So-net無料ブログ作成
  VHSビデオ(補完計画) ブログトップ
前の10件 | 次の10件

5人衆2回目 [  VHSビデオ(補完計画)]

今回は古畑任三郎5人衆の2回目。気に入っていただけたら有り難い。

5人衆開始 [  VHSビデオ(補完計画)]

やっと古畑任三郎5人衆を出せる。私個人はすでにUPしたほうの物まねの完成度が好きだが、今度の物まねも初めて見た時は「次はどうなるんだろう」と楽しんで見られた。ブログのUP制限により、動画は3分割した。今日はその最初の部分。


現状記録(県立地球防衛軍) [  VHSビデオ(補完計画)]

県立地球防衛軍は、今回の「VHS録画のPC再保存」を始めた頃に取りかかったものだ。それが最後まで放っておかれ、今ごろ終わらせようとしている。

なんで作業を後回しにして放っておいたかというと、作業の最初の頃は私がまだ元気で、マニュアル24fpsという面倒なインターレース解除プラグインを使ってみようと「無謀にも」決めてしまったからだ。マニュアル24fpsで作業を始めてしまった県立地球防衛軍と鉄人タイガーセブンが、とうとう最後に残ってしまった。

調べてみたら、県立地球防衛軍を始めたのは今年の5月だった。明日から9月だ。何か月も放っておいたせいで、私はマニュアル24fpsの使い方を忘れてしまった。いや、そもそも本来の使い方というのを私は学んでいない。ダウンロードして、AviUtlに入れて、いちおうドキュメントは読んだが、後は「たぶんこうやって使ってもいいだろう」と勝手に考えて使っていた。その勝手な考えすら忘れた。これでは先が思い遣られるので、せめて自分の勝手な使い方だけでも思い出し、備忘録としてメモしなければならない。

私の勝手な使い方では、プラグインは、マニュアル24fpsの他にNNEDI3も必要になる。もちろん使用前にフィルタ順序の設定をしておく。このNNEDI3を使うと、縞が全部消えてスッキリし、どこに同じ絵のフレームがあるかがわかるようになる。このフィルタがないと、私は同じ絵が続く場所を見間違える。

で、動画の最初に周期変更ポイントを設け、同じ絵が2フレーム続く所を見つけてそこに間引きフレームが来るように周期を設定する。

一例として何の因果か、むさ苦しいスコープ鶴崎が出てしまった。
ponsu201.jpg
ponsu202.jpg
ponsu203.jpg
ponsu204.jpg
ponsu205.jpg
上の例では、私は同じ絵が続く2フレームの最初のほうを間引きフレームにしている。

この後もずっと見てゆき、動きのあるシーンが出るたびに、同じ絵が続く2フレームの最初のほうにxが付いているか確かめ、大丈夫ならばそこまでのプロジェクトをこまめに保存しておく。大丈夫でなければ、前回保存した場所(そこまでは大丈夫)から今の場所(大丈夫でない)までの間のどこかで周期が変わっている。その周期変更場所を根気よく追ってゆき突き止める。そして周期変更ポイントを設ける。これを動画の末尾まで繰り返す。

現状記録(おとなの子守唄終) [  VHSビデオ(補完計画)]

前回の記事に書いたボケボケ修正に、私はNL-Meansというノイズ除去フィルタを使うことにした。AviUtlにはじめから付いているノイズ除去(時間軸)フィルタに似ているが、フィルタがかかる要件を輝度と色差に分けることができるらしい。今回のボケボケの元と思われるチラチラノイズは輝度に由来する。はじめに輝度空間と輝度時間を試行錯誤により確定し、輝度分散の値を変えていった。保護は0。

NL-Meansなし
otona400.jpg

輝度分散19
otona401.jpg

輝度分散29
otona402.jpg

輝度分散39
otona403.jpg

輝度分散49
otona404.jpg

そして比較のために既存動画の同じシーン
otona405.jpg

私が思うに、制服のベストの紺が19ではまだザラザラしている。これは細部が表現されているというよりは、ノイズが見えているのだろう。29ではザラザラがかなり少ない。39ではもっと少ない。今度は髪の毛を見る。39から49へと連続表示すると、髪の毛があきらかにぼやける。

以上のことから考えて、49は除外。制服のベストの紺は29か39。髪の毛は、既存動画の同じシーンと同程度の見え方を求めるならば19。29ではぼやけ始めているように見える。しかし19はベストがザラザラでノイズが取れていない。妥協して29だろうか。

この動画は色々頑張って最高の出来になるはずだったのだが、まさか元動画そのものに以前の保存時と比べて問題があったとはなあ。でも、めげず、くじけず、次の動画へと進まなければ。再保存対象動画は、あと2つ残っている。




追伸
結果に満足できない私は、次の動画へ進まずにぐずぐずしていたが、これ以上どうしようもないので諦める時が来た。今回の再録分よりも前に保存済みだった既存動画と比べて、悪くなった所もあるが良い所もあるさと認識して次へ行こうと思う。

otona500.jpg
鶴光とアシスタントがデスクに並んでいるシーン。既存動画では人物の表情が認識できるが・・・

otona501.jpg
今回保存分は残念ながら細部が潰れて表情がわからない。

otona600.jpg
でも、藤村真美は既存動画では映りが悪く・・・

otona601.jpg
今回保存分のほうが細部の表現はいい。

現状記録(おとなの子守唄続き) [  VHSビデオ(補完計画)]

少し前の記事に、昔の録画をPC保存する行為がかなり愚かな理由が2つあると書いた。理由はもっとあるかもしれない。

理由3。100パーセント頑張って作業しても、作業の途中でその努力を根底から否定する事実が明らかになる場合がある。たとえば私はいつも、AviUtlで幅720から16を差し引いてリサイズする時、AviUtlに元からあるサイズ変更機能を使っている。人々がLanczosを薦めるので試してはみたが、ファイルサイズが確実に増える割に出来上がりの見た目は変わったように見えない。でも今回はPCへの最終保存だから、Lanczosを使ってみようかという気になった。
otona301l.jpg
でも作業を進めるうちに、人々が薦めるからLanczosにするというのは何か違うと思い始めた。自分の目で結果を比較して、どちらか気に入ったほうを採るのが正しいのではないか。それで、AviUtlに元からあるサイズ変更でも動画を作ってみた。
otona301q.jpg
そういえば、今回は再保存作業だ。今回より前に作っておいた既存の動画と比べるのを忘れてはいけない。
otona300.jpg
ここまで来て、さあ大変だ。秋元ともみだったっけ、もう名前忘れたが、とにかく画像をオリジナルの大きさで表示して顔を見比べてほしい。今回の再録分のほうがボケボケではないか。既存の動画のほうがしっかりしているではないか。これでは再録の意味がないのでは。
比較といえば、もうひとつ比較できるものがあった。たまたまこの場面は新着ビデオの紹介コーナーなので、商品化されたビデオとの比較がある。VHSビデオそのものはもう処分したが、処分前にPC保存したものがある。
otona302.jpg
ここに至って私は、どうしていいかわからなくなってきた。既存の動画に不備があるから始めた再保存作業なのに、今回の再録分がいちばんボケボケではないか。しかも色が薄い。私は、昔保存しておいた既存の動画が濃すぎるんだと思い込んでいた。当時は誤って不要な機械を通してしまい、色が多少変わってしまったから。それを直すのがつまり今回の再保存の目的だ。ところが商品化されたビデオと濃さが似通っているのはむしろ既存の動画で、今回の再録分はダメダメではないか。何日も頑張って細かいノイズを取ったりして最善を尽くしてきたのに、ここに来てその努力を根底から否定するダメダメが明らかに。私はどうすればいいのだ。

今回の再録分で、色が薄いのはなぜだ。
可能性1。このVHSビデオは本来こういう薄い色の映像で、それを再生する時に昔は不要な機械を通した結果、色が濃くなってしまった。
可能性2。VHSビデオの記録は濃い映像だが、再生に使ったビデオデッキが経年劣化で薄い色の出力になってしまった。

今回の再録分が、ボケボケなのはなぜだ。
ひとつの可能性は、昔作った動画はノイズ除去(時間軸)フィルタをかけている。当時はこのフィルタに凝っていて、見た目を改善する目的でよく使った。そのせいで昔の動画はボケボケが改善され、輪郭がくっきりめに出るのかもしれない。

おとなの子守唄は今日でPC保存完了の予定だったが、もうちょっとテストをして、より良い映像を保存できるまで頑張らなければならない。

現状記録(おとなの子守唄) [  VHSビデオ(補完計画)]

昔の録画をPC保存する行為がかなり愚かだというのは、私自身もわかっている。なぜ愚かか。その理由は2つある。

理由1。大抵のものは今ではデジタルリマスター化されるなどして高画質・高解像度で出回っている。私が苦労して劣悪VHS画像を少しでも良くしようと努力しても、巷では金さえあれば努力なしにVHSとは比較にならないほど美しい映像が手に入る。

理由2。巷にDVDソフトやブルーレイとして出回っていない録画はわずかにあるが、それらは平成29年のいま、思い出以外に何の価値もない。ただひたすら私個人の思い出として価値があるのみ。他人との会話の材料にもできず、それを持っていても社会的ステータスが上がるわけでもなく、金になるわけでもない。

たとえば、ゴリエ杯の断片が出てきた。私はそもそもゴリエ杯が何か知らず、たまたま録画した。それも断片的に残っているだけだ。いったいゴリエ杯とは何なのか。VHS録画をPC保存するついでに調べておこうと思い、ネット検索した。その時に、YouTubeやniconicoに私の録画よりもはるかに長いゴリエ杯動画を見つけた。これは上の「理由1」に近い。私が努力してPC保存しても、それより長い動画がネット上にある。私はいつも一抹の虚しさを感じながら作業している。

あるいは、おとなの子守唄(大昔のほう)をPC保存し直すことになった。私はおとなの子守唄もよく知らない。アダルトビデオの紹介などをする大人向けの深夜番組だったのはわかるが、私のVHSにはたった1回分の録画しかなく、しかも途中から始まるのでオープニングがわからない。一体どんなオープニングだったのだろう。どんなコーナーがあったのだろう。私はネット検索したら何か出てくると思った。ところが、ほとんど何も見つからなかった。同じタイトルで後年に別の番組が出来てしまい、そっちの情報が多いので、大昔のほうの情報を選別するのに苦労する。でもどうやら、大昔のほうの番組はGoogle検索のヒットが、テキスト情報が片手の指で数えられる程度の件数だ。(動画のヒットについては後述。)オープニングも、どんなコーナーがあったのかも、わからなかった。「混浴対談」「出前子守唄」と、VHS録画に残っているわずかなタイトルを打ち込むと、たまたま誰かの書き込みにその言葉が使われていて1件ずつヒットする。これでは、その他にどんなコーナーがあったかが全然調べられない。これは上の「理由2」だ。大昔のおとなの子守唄を知っている男は、今ではおじさんだ。今さらアダルトビデオ程度でいちいち興奮せず、興味もないおじさん達だ。だから今さらネットに書き込まない。それに私が今さらこの番組について詳しく知ったところで、何の利益にもならない。でも、ちょっと寂しい。昔のテレビ番組の思い出・懐かしさというのはあるはずだ。もっとネットに書き込みがあっても良かったのに。

私は、寂しさを感じながらも作業する。大きな努力が、わずかな結果を生む作業を。さっき書いたが、私のVHS録画ではおとなの子守唄が途中から始まる。どうやら前半は、パステルユーミの最終回に上書きされてしまったらしい。VHSビデオを上書きすると、その後の古い録画が現れる部分で画面がビビビビと乱れる。今日は、苦労してその部分を少しでも見られるようにした。作業の努力は大きかったが、結果はわずかだ。まずは見てもらおう。

元の状態


修正したもの


何が違うかというと、トラッキングが定まらない部分なので映像が上下する。その上下をできるだけ抑えた。1フレームずつ手作業で修正した。多くの部分はフィールドの奇数/偶数を選び直してましな方を選択したが、とくに映像がひどい所はクリップボード経由で画像として抜き出し、修正してから元に戻した。早送りみたいに見えるのは、早送りではない。上書きの後で古い録画が出てくる部分は、時としてこんなになってしまうのだ。

ところで、上の動画のコーナーの名前がわからない。人物写真の撮り方を教えるコーナーなのだが、ネット上に唯一奇跡的に見つかった動画「雪村春樹のプライベートフォト」とは人間が違う。

現状記録(とりあえず最後まで来た) [  VHSビデオ(補完計画)]

たくさんのVHSビデオテープを再生・保存するので、今どこをやっているかがわからなくならないように、テープの通し番号順に作業を進めていた。そして最後の通し番号テープの保存が終わった。それで終わりかというと、現実は理想通りには行かない。今までの作業の中で、とりわけこだわりたいとか、とりわけ問題が発生したとかいうテープに限っては、例外的に後回しにした。それがまだ残っている。でもとにかく通し番号で最後まで来たのだから、節目だ。

ふと気づくと、古畑ものまねのUPが途中までだった。ものまね自体は出したが、そのあと磯野貴理子の罰ゲームの話があり、最後にメイキングがある。本当ならそれらを全部出すべきなのだけれども、体調のことも考慮しなければならず、PCの前に座ってブログ用動画を作るのはメイキングだけにしよう。

メイキングは2分たらずだけれども、それでもブログの5MB制限内に収めようとすると画質がものすごく落ちた。x264のquality、フレームレートともに限界を超えた落とし方になってしまったが、ご勘弁いただきたい。



物まねはもうひとつあって、これも2006年に放送されたものだ。古畑任三郎5人衆。体調の良い時に少しずつブログ用動画を作ることも考えてはいるが、全体が一続きの寸劇なのにファイルサイズ5MB制限で細切れになってしまうので、どうしようかなあと決めかねている。ゆっくり考え、決めさせてほしい。

あと、さっき話した「例外的に後回しにしたテープ」の話題もいつか出すと思う。

現状記録(スペクトルマン) [  VHSビデオ(補完計画)]

今は、スペクトルマン全話をチェックするという、気の遠くなる作業をしている。私の録画は不要な部分をカットしてあるし、動画チェックに支障のない部分は2倍くらいの速度で見て良いので、全63話そのままの時間はかからないが、それでも疲れ果てる。楽しんでブログ記事を書く余裕はない。でも、このまま記事を書かないでいると作業の記録を残さずに終わってしまう。これは私の人生の大事な1ページなのだから、記録は残したい。

スペクトルマンに限らず、昔の特撮ものは、私よりもずっとよく知っている人が、沢山の情報をネットに書き残している。全話の解説をしているものすごいブログもある。そういう凄い人たちがいるので私はどうしても引っ込み思案になり、記事が書きにくい。でもちょっとだけ書こう。

スペクトルマンの変な所は、あの顔がただのマスクだという所だと私は感じる。ウルトラマンも他の超人・星人たちも、その顔は自分の顔という設定だ。でもスペクトルマンは、始まって間もない頃に、倒れた蒲生譲二の近くにスペクトルマンの顔が転がっているという妙なシーンがあり、これがただのマスクだと判明する。と、いうことは、もしもスペクトルマンがマスクを取ったら、蒲生譲二の顔ということだ。それを裏付けるかのような、頭と片腕だけが蒲生譲二で他がスペクトルマンというシーンもある。でも、スペクトルマンのあの姿がただのマスクとプロテクターであるにしては、たかがマスクとプロテクターがないだけで蒲生譲二はてんで弱くなる。生身の体でラーに立ち向かった事があったが、てんで勝負にならなかった。どうやら、設定のどこかに矛盾があるようだ。

スペクトルマンは、戦った後でぶっ倒れる事が多い。アイアンキングと並んで、安心して見ていられないタイプのヒーローだ。

出てくる怪獣については、書きたい事があまりに多すぎて書けない。私にとって、こんなにも印象的、魅力的な造形の怪獣が多い特撮ものは他にない。



追伸
今日のノイズ除去作業。今日のは誇れる作業ではないが、元動画よりも見え方は良くなった。

元動画


ノイズ軽減後


現状記録(流星人間ゾーン) [  VHSビデオ(補完計画)]

禁酒中の私が昨日酒を飲みたくてたまらなくなったのは、もう1か月半かそれ以上、羽目を外していないからだと思う。私は時々酒を飲んで羽目を外してバカなブログ記事を書き、それで人生をリフレッシュしていた。それが痛風治療で禁酒になって、羽目を外す時がない。誰も羽目を外しちゃいけないなんて言わないが、私はもう結構な年なんだ。泥酔でもしなけりゃ、バカな記事など書けるものか。今日も流星人間ゾーンをPC保存しながら、「防人蛍(ゾーンエンジェル)ファッション・グラフィティ」を作ろうというバカな発想が頭に浮かんだ。でももちろん、そんなものシラフでは作れなかった。「いい子」でいるのは疲れる。人は時にはワルまたはバカになりたい。

今日も仕方なく、羽目は外せずに、PC保存の努力を記録する。今日は珍しくスマホで記事作成せずに、PCで短い動画を作ってUPする。

これが元動画。VHSビデオテープの傷なのか、それともたまたまゴミが付着したのかは知らないが、一瞬暗くなる。


これが修正後。問題のある部分を1コマずつ明るさ修正した。


現状報告(コジコジ続き) [  VHSビデオ(補完計画)]

前回の記事で間に合わなかった、やかん君の魅力紹介。

大好きなペロちゃんにビーチボールに誘われるやかん君。でも振り向いて見たペロちゃんの水着姿は彼には刺激が強すぎた。


沸騰してお茶を出すはずが、鼻血を出してしまった。


学校ファッションショーでペロちゃんを見て、この日2回目の沸騰。なんかすごいキャラだ。



彼はただ沸騰するだけのやかんじゃない。ペロちゃんのためなら敢然と悪に立ち向かう。(この場合、悪は「あく」でなく「ワル」と読むほうが的を射ている。)転校するペロちゃんを軽視するスージーとブヒブヒの暴言に、やかん君怒りと悲しみの大爆発。


やかん君は、世渡りが上手なほうではない。とくにペロちゃんの前に出ると、沸騰以外何もできなくなる。でも、心優しい、愛すべきやかんだ。

前の10件 | 次の10件   VHSビデオ(補完計画) ブログトップ