人タイガーセブンは、私のPC再保存で最後まで残った課題だ。

鉄人タイガーセブンのほうは、マニュアル24fpsの作業をとっくに終えている。では何が課題かというと、aupを読み込むたびにAviUtlがフリーズするようになったのだ。これではmp4エンコードできない。

この元動画は、最初から変だった。編集がある時点にさしかかるとAviUtlがフリーズする。ただし編集ポイントをそこへ移さずエンコードだけすればmp4は作れる。そういうデータだった。VHSビデオ映像をDVD-RWに入れてPCへ移す時、つまりMPEG-TSは、まれにそうなる。MPEG-TS内の制御データが残ってしまい、それをAviUtlが読んで誤動作するのだろう。

この鉄人タイガーセブンも、ただエンコードだけすればmp4は作れた。でも当時の私はちょうど、1フィールドだけのノイズを消すのに凝っていた。なにしろ、テレビで見たらどうしても見えてしまうノイズが消えるんだから、その方法を見つけた直後は有頂天になる。それで鉄人タイガーセブンもノイズを完全に消してやろうと思った。

でもさっき書いた通り、このデータはある場所でAviUtlがフリーズするから、その場所を避けつつ前後のノイズを消していった。こまめに保存しつつ、その場所に近づきすぎてフリーズしたら再読み込みして、今度は近づきすぎないように作業する。当時PC再保存を始めたばかりで元気だった私は、そんな面倒な事を面倒とも思わずにやっていた。そして作業はうまく行った。フリーズする場所を避けてノイズを取った。ところが!作業中はフリーズしなかったというのに、一度保存して後日読み込んだらフリーズした!それはないよ!

それ以来、そのaupは何度読み込んでもフリーズする。バッチ処理でエンコードを実行しようとしてもフリーズ。どうにもならなくなった。

私は、編集ポイントがフリーズする場所にあるからいけないのだと推測した。aupの中に、編集ポイントを移動させるコマンドが含まれている。それをバイナリエディタか自作プログラムで取り去ればフリーズしないかもしれない。そのためには、aupのデータ構造をある程度解析しなければならない。でもそれは無理だった。他人が作ったデータ構造の解析は、数え切れないほどの実験をして何ヵ月も必死に頑張らないと出来ない難物だ。今の私にはその覚悟と信念がない。時間もない。

それで、私は現状をとにかく保存して、他の動画の作業に取りかかった。それが多分今年の5月ごろだっただろう。今は9月。他の全ての作業が終わり、私はまた鉄人タイガーセブンに戻ってきた。

私は再度、例のaupをAviUtlに読み込んでみた。やはりフリーズ。このまま諦めて作業を終わらせるのだろうか。私はまだ試していない事はないかと思い巡らした。

元動画にフリーズする部分が含まれるからフリーズする。元動画をその場所よりも前でカットすれば、そこまではAviUtlに読み込めるだろう。その後で、ノイズ除去していない元動画を追加読み込みし、不要部分をカットして連結しよう。そうすれば、連結部分より前だけはノイズ除去済みになる。

それでは元動画をカットだ。使うソフトは無劣化でカットできるavidemux。少なくとも映像はCopyとし、コンテナは元と同じMPEG-TS。いや、わざわざ余分な制御データを付ける必要はない。MPEG-PSにしよう。

この時点で、あれ?と思った。動画に制御データが残るからAviUtlが誤動作する。今、制御データを付けないようにMPEG-PSにしようとしている。それなら、カットする必要はあるのか?

私はカットせずに元動画をMPEG-TSからMPEG-PSに変換した。aupはすでにバッチ処理に組み込まれている。(でも今までは、バッチ処理を実行するとAviUtlがフリーズした。)バッチ処理を実行した。AviUtlはフリーズせずに動き出した。

今、エンコードと同時進行で私はこれを書いている。ついでに朝食の用意と秋冬用布団を出すのも同時進行だ。そう、今までのように趣味ばかりやってはいられない。だからこの記事はここまでとなる。もしもうまく行けば、私は鉄人タイガーセブンの残りの部分もノイズ除去できるだろう。家事と同時進行で、日にちをかけてゆっくりと。

5人衆ここまで [  VHSビデオ(補完計画)]

古畑任三郎5人衆の3回目。今回で最後。これで、古畑関係(物まね)のUPがめでたく終わる。


VHSビデオ関係の記事は、あとほんの少し出る予定。でも私は趣味以外の事を頑張らなければならない時が来た。趣味も少しずつ進めて、そのうちにまた記事を出したい。

5人衆2回目 [  VHSビデオ(補完計画)]

今回は古畑任三郎5人衆の2回目。気に入っていただけたら有り難い。

5人衆開始 [  VHSビデオ(補完計画)]

やっと古畑任三郎5人衆を出せる。私個人はすでにUPしたほうの物まねの完成度が好きだが、今度の物まねも初めて見た時は「次はどうなるんだろう」と楽しんで見られた。ブログのUP制限により、動画は3分割した。今日はその最初の部分。


現状記録(県立地球防衛軍) [  VHSビデオ(補完計画)]

県立地球防衛軍は、今回の「VHS録画のPC再保存」を始めた頃に取りかかったものだ。それが最後まで放っておかれ、今ごろ終わらせようとしている。

なんで作業を後回しにして放っておいたかというと、作業の最初の頃は私がまだ元気で、マニュアル24fpsという面倒なインターレース解除プラグインを使ってみようと「無謀にも」決めてしまったからだ。マニュアル24fpsで作業を始めてしまった県立地球防衛軍と鉄人タイガーセブンが、とうとう最後に残ってしまった。

調べてみたら、県立地球防衛軍を始めたのは今年の5月だった。明日から9月だ。何か月も放っておいたせいで、私はマニュアル24fpsの使い方を忘れてしまった。いや、そもそも本来の使い方というのを私は学んでいない。ダウンロードして、AviUtlに入れて、いちおうドキュメントは読んだが、後は「たぶんこうやって使ってもいいだろう」と勝手に考えて使っていた。その勝手な考えすら忘れた。これでは先が思い遣られるので、せめて自分の勝手な使い方だけでも思い出し、備忘録としてメモしなければならない。

私の勝手な使い方では、プラグインは、マニュアル24fpsの他にNNEDI3も必要になる。もちろん使用前にフィルタ順序の設定をしておく。このNNEDI3を使うと、縞が全部消えてスッキリし、どこに同じ絵のフレームがあるかがわかるようになる。このフィルタがないと、私は同じ絵が続く場所を見間違える。

で、動画の最初に周期変更ポイントを設け、同じ絵が2フレーム続く所を見つけてそこに間引きフレームが来るように周期を設定する。

一例として何の因果か、むさ苦しいスコープ鶴崎が出てしまった。
ponsu201.jpg
ponsu202.jpg
ponsu203.jpg
ponsu204.jpg
ponsu205.jpg
上の例では、私は同じ絵が続く2フレームの最初のほうを間引きフレームにしている。

この後もずっと見てゆき、動きのあるシーンが出るたびに、同じ絵が続く2フレームの最初のほうにxが付いているか確かめ、大丈夫ならばそこまでのプロジェクトをこまめに保存しておく。大丈夫でなければ、前回保存した場所(そこまでは大丈夫)から今の場所(大丈夫でない)までの間のどこかで周期が変わっている。その周期変更場所を根気よく追ってゆき突き止める。そして周期変更ポイントを設ける。これを動画の末尾まで繰り返す。

現状記録(おとなの子守唄終) [  VHSビデオ(補完計画)]

前回の記事に書いたボケボケ修正に、私はNL-Meansというノイズ除去フィルタを使うことにした。AviUtlにはじめから付いているノイズ除去(時間軸)フィルタに似ているが、フィルタがかかる要件を輝度と色差に分けることができるらしい。今回のボケボケの元と思われるチラチラノイズは輝度に由来する。はじめに輝度空間と輝度時間を試行錯誤により確定し、輝度分散の値を変えていった。保護は0。

NL-Meansなし
otona400.jpg

輝度分散19
otona401.jpg

輝度分散29
otona402.jpg

輝度分散39
otona403.jpg

輝度分散49
otona404.jpg

そして比較のために既存動画の同じシーン
otona405.jpg

私が思うに、制服のベストの紺が19ではまだザラザラしている。これは細部が表現されているというよりは、ノイズが見えているのだろう。29ではザラザラがかなり少ない。39ではもっと少ない。今度は髪の毛を見る。39から49へと連続表示すると、髪の毛があきらかにぼやける。

以上のことから考えて、49は除外。制服のベストの紺は29か39。髪の毛は、既存動画の同じシーンと同程度の見え方を求めるならば19。29ではぼやけ始めているように見える。しかし19はベストがザラザラでノイズが取れていない。妥協して29だろうか。

この動画は色々頑張って最高の出来になるはずだったのだが、まさか元動画そのものに以前の保存時と比べて問題があったとはなあ。でも、めげず、くじけず、次の動画へと進まなければ。再保存対象動画は、あと2つ残っている。




追伸
結果に満足できない私は、次の動画へ進まずにぐずぐずしていたが、これ以上どうしようもないので諦める時が来た。今回の再録分よりも前に保存済みだった既存動画と比べて、悪くなった所もあるが良い所もあるさと認識して次へ行こうと思う。

otona500.jpg
鶴光とアシスタントがデスクに並んでいるシーン。既存動画では人物の表情が認識できるが・・・

otona501.jpg
今回保存分は残念ながら細部が潰れて表情がわからない。

otona600.jpg
でも、藤村真美は既存動画では映りが悪く・・・

otona601.jpg
今回保存分のほうが細部の表現はいい。

前の10件 | -   VHSビデオ(補完計画) ブログトップ