So-net無料ブログ作成
  標題電子MC(補完計画) ブログトップ
前の10件 | -

標題電子ミュジーク・コンクレート(16) [  標題電子MC(補完計画)]

1. Reaperから呼び出したVSTにはMIDIのノートが送られない
2. XILS 3の最終出力部のCVによる制御は細かい芸当に向かないかもしれない
3. 記事休載のお知らせと、それでもMS-20は続くという予告




1. Reaperから呼び出したVSTにはMIDIのノートが送られない

エフェクターであるVSTは、普通は音程に依存せずに効果を付加する。普通はそれで困らない。ところが私は困った。

私は今、梵鐘002という音の高調波を減衰につれてカットしたい。

それを実現するには、普通はシンセのVCFのカットオフ周波数をEGで制御する。しかしXILS 3のFILTERはRESPONSEを上げているので、これのカットオフ周波数を変化させると音が変になってしまう。だから002の音色を作った後で、別のVCFで音を変えなければならない。

しかしXILS 3のVCFはひとつだけで、それはもう使っている。そこでMS-20FXを直列につなぐことを考えた。現在ReaperのトラックのfxとしてXILS 3だけが設定されているが、これにMS-20FXをAddする。AUDIO INをONにする必要があるので、MS-20でなくMS-20FXを使わなければならない。

MS-20FXのAUDIO INをONにする。VCOはどちらもLEVELを0、VCFはひとまず全帯域通過、PEAKは0、CUTOFF FREQUENCY MODULATIONをひとまず0、VCAはXILS 3のほうでかけているのでMS-20FXでは常に全開とし、ホイールをINITIAL GAINに接続して一杯に回す。

音を出してみたところ、XILS 3単独では歪まないのに、その後でMS-20FXを通すと歪んで聞こえた。XILS 3の音声出力レベルを絶対安全圏まで下げる目的で、RING MOD. のLEVELを0.54%まで落とす。最終的な音量が下がった分はReaperのマスターフェーダーを上げる。MIDI録音ではこのフェーダーは効かないが、今回はwavとして保存するので大丈夫ではないだろうか。

LPFをかけずに音を出す所まではうまく行った。次に高調波を減衰につれてカットする。MS-20FXのEG2のADSRを減衰音のエンベロープに設定する。これをVCAには通さず、VCFのカットオフ周波数に加算する。加算の分LPFのつまみの値は下げておく。

あらかじめ「ペンちゃんの不思議なけんばん」を起動して「監視ON」にしてあるのでPCのキーボードのキーを押せばXILS 3が発音し、MS-20FXではエンベロープに従って高音がカットされてゆくと考えた。

ところが、音が減衰しても音色が変わらない。調べてみたら、PCのキーボードのキーを押してもMS-20FXの鍵盤の鍵が押されないことがわかった。MS-20FXのせいなのだろうかと思い、VCOのLEVELを上げてMS-20FXのキーボードをクリックしたらこれは音が出たし、エンベロープも効いた。MS-20FXのせいではない。ということは、ReaperがMIDIのノート情報をVSTi(楽器)には送るがVST(エフェクター)には送らないということなのか。

VSTとしてシンセを使ってもトリガーが来ずEGが働かないならば、VSTiであるXILS 3で何とかするしかない。




2. XILS 3の最終出力部のCVによる制御は細かい芸当に向かないかもしれない

たしかにXILS 3にはVCFがひとつしかない。しかし最終出力部は2系統あり、それぞれにスタティック・フィルターが付いている。スタティックだからフィルター自体の効きはCVで変更できないが、出力の音量はCVで変更できる。

そこで、2系統の出力のうち片方をそのまま(高調波つき)とし、もう一方をスタティック・フィルターをLPFにして高調波をカットする。高調波をカットしたほうは音量をCVで変更せずそのまま出力し、高調波つきのほうはマトリックスのTRAPEZOIDをOUT LVLに接続し、[ENVELOPE SHAPER]のTRAPEZOIDつまみを右へ一杯に回す。両方のPAN EXT.をセンターにし、音をミックスする。

結果は、また音が変わらなかった。設定中に何となくわかっていた。この方法にはEGが2つ要る、と。高調波つきの出力はDECAYを極端に短くして、音の鳴り出し部分だけ高調波を強調しなければならない。しかしXILS 3にはVCFだけでなくEGもひとつしかないので、私は仕方なく、音を減衰するのに使うエンベロープを高調波制御にも使った。これでは、音の減衰につれて高調波が明らかに減ってゆく感じが出ない。

XILS 3の作者さんはシーケンサーまで付けているが、そんなものは今どき別ソフトとして用意すれば済むだろうに。それよりも、どうしてVCFやEGのモジュールを増やそうと思わなかったんだろう。

さらに、これはXILS 3の癖なのだろうが、音の立ち上がりが妙に軟弱になった。まず、ATTACKタイムを最短にすると立ち上がりがブツッという音に聞こえるので、私は少しATTACKタイムを設けていた。この状態でTRAPEZOID制御したほうの出力を聴いてみたら、音の立ち上がりがボワンとなっていた。それは理解できる。ATTACKタイムが最短ではないのだから。そこで私はATTACKタイムを最短にして再度試した。ところが、音の立ち上がりはそれでも鋭くなりきらなかった。厳密には、何度も試すと鋭い時と微妙に軟弱な時があるという不思議な現象が起きた。KEYBOARDのPORTAMENTOがONになっていたのでこれかと思いOFFにしたが結果は変わらず。

こういう失敗作の音をUPするのはあまり意味がないかもしれないが、私が嘘を言っていないという証拠に聴いてもらおう。2系統の出力をミックスしてwavにした時に上記の軟弱な立ち上がりがそのままwavになったので、それを聴いてもらおう。これでATTACKタイムが最短だ。立ち上がりが軟弱になった原因はATTACKそれ自体ではなく、最終出力のCVによる制御にあると思われる。



こちらが、今回色々いじる前の音。よっぽどましだ。



今回の記事は失敗の報告が多くて申し訳ないが、私が音色ひとつのために日夜頑張っているのはわかっていただけると思う。




3. 記事休載のお知らせと、それでもMS-20は続くという予告

ひとつ前にブログに出した記事で、私が天袋の整理を始めたと書いた。それが予想以上に大変で、他の事が出来ないでいる。今、けっして広くない私の部屋には天袋から下ろした本が積まれていて、布団を敷くのが大変だ。とにかく早くこれらの本を天袋に上げなければ。前の記事に書いたが、本の写真を撮りつつ作業を進めているので、少しずつしか進まない。そこで、「標題電子ミュジーク・コンクレート」は天袋の作業が終わるまで休むしかないと思う。

でも、進展もあった。天袋から昔のシンセの本が出て来た。多くは思い出としての価値しか残っていないが、一冊使える本があった。その本にはアコースティックな楽器音の作り方が実例つきで載っているのだが、その写真がこれだ。MS-20をお持ちの方なら、どこかで見たようなシンセのデザインだと気づくはず。

yokoku.jpg

私は、本当にこれで楽器音が作れるのかどうか試してみようと思った。実はすでに一度試した。本のとおりの数値ではディレイビブラートのタイミングと速度が違う。私がもっているのがソフトウェアMS-20で、この本は昔のハードとしてのMS-20を意図しているから、そのせいかもしれない。残響もかけてみた。ある程度それらしくなった。でも、それ以上をやるなら本格的に時間をとらないと駄目だと思った。本物のヴァイオリンの音と聴き比べながらGEQをかけたりしなければならないだろう。

この本に載っているのはヴァイオリンだけではない。次はギター、つまり弦楽器から始まり、管楽器、ドラムスなども載っている。手元にMS-20があるならば、試してみる価値はある。ただし、さっき書いたとおりに、まずは天袋を何とかしなくては。これに1ヶ月以上かかりそうだ。(前の記事では10月半ばまでかかると書いたが、週末の自由時間を使っての作業ではもっと長引きそうだ。)

ひとまず、「標題電子ミュジーク・コンクレート」は休載をお許しいただきたい。

コメント(0) 

標題電子ミュジーク・コンクレート(15) [  標題電子MC(補完計画)]

1. 音色の保存読み込みができない無償版XILS 3は後から起動・設定する
2. XILS 3で梵鐘の音を作り保存した
3. 音色サンプルをふるいにかけた
4. 次にやること




1. 音色の保存読み込みができない無償版XILS 3は後から起動・設定する

XILS 3の無償版は音色の保存読み込みが出来ない。これの一番厄介な点は、せっかく苦労して音色設定を作っても、その後でどこかからProgramChangeの信号が送られてきたら全部水の泡という事だ。「ペンちゃんの不思議なけんばん」を起動するたびにこれが起きた。そのたびに私はショックを受けた。「ペンちゃん・・・」のマニュアルを読み直していないので、ペンちゃん側でProgramChangeの送信をしない設定があるかどうかは知らないが、ひとつの解決策は最初に「ペンちゃん・・・」を起動し、それからXILS 3(実際にはホストであるReaper)を起動するというものだ。

あと、「監視ON」の状態で音色についてメモするためにWindowsの「メモ帳」に文章を書き込んでいたら、ProgramChangeされてしまった事がある。おそらくどれかのキーにProgramChangeが割り当てられているのだろう。だから文章を書く時は「監視OFF」にする。




2. XILS 3で梵鐘の音を作り保存した

今日の晩は実に有意義な時間を過ごせた。XILS 3で梵鐘の音を作ってwavとして保存した。初めて梵鐘らしき音を出した時の設定をメモしておいたので、それを元にした。でも当時はまだXILS 3の使い方を知らないで適当にいじっていたので、一部のつまみはよくわからないまま初期値で使っていた。今回はそれを改めて設定した。

よくわからないまま初期値で使っていたという件で、ひとつ以前の記事に不正確な事を書いてしまった。MS-20のリング・モジュレーターの音とXILS 3のリング・モジュレーターの音を比較したが、その時XILS 3のFILTERのRESPONSEが上がっていた(自己発振するほどではない)。これは一般にレゾナンスと呼ばれる機能で、MS-20ではPEAKと呼ばれる。MS-20で音を出した時はPEAKを上げていなかったはずだ。両方のソフトの音を比較したけれども、一方だけレゾナンスが上がっているのでは正しい比較でない。とはいえ、XILS 3のような音をMS-20で作れないという件に変更はない。

今回の梵鐘は、以下の設定を基準とし、一部のパラメータを変更してイメージに合う音が他にないかと模索した。実際に音を出してみるとわかるが、梵鐘といってもお寺の鐘ほど大きなものの音ではない。ある種の音楽に使うような、小形の梵鐘だ。音色はかなりおとなしく、高調波が少ないが、これは私がイメージする「涅槃」寄りの音だ。この世の雑踏を離れた、魂の静まったあの世の音が「涅槃」だ。この音はまだ涅槃に入りきっていないので、さらに調整して「涅槃」に近づける。あるいは逆に高調波を多くして、現実味のある「此岸」(この世)の音にする。



左パネル

タブMATRIXをクリック
左上マトリックスはピンを一本も挿さない状態
右上マトリックスはKEYB ONとKEYB OFFを両方ともTRAPEZに接続、他はピンなし



右パネル

OSCILLATOR 1のRangeリングは0、Coarse Tuneを1.08
OSCILLATOR 1のSHAPEつまみを50.00%に(これは回しても変化なし)
OSCILLATOR 1のサイン波のLEVELつまみを右一杯に回す

OSCILLATOR 2のRangeリングは0、Coarse Tuneを-2.52
OSCILLATOR 2のSHAPEつまみを55.00%
OSCILLATOR 2の三角波のLEVELつまみを右一杯に回す

RING MOD.のLEVELつまみを右一杯に回す

FILTER OSCILLATORのFREQUENCYつまみを500.00Hzに
FILTER OSCILLATORのRESPONSEつまみを0.90(POLES=4) つまみ位置が同じでもPOLES=2ならば数値は2.65となる
FILTER OSCILLATORのPOLESを4に
FILTER OSCILLATORのLEVELつまみを右一杯に回す

ENVELOPE SHAPERのATTACKつまみをを1.50ms
ENVELOPE SHAPERのONつまみを左一杯に回す
ENVELOPE SHAPERのDECAYつまみを650.00ms
ENVELOPE SHAPERのOFFつまみを右一杯に回す
ENVELOPE SHAPERのLEVELのSIGNALつまみを右一杯に回す

マトリックスにて・・・
OSC1サイン波をR.M. Aに接続
OSC2三角波をR.M. Bに接続
RING MODをFILTERに接続
FILTERをENVに接続
ENV. SIGNALをOUT 1とOUT 2の2つに接続
他はピンなし

OUTPUT FILTERのCHANNEL 1とCHANNEL 2のトグルスイッチを両方ともOFF
General Output Levelつまみを右一杯に回す
OUTPUT CHANNEL1のLEVELつまみを右一杯に回す
OUTPUT CHANNEL2のLEVELつまみを右一杯に回す

ピッチベンドホイールは50.00%

どのキーを押しても同じ音が出るようにしてある。
音量はすべての関係するLEVELつまみを最大まで上げてある。必要に応じて音源に近いRING MOD. LEVELを下げよ。
trapezoidなるEGの、とくにONとOFFの意味する所はいまだ理解できず。

とくに変化を試すのは、2つのVCOのピッチ、VCO2のSHAPE、FILTERのPOLES、ENVELOPE SHAPERのDECAY。
FILTERのFREQUENCYやRESPONSEは上げすぎても下げすぎても余分な音が聞こえてくるので、あまり動かせない。
ピッチベンドホイールも、イメージする梵鐘の音程がだいたい決まっているので変更の必要がなかった。
ENVELOPE SHAPERのATTACKはあまり短かすぎるとブツッという音が聞こえるので、それが聞こえなくなるまでつまみを回した。



今日は、全部で9種類の音を保存した。VCOの音程などは、多くの場合が使えず、たまたま見つけたほんのわずかなピッチ域の音が梵鐘に聞こえる。そういう音を見つけるのは、大学生時代も今も、じつに楽しい。私はマニピュレーターというより、本来エンジニアだから。

見つけた9種類の音を全部採用するつもりはない。この中から絞り込んでいくつかが使えると思う。それだけでは音色が足りないから、また日を改めて音を探す。すべてが大学生時代にやった作業と同じで、私はまるで大学生の頃に戻ったような気分だ。当時は目の前にデジタルシンセ音源ユニットとデジタルシーケンサーがあり、私は音源ユニットのプリセット音のパラメータをこれでもかというほど変更して梵鐘の音を探し出した。

サッカーが趣味の人、読書が趣味の人、その他巷で一般的な趣味をもつ人が見たら、「この人は一体何が面白くてそんな事をやっているのか」と思うのだろう。しかしどんな趣味でも、その趣味を好きな人にとっては趣味は奥深いものなのだ。逆に運動が苦手でチームプレイで仲間に迷惑をかけっぱなしの私がサッカーをすれば、それは趣味でも楽しみでもなく苦痛になってしまう。人それぞれにその人に適した事をする時、人生は奥深くなる。




3. 音色サンプルをふるいにかけた

上の2とはまた別の日だ。前に書いたとおり、「梵鐘」の作業は一日に集中してやるとその日の精神状態が音色や間(ま)に影響しすぎるので、日を改めてはまた続きをする。

保存した9つの音色をふるいにかけるのが今日の目的だ。いずれは音色をお聴かせするが、不採用の音色までお聴かせしても意味がないので、音をUPするのは採用がはっきり決まってからにする。

まず9つの音色を聴き比べ、相互の違い、個性、採用/不採用を考えた。その結果3つの音程が不自然だったり落ち着きがなかったりで、不採用となった。

残った6つの音色を分類した。音程的に高中低と分けた時点で、高音003,008中音004が同種の音だと気づいた。この中で008だけが飛びぬけて高調波が多く003や004と混ぜて使えないので008を不採用とした。残り5音色。

ここで曲の構想を再確認した。梵鐘を鳴らす順番は
此岸から涅槃へ
大きい鐘から小さい鐘へ
低音から高音へ

「此岸」「涅槃」というのは私の頭の中のイメージだが、パラメータ的には高調波が多く減衰につれて高調波成分が変化するのが此岸、高調波が少なく音の変化がないのが涅槃。

上記の構想により、此岸が大きい鐘、涅槃が小さい鐘となる。此岸度は大きい鐘で高く、小さい鐘は此岸度が中くらいの物から鳴らし始め、最後は完全に涅槃の音になる。

低音000,001,002のうち000,001は涅槃寄りの音として気に入るけれども、実際に必要なのは002の此岸度だ。000,001は残念ながら不採用。これで002,003,004の3音色だけが残った。




4. 次にやること

002は梵鐘というよりも柱時計のボーンの音なので、さらにいじって梵鐘の音を見つけなければならない。

今回のサンプルではFILTERのRESPONSEを上げた都合でEGをCUTOFF FREQに効かせられなかった。しかし此岸度の高い梵鐘はEGにより高調波を変化させる必要がある。低音の鐘はMS-20FXを併用してこれの実現を試みる。

003,004は此岸度が中くらいの中高音の鐘として採用できるが、高音003はまだ此岸度が中くらいなので、これをさらにいじって完全に涅槃の音を作らなければならない。

XILS 3のtrapezoidの使い方の詳細を知ろうと再度ネット検索したが見つからなかった。すでに知っている人はわかっている事として書いているし、知らない人は知らない。よくわからん物を使うよりもADSRに切り替えたほうが良いかもしれない。

コメント(0) 

標題電子ミュジーク・コンクレート(14) [  標題電子MC(補完計画)]

1. ASIOの導入。Reaperで音が出ない現象を解決する




1. ASIOの導入。Reaperで音が出ない現象を解決する

シンセサイザーから音が出たという安心感と、私が今までに作っている曲は巷の曲と違いリズムやテンポというものがほとんどないという事情から、私は今までASIOの導入を面倒がっていた。でも音の遅延を抑える目的でそろそろ導入しておくべきだ。いつまともな(しっかりしたリズムとテンポのある)曲にとりかかるかわからないのだから。

まず情報収集した。
RealtekのサウンドチップはASIOに対応していないという情報あり。
そもそも私のPCの仕様を見ても、チップセット内臓とあるだけで他は何もわからん。ASIO非対応じゃないかなあという予感がする。
ASIO非対応のデバイスでASIOの動作をエミュレートするASIO4ALLというものがあるらしい。
ASIOの稼働中は、ASIO対応のソフトウェアでしか音が出ないらしい。つまり、ASIO対応のソフトでASIOを使って音を出している間は、ASIO非対応のソフトから音が出なくなるらしい。

よくわからん事だらけだが、とにかく試してみる。
ASIO4ALLをDLしてexeを実行。インストールは簡単に終わった。
次は再生ソフト側の設定をする。

KORGのMS-20やLegacyCellならば
メニューのシステムをクリックして環境設定を選択
デバイスの種類をASIOに変更
ドライバ名をASIO4ALL v2に変更
サンプリングレートを48000Hzに変更
結果:音は出た

VSTHostならば
メニューのDevicesをクリックしてWaveを選択
Output PortをASIO: ASIO4ALL v2に変更
Sample Rateを48000に変更
結果:音は出た

Reaperならば
Ctrl+P
AudioのDeviceを選択
Audio systemをASIOに変更
他にドライバがないからかASIO Driverは最初からASIO4ALL v2になっている
Request sample rateにチェックを付け、48000に変更
結果:音が出なくなった。レベルメーターは動いているが音は出ない。
もしもーし!?

なんでReaperだけ音が出ないの?
私がReaperの使い方を学んだサイト
http://pohwa.adam.ne.jp/you/music/isogi/reaper.html
には、次のように書かれている:

もし、Reaperが「音声入出力をする他のソフト」とI/Oの奪い合い(オレに音を出させろ、いやオレに録音させろ、みたいな感じでモメて、結果的に録音や再生に支障が出る)でトラブルを起こすようなら、サウンドドライバを他のものにする(やはりASIO以外のサウンドドライバの項を参照)。

私は、競合するようなソフトを使っている覚えがない。それにこの記述だとASIOを諦めて他を使いましょうという意味に取れるが、それしか道がないのか?他の情報を求めて別のサイトも探した。

http://hasuya-free.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/reaper-049b.html
によると:

MSGS(Microsoft GS Wavetable Synth、旧称Microsoft GS Wavetable SW Synth)はASIOドライバやカーネルストリーミングと競合する(どちらが音を出すかをめぐってケンカになる)ことがある。これを回避するには、オーディオの再生を(ASIOなど出力を占有する仕様の経路ではなくDirectSoundで行うのが確実である。

このサイトでもやっぱり、ASIOを諦めて他を使いましょうという意味に取れる記述をしている。でも新情報がひとつあった。Microsoft GS Wavetable SynthはASIOドライバと競合する!私は以前にReaperでMIDI再生用にMicrosoft GS Wavetable Synthを使っていたことがある。今ではもう使っていないから、Microsoft GS Wavetable Synthは使っていない気でいた。私が使っていない気でいても、Reaperが勝手に呼び出している可能性がある。

Reaperの初期状態ではMicrosoft GS Wavetable Synthは認識されなかった。ユーザーである私が設定画面でチェックを付けて初めて認識された。ということは・・・

Reaperを起動
Ctrl+P
AudioのMIDIを選択
MIDI outputs to make availableの
Microsoft GS Wavetable Synthのチェックを外す
Reaperを再起動
結果:音は出た

問題解決。

コメント(0) 

標題電子ミュジーク・コンクレート(13) [  標題電子MC(補完計画)]

1.MS-20ユーザーのためのXILS 3基本操作




目次

1-0. はじめに

1-1. XILS 3の構造とマトリックス(パッチパネル)の使用
1-1-1. 各モジュールの完全独立
1-1-2. マトリックスの使用
1-1-3. ミキサーに代わる出力LEVELつまみ

1-2. 各モジュール(基本モジュールのみ解説)
1-2-1. VCO
1-2-2. VCF
1-2-3. EG/VCA

1-3. 音声出力部




1-0. はじめに

この記述は、ソフトウェアシンセサイザーXILS 3の使い方を、(1)英語のマニュアルを読むのが面倒くさい日本人が気楽に読める日本語簡易マニュアルとして、(2)実際にXILS 3をいじってみてマニュアルに書かれていないが初心者時は注意したい事を書き加えて少しだけ実用性を増すようにと書かれている。(3)シーケンサー機能や外部入力機能(MS-20のESPに相当)を使わずにシンセサイザーとしての基本機能に限るならば、この日本語記述とそこからの類推でXILS 3の使い方がわかることを目指している。

欠点として、(1)私自身が超初心者である。その初心者が英語マニュアルを読みつつ実際に試しながら記述しているので、至らない点、今後修正されうる点がある。(2)XILS 3はあまりにも多機能なので、その全モジュールについて一気に全部調査することも日本語解説を書くことも私には無理があった。そこで、シンセサイザーとして基本的なVCO、VCF、VCA+EGとその周辺について「XILS 3操作の基礎を固める」という書き方をしているが、裏を返せばそれ以外(シーケンサー機能等)には触れていない。(3)私が使っているXILS 3は無料の機能制限版なので、音色バンクの保存等はできない。それでこの記述も機能制限版で実現可能な範囲内のことを書いている。




1-1. XILS 3の構造とマトリックス(パッチパネル)の使用

1-1-1. 各モジュールの完全独立

XILS 3はVCOやVCFなどの各モジュールが完全に独立しており、それらの出力/入力をマニピュレーター(エンジニア兼演奏者)が「マトリックス」と呼ばれるパッチパネルを使って接続することで音が出る。




1-1-2. マトリックスの使用

パッチパネルの使用という意味ではMS-20とコンセプトが似ているが、さらに徹底している。MS-20ならばVCOからVCFを経てVCAまでの音声ストリームと、キーボードからVCOへなどのCVストリームには既定のお膳立てがあり、パッチパネルを使わなくても「もっともありがちな接続」が内部で出来ているが、XILS 3にはそういうお膳立てがない。完全に自由な接続が可能な分だけ、接続しても無意味な組み合わせも当たり前に存在し、マニピュレーターには信号の流れを完全に把握して「マトリックス」にピンを刺す技量が要求される。マトリックスにひとつもピンが刺さっていない状態は、キーボードから最終出力まで何も接続していない状態を意味し、音が出るはずがない。

xils3_matrix.png
「マトリックス」は規則正しく穴の開いた四角形のボードで、イメージ的にはボードの裏側に縦横に何本ものコードが平行して走っているかのような動作をする。穴にピンを刺さない状態では縦のコードと横のコードの交差点は接続していないが、縦横のコードの交差点にある穴にピンを刺すとその部分でコードが接続するというイメージだ。もしも横のコードがVCOの音声出力で縦のコードがVCFの音声入力ならば、これでVCOとVCFがつながったことになる。

マトリックスの左側には全部の出力が書かれ、各出力の表記から水平にたどる一列分の穴が、その出力(上の喩えの「イメージとしてのコード」)を意味する。マトリックスの上側には全部の入力が書かれ、そこから垂直にたどる一列分の穴が、その入力を意味する。マニピュレーターは穴にピンを刺す(実際にはピンの抜き差しはマウスのクリック)ことで目的の接続を得る。




1-1-3. ミキサーに代わる出力LEVELつまみ

前述のとおりに各モジュールは独立し、マトリックスを介して接続されるが、ここでMS-20の動作と比べてみたい。MS-20が同様の動作をする際には時としてミキサーが必要になる。たとえば2つのVCOの音声出力とHPFの間にVCO MIXERがあるように。もしもこれがないと、2つのVCOからの音声をどんな比率でHPFに入れるかが指定できない。XILS 3はミキサーのかわりにマトリックスという方法を用いており、マトリックスの部分にボリュームを付けるわけに行かない。そこで、基本的に各モジュールの中に出力LEVELつまみが存在する。




1-2. 各モジュール(基本モジュールのみ解説)

あまりにも沢山の情報があるので、今は最低限必要な基本的モジュールに絞って見てゆく。

1-2-1. VCO

VCO1(および各VCOに共通部分の説明)

xils3_vco1.png
3つあるVCOのうちの1番目。つまみ類は右パネルの左上にある。

モジュールのつまみのうち、いちばん左側にある大きなつまみはVCOの発振周波数を調整するつまみだが、複雑な構造と操作法になっている。この大きなつまみは中央部のつまみと外側のリングに分かれており、外側のリングはオクターブごとの音程シフトとLOW(VCOをLFOとして使える)を切り替える。中央部のつまみは音程の微調整だが、これをマウスの左ボタンでいじると粗い調整、右ボタンでいじると細かい調整ができる。

SHAPEつまみは波形の変更だが、MS-20のパルス幅変更とは違い全波形に影響する。サイン波にも変調がかかり倍音が現れる(試してみたが、これは結果がわからなかった)。鋸歯状波は追加の鋸歯波形を生む。矩形波(VCO2とVCO3にある)はパルス幅の変更。三角波(VCO2とVCO3にある)は立ち上がりが変化して鋸歯状波になる。

LEVELつまみは2つある。各VCOは2つの波形をもち、それぞれの波形にLEVELつまみがある。2つの波形の比率を調整しつつミックスして出力可能。ただし、出力はこのつまみだけでなく、マトリックスの接続も関係していることを忘れてはならない。たとえば鋸歯状波をFILTER(VCF)に入力して音を出している最中に、サイン波のLEVELをいじっても音は変わらない。

VCOへのCV入力は、左パネルでMATRIXタブをクリックした時に現れるマトリックス(左上)で確認・設定できる。基本的な接続は、KEYB 1をOSC FREQの1,2,3すべてと接続する。これに関連するものとして、同じ左パネルでKEYBOARDをクリックした時に右上のほうに見えるKEY FOLLOW 1つまみがある。普通はCVをVCOに渡して正しい音階を発振するために、つまみが中央(Range: 50.00)にセットしてある。なお、キーボード出力KCVはVCO以外のCVとすることもあるので、そのために別個にKEYB 2出力とそのレベル調整用KEY FOLLOW 2つまみがある。

VCOからの音声出力は、右パネル左下のマトリックスで他のモジュールと接続する。たとえば、もっともありがちな接続であるVCFへの接続をするならば、まず、どのVCO(1~3;複数選択可)の、どの波形(複数選択可)を出力するか決める。MS-20のように半分お膳立てされたパッチワークとは異なるので注意:各VCOごとでなく、VCOの個々の出力波形ごとに「接続するかしないか」を決める。ここで接続しなかった波形は、たとえそのVCOを(もうひとつの波形で)接続したつもりになっていても、もちろん出力されない。(でもモジュールのつまみ類が並んでいるセクションでは、いかにも波形が有効なようにつまみを操作できてしまうからまぎらわしい。)そして、決めた波形(複数あるならば全て)をSIGNALSセクションのFILTERに接続する。




VCO2についてはVCO1に準じるので解説しない。

VCO3
xils3_vco3.png
VCO3も基本的にVCO1/2と同じだが、左パネルでMATRIXタブをクリックした時に現れるマトリックス(左上)にVCO3の音声出力がある。このマトリックスはCVを接続するためのもの。つまり、VCO3の発振周波数をLOWに設定してVC-LFOとし、これをVCO1、VCO2、VCFなどのCVとする意図がある。XILS 3にはLFOというモジュールがなく、必要に応じてこのVCO3をLFOとして使う。




1-2-2. VCF

xils3_vcf.png
XILS 3のVCFはLPFひとつであり、HPFはない。

モジュールのつまみ類は右パネルの右上に収まり、FILTER OSCILLATORという名前が付いている。いちばん左側はLPFのカットオフ周波数、その右が一般にレゾナンスと呼ばれるもの(MS-20ではPEAKと呼ばれる)。レゾナンスつまみを右一杯に上げると入力なしでも共振して音を出すのは教科書どおりだが、そのモードが3種類設けられており、トグルスイッチで切り替える。試してみたところ、トグルスイッチが下の状態では自己発振にならないようだ。

いちばん右側のつまみは音声出力LEVEL。「マトリックス」を使ってVCF以外の音声出力とミックスする場合は、このLEVELでVCFの音量を調節することになる。

VCFへの音声入力とVCFからの音声出力はどちらも右パネル左下のマトリックスで他のモジュールと接続する。

VCFへのCV入力は、左パネルでMATRIXタブをクリックした時に現れるマトリックス(左上)と、右パネル左下のマトリックスの2つに分かれている。カットオフ周波数をエンベロープに連動させるには、右パネル左下のマトリックスのTRAPEZOIDをCONTROLSセクションのFILTERに接続する。連動の強さはENVELOPE SHAPERのTRAPEZOIDのLEVELで決める。カットオフ周波数をキー音程に連動させるには、左パネルでMATRIXタブをクリックした時に現れるマトリックス(左上)を使う。いまVCOのKCVとしてKEYB 1を使っているならば、使っていないほうのKEYB 2をFILTERに接続する。次に、同じ左パネルでKEYBOARDタブをクリックすると、右上にKEY FOLLOW 2つまみがある。これでKCVの効きの強さを調節し、同時にFILTER OSCILLATORのFREQUENCYでCV全体のゲインを調節する。




1-2-3. EG/VCA

xils3_eg.png
XILS 3は各モジュールが独立しているが、VCAは例外的にEGと一体化している。つまりこのEGは、(マトリックスを使用してVCOやVCFのCVに併用するのは可能だが)常にVCAを通して音声出力する時に使われ、それ以外の特殊用途には使えないことになる。

XILS 3のEGは特殊な仕様だ。よくあるEGはADSRの4パラメータを備えるが、XILS 3のEGはtrapezoid(台形)と命名され、エンベロープを台形として扱う。各パラメータや2つの出力LEVELについてマニュアルには何も書かれていないので、試してみるしかない。また、ぜひともADSR式のEGをと望むユーザーのために、[ENVELOPE SHAPER]の文字をクリックするとADSR式のEGに切り替わるようになっている。

マトリックスを使った入出力の接続は、上記のとおりこのEGがtrapezoidと呼ばれるので、ENV.と書かれている部分だけでなくTRAPEZOIDまたはTRAPEZと書かれている部分もEGの入出力だ。(基本的にEG用のトリガーやエンベロープに関係する名称としてTRAPEZ(OID)、VCAの入出力である音声信号にENVの名称が使われているようだ。ただし例外としてMS-20のESPに相当する機能ではエンベロープがENV. FOLLOWと書かれている。)また、CVとしてはEGへのトリガーだけでなく、DECAYパラメータもCVでコントロール可能のようだ。これらについてはマニュアルに詳しく書かれていないので、試してみるしかない。今のところ、右パネル左下のマトリックスのENV. SIGNALが音声出力、SIGNALSセクションのENVが音声入力を意味し、左パネルでMATRIXタブをクリックした時に現れるマトリックス(右上)のKEYB ONとKEYB OFFを両方ともTRAPEZに接続するとトリガーになることは確認済み。




1-3. 音声出力部

xils3_main_level.png
XILS 3のEG/VCAを通った音声は、2系統の音声出力部に入る。

マトリックスの基本的な接続は、右パネル左下のマトリックスのENV. SIGNALをSIGNALSセクションのOUT 1とOUT 2の両方に接続する(もちろんEGにはVCF等からの音声が入っているものとする)。この音声出力はCVによるコントロールも可能だが、普通はそこまでしないだろう。

2系統の音声出力部に入った音声は、まずOUTPUT FILTERというスタティック・フィルターを通る。OUTPUT FILTERのつまみは右パネルの中央右寄りにある。大事なのは、このフィルターを使わないならばトグルスイッチを中央(OFF)にしておくということだ。これを忘れると、VCF以外のフィルターもかかった音が出てしまう。このOUTPUT FILTERのON/OFFはマトリックスのピン差し込み状態からはわからないので、忘れやすい。

2系統の音声出力は、そのままステレオ出力の左と右になるのではない。右パネルの右下に2系統それぞれのPAN EXT.があり、ステレオ出力での左右の位置を設定できる。また、2系統それぞれのLEVELもある。

全体の音量調節つまみは右パネルの右端、電源ボタンらしきものの下にある。

コメント(0) 

標題電子ミュジーク・コンクレート(12) [  標題電子MC(補完計画)]

1. リング・モジュレーター、MS-20は見捨てXILS 3を使う
2. 次回予告。XILS 3の操作方法




1. リング・モジュレーター、MS-20は見捨てXILS 3を使う

仏教に筏の譬えというのがある。川を渡るのに絶対必要で大事だった筏も、川を渡り終えたらその場に置いて先へ行くのが正しいように、「教え」ですら捨てるべき時がある、という。私は子供の頃にMS-20に憧れ、それの本をページの端がケバ立つまで読んだ。大人になってからソフトウェアとしてだがMS-20を手に入れ、操作することができた。しかし今、私は人生補完計画という「おおいなる目的」のために先へ行かなければならない。

私が作る2曲目「梵鐘」は、使う音の高調波と、音を置く間隔である「間(ま)」だけが重要だ。高調波成分にこだわる・・・つまり今度の曲は、「何となくそれらしい音」では済まされない。心にしっくり来る音色を見つけるまで試行錯誤し続けるだけのこだわりが必要だ。具体的には、梵鐘だからアナログシンセのインターフェイスをもつソフトならばリング・モジュレーターが適している。

MS-20は2つのVCOをもち、そのうちのVCO2は音源としてリング・モジュレーターも選択できる。リング・モジュレーターは2つの入力から1つの出力を導き出すエフェクトだが、MS-20の場合は内部的にVCO1とVCO2が2つの入力として暗黙のうちに使われ、1つの出力は上記のとおりVCO2の出力として可能になっている。VCO2にかんしては、まさかリング・モジュレーターの出力をそのままリング・モジュレーターの入力にするとも思えないので、内部的にリング・モジュレーターの入力用には他の波形が使われているのだろう。リング・モジュレーターの音色を変えるには2つの入力の波形とピッチを変える。とくに2つの入力のピッチをずらすのが重要だ。MS-20ではVCO2のPITCHを変更することにより音色を変えられる。

早速私はMS-20のリング・モジュレーターを試した。早く梵鐘の音を再現したかった。ただ、一抹の心配はあった。一口にシンセサイザーと言っても、実際には出てくる音には機種ごとの個性がある。VCO2をRINGにし、PITCHをいじったり、音を丸くするためにLPFをいじったりした。でも心にしっくり来る音色が作れなかった。

やはり昔もっていたデジタルシンセ(KAWAI)と同様の音を別の会社のシンセに求めても無理だったか、と私は困った。でもひょっとしたら、と考えた。少し前の記事でVCS3と間違えてぬか喜びしたXILS 3を試してみよう。前に書いたとおり、フリー版は音色の保存や呼び出しが出来ないので、使うたびに音色を再設定しなければならない。しかし、いっそ使えないわけではない。私はXILS 3の使い方を知らないが、こういうのは一生懸命試行錯誤するうちにわかるものだ。事実、必要な部分だけはわかってきた。リング・モジュレーターの音にEGをかけて出力した。ピッチを調節した。すると、梵鐘らしい音になってきたではないか。

ここで、MS-20とXILS 3のリング・モジュレーターの音を聞き比べてみたい。ピッチのつまみを回して、いくつかの音を出してみよう。減衰音の末尾で音程が変わることがあるのは私がピッチのつまみを回したからで、リング・モジュレーターの効果ではない。それから、MS-20もXILS 3も、どちらもLPFをかけて耳障りなキンキンの高調波は取り除き、音を丸くしてある。これは、私が求める梵鐘の音に近づけるためだ。

まずはMS-20のリング・モジュレーターの音。


この落ち着かない音。クラシック系よりもロック系に向くというか。

次にXILS 3のリング・モジュレーターの音。


なんと落ち着いた、柔らかな音なのだろう。機種によりこれだけの違いがある。

そういう事情で、私は現在の2曲目「梵鐘」にはMS-20でなくXILS 3を使う。また3曲目以降でMS-20の音が合うならば、あるいはLegacyCellの様々な機能を必要とするならば、その時点でコルグに戻ろう。




2. 次回予告。XILS 3の操作方法

梵鐘の音を出すのにXILS 3を使うと決まったので、私はすぐにもXILS 3の使い方をマスターしなければならない。上にリング・モジュレーターの音を出したことからわかるように、すでにいいかげんに色々いじって音は出ている。でも、沢山のつまみのほとんどが意味不明だ。MS-20とはずいぶん違うので面食らっている。「これでいい」と思って音を曲として残した後で、つまみの設定にいいかげんな所があったと知って後悔したくない。だから使い方をマスターしなくては。

コメント(0) 

標題電子ミュジーク・コンクレート(11) [  標題電子MC(補完計画)]

1. 次の曲「梵鐘」
2. (読み飛ばして)
3. 曲「梵鐘」が意図するもの
4. 次回予告。リング・モジュレーター




1. 次の曲「梵鐘」

最初に作った曲は、途中でギブアップしないように一番簡単な曲にした。西洋音階の曲だけが「音楽」だと信じ込んでいる人にはそもそも曲に聞こえないかもしれないが、たとえばミュジーク・コンクレートだって正しく音楽というカテゴリーに入っている。ましてシンセサイザーという楽器で演奏しDominoとReaperで編集した物が曲でないはずがない。

最初の曲は中学生だった私がタンジェリン・ドリームのルビコンを聴いて、それが私の脳裏で変化したイメージだった。さて次の曲「梵鐘」は、それとは成り立ちが全然違う。中学時代に感性で浮かんだイメージではなく、大学時代に理性で考えたイメージだ。

タンジェリンとの出会い以来アナログシンセサイザーに憧れた私だったが、中学生の小遣いで高価なシンセサイザーが買えるはずがなく、結局私がシンセを買えたのは、世の中がデジタルシンセの時代になってからだった。VCOもVCFもVCAもなく、すでに「実験的発振器」としての側面を失っていたデジタルシンセは「ただの楽器」に成り下がっていた。それでも私はめげずにそれで音作りをした。大作は中途で眠りにつき、数十年ぶりに再開しようとしたらデジタルシーケンサーが壊れていたというのは前に書いたと思う。いっぽう大作でなく小品ならば、曲として完成していた。その小品のうちのひとつが「梵鐘」だ。




2. (読み飛ばして)

完成した小品は2つあったが、どちらもシーケンサーが壊れた時点で再生不可能となった。「梵鐘」以外のもうひとつの小品は、おそらく復刻版を再制作する事もないだろうからついでに書いておく。

当時私は若かったので、神保町の芳賀書店にも行った。芳賀書店と書いても地域ネタになるから別の地域の人にはチンプンカンプンだろう。ここは女人禁制の書店だ。エロ本専用の店として有名なのだ。エレベーターに乗って何階だかに行くと、そこは1フロアがまるまるエロ本の書架だらけだった。一種特別な世界だった。その書架の中に、私は1冊の少女漫画を見つけた。再確認するが、少女漫画風のエロ本ではない。本物の少女漫画だ。考えてみてくれ、エロ本売り場なんて普通、どんなに探してもエロ本しかない。その中身はおおかた想像の通りの物だ。「期待や夢に胸膨らませて」来る男はいないだろう。ところがそういう掃き溜めに、何の因果か美しい一輪の花が咲いていた。私はエロ本なんか買うよりもずっと感動して、それを買って大事に家へ持って帰った。

そのコミックスの最初の収録作品は確か「りる・ろん・ろん」というタイトルだった。数十年前の記憶なのでどこまで正確かわからないが、ヨーロッパかどこかの売れない作曲家がいちおう主人公だ。乗り合い馬車に乗っている。乗り合いだから、いろんな人が乗る。銀行の頭取も乗れば、異国の客人も乗り、ロブスター(売り物?)を持ったばあさんも乗る。そこへ刑事が少女を連れて乗り込む。少女を売春宿から保護してきた所だという。馬車の客も御者も、少女を白い目で見て避けようとする。この後、売れない作曲家の曲作りをみんなで手伝ううちに少女にたいする偏見が解けて馬車は港へ着くという話(端折りすぎ)だが、なんと完成した曲の楽譜がコミックスに載っていた。当時デジタルシンセを購入済みだった私は、この楽譜をシーケンサーに打ち込んだ。それが、完成した小品のもうひとつだ。

曲自体はどこかで聴いた事のあるメロディーで、たぶんウィーンのワルツだと思う。私はこの時、2つの事を学んだ。まず、楽譜を譜面どおりにシーケンサーに打ち込んでもロボットの動きみたいに退屈な演奏にしかならないという事。その演奏には一切の表情がない。溜めも、強調も、さらりと流す部分もない。もうひとつは、ヘッドフォンで音のチェックをするのは危ないという事。前に一度書いたが、ヘッドフォンはスピーカーに比べて音の強弱がわかりにくいので、私は強弱がはっきりわかるまでベロシティをいじった。友達がうちに遊びに来た時にこの曲を聞かせようとした。2人で聴くからヘッドフォンでなく、ここで初めてスピーカーから音を出した。そうしたら、ある部分まで来て音がボン!と大きくなり、友達は驚き私は自分の失敗に気づいた。

上記「りる・ろん・ろん」を再度シーケンサーに打ち込んでコミックスの対応ページ(馬車の客が売れない作曲家を手伝って音符を紡ぎ出すシーン)から絵を拝借して動画を作れば、少しはブログのアクセス件数が増えるだろう。(コミックスは捨てた記憶がなく、きっとまだ引き出しの中にある。)でも、私の関心はアクセス件数にない。もっと大事な、過去の自分のサルベージ、人生補完計画にある。だから私は、他人が作った曲「りる・ろん・ろん」ではなく、自分が作った曲「梵鐘」にとりかかる。




3. 曲「梵鐘」が意図するもの

まず初めにはっきり書いておく。この2曲目「梵鐘」は、前回の1曲目Rubicon-Originよりもさらに「大衆向きでない」。

大学生当時、私はタンジェリン・ドリームのZeitを愛聴していた。中学(高校)時代にはPhaedra, Rubyconが好きだったのに、好みが変わり始めていた。Zeitのゆっくりとした時の流れ、それを夜に布団の中でヘッドフォンをして聴いた。聴きながら心はどこかへトリップし、心臓の鼓動は落ち着いた。

当時の私は、曲のもつビートの意味を考えていた。大昔のどこかの原住民の演奏は、おそらく儀式的な要素を含みつつ、その打楽器によるビートで心臓の鼓動を速め、心を高揚させ、非日常へと誘ったのだろう。現代の曲でもビートの速さは、聴く人間の状態に影響する。速い曲を聴けば基本的に人は高揚し、スローテンポの曲を聴けは落ち着く。では私自身はどうなんだ。一体どんなビートを求めているんだ。そう私は考えた。

私が求めていた物は、大昔のどこかの原住民がやっていた魂の高揚と対極の位置にある「静」の音楽だった。曲のテンポをゆっくりとし、それを聴く自分の心臓の鼓動を静め、自分の存在を周囲の物理的存在に溶け込ませ一体化し、涅槃の地へ至る。そのための手段としての音楽。それが当時の私が目指す物だった。

そういう曲を作るとして、どんな音を採用するか。当時もっていたデジタルシンセを色々いじって、私は偶然に梵鐘らしき音を作り出した。音色のパラメータをいじるうちに、一口に梵鐘と言っても微妙に音色を変えるとイメージが変わる事もわかった。それは時に現実的な鐘の音となり、時にまるで非現実のような、あの世の音となる。こう書くと、これを読む過半数の人は「ボーンという音は所詮ボーンだろ?」と思う。それが普通だ。でも当時の私の感覚は普通を超えていた。それは音楽の聴き方に表れていた。私はタンジェリン・ドリームのStratosphereを聴く時、メロディーを聴いていなかった。楽器音の倍音構成を聴いて酔いしれていた。これはアナログシンセで音を作る人間にとってそんなに特殊な事ではない。楽器音をシンセで作ろうとする時はその音がどんな高調波をもっているかを考えて発振器の波形を選び、さらにフィルターのかけ方を考える。その音作りテクニックが音楽リスニングに移行しただけの話だ。ただ、一般人からすれば理解不能だろうな。

結局、曲「梵鐘」にはメロディーがなく、リズムもなく、音の高低変化すらない。あるのは2つ。音の高調波の違いと、音と音との間にある「間(ま)」だ。この曲は、その2つを全神経を傾けて享受するうちに精神と心臓の鼓動が静かになり、トリップしつつ眠りにつけるという物だ。その時の体調や精神状態により、曲を最後まで聴かないうちに眠り込んで朝を迎える事もある。あるいは最後の梵鐘の音を聴くまで目が覚めている事もあるが、その時すでに心も体も静かになっており、眠る少し前だ。

私という人間は考案者だから、何も言われなくても初めから上記の事を知っている。しかし私以外の人間は、それを初めに理解しておかないと大きな誤解をする。「なんだこれは。音が1つだけボーンと鳴ったら、後は何も音が出ないじゃないか。忘れた頃にまた1つボーンと鳴った。これはMIDIデータの設定を間違えたまま演奏させたんじゃないのか?」と、曲が間違っており自分が正しいと信じて疑わないだろう。しかし実際には上記の通り、この曲はそれで正しい。




4. 次回予告。リング・モジュレーター

梵鐘の音といえば、アナログシンセではリング・モジュレーターだ。MS-20のリング・モジュレーターは(内部構造は別として)表面を見ると入力が2つ見当たらないという変なリング・モジュレーターだ。私はこれからそれに取り組もうと思う。

ところで、そろそろ記事掲載の頻度を下げようと思う。今まで、この記事とMS-20のために時間を使いすぎた。人間、仕事とか家事とか、他にやるべき事がある。

それに、上の記事ではまだ書いていないが、曲「梵鐘」の「間(ま)」を決定するには1ヶ月かそれ以上かかる。普通のMIDI演奏や編集の部分はほとんどなく、それに時間はかからないが、それ以外の部分、音色作りと「間(ま)」の取り方は、ほんの一時期だけの自分の感覚を信用してはならない。暫く何もせず、忘れた頃にもう一度試して音色と「間(ま)」が適切かどうかをチェック。それもまたその時だけの精神状態による間かもしれず、さらに暫く何もせず、忘れた頃にまた試すという、ものすごく長い試行錯誤の時間が必要になる。あなたにとって「ただのボーンという音」や「なんにも音の出ない時間が続く」でしかない物も、創る私にとっては自分の体を実験体にして何度も試した結果なのだ。そういう事情で、今後の記事掲載は頻度が下がるだろう。

コメント(0) 

標題電子ミュジーク・コンクレート(10) [  標題電子MC(補完計画)]

1. ゼンハイザー・マイク、残念ながら接続コードなし
2. ヴォーカルシンセならぬオーディオ入力シンセ
3. Reaperでの音量調節心得
4. Rubicon-Origin、ひとまず完成




1. ゼンハイザー・マイク、残念ながら接続コードなし

前回の実験で、MS-20をヴォーカル・シンセサイザーにするには良質の録音機材と録音環境が必要だとわかった。それで私がどうしたかというと、天袋の奥から、はるか昔大学生時代に買ったヴォーカルマイクを引っぱり出してきた。当時の私は歌を歌いたかったのではなく、ミュジーク・コンクレートのために自然界の録音をしたかった。ところが選んだマイクが、家に帰ってよく説明書を読んだらヴォーカルマイクだった。ゼンハイザーとかいう会社のマイクらしい。品物は悪くない。ノイズはとても少ない。ところがこれが、当時の私には逆に仇となった。当時の私は、明るい音が録りたかった。水の音、風の音、虫の音、すべて明るい音として録りたかった。でもこのマイクで録ると何でも暗い音になった。これはつまり、サーというノイズが入っていないからなのだが、それが当時の私の求めるイメージと違った。皮肉な事に、もっとずっと安いウォークマン用エレクトレットコンデンサーマイクのほうが明るい音(サー音付き)が録れた。

今日、私はどちらのマイクも発見した。ウォークマンプロフェッショナル用のマイクはとっくにないと思っていたが、なんと偶然にも出て来た。あのT字形したやつ。ボタン電池まで一緒に出て来た。LR44とかいうの。数十年前の電池だぞ。使えないと思ったが、試しにこのボタン電池をマイクに入れて、それをPCのマイク入力に接続してみた。小さいが、音が聞こえたぞ。信じられん。

ゼンハイザーのほうは、造りからしてウォークマン用マイクとは大違いだ。マイク自体の造りも堅牢だが、一番の違いは、ON/OFFのスイッチ。これを操作するたびにいちいちノイズが出ないような作りになっている。ところが接続端子を見てびっくり。こんな端子、知らないぞ。やがて記憶が蘇ってきた。これに合うメスのほうの接続端子にコードを付けて反対側に標準プラグを付けたのを昔もっていた。そりゃそうだろう、私は若い頃にTASCAMのPORTA05に無理やり乾電池をくっつけて野外へ持ち出して、このマイクで自然音を録っていたんだから。(ただしPORTA05はウォークマンとは用途が違うから、揺れにものすごく弱い。移動しながらの録音で揺れるとすぐに音が歪んだ。)それから私は天袋や押入れを探し回った。MIDIケーブルなら何本も出て来た。標準プラグのケーブル(自作シンセサイザーのパッチ用にアキバで買ったパーツを半田付けして作った)も沢山出て来た。でもマイク用のコードは出てこなかった。以前に大掃除をした時に、いろんな物を捨てた事がある。あんな見た事のない接続端子のコード、捨てたかもしれない。

残念だが、私はせっかく出したゼンハイザーのマイクをまた天袋の奥に仕舞った。




2. ヴォーカルシンセならぬオーディオ入力シンセ

ノイズの少ないマイクを使ってMS-20をヴォーカルシンセとして使いまくるという計画は、おあずけとなってしまった。それならば、あれをやろう。今作っている曲の後半を子供の頃の私が口笛で吹いた録音が見つかったという件。これをMS-20のESPに通し、口笛そのものでない別の音にする。

この口笛はカセットテープに録音したものだから、ヒスノイズは入っている。このままESPに入力したら、マイクの時のように変なCVが出てしまう。しかし世の中にはすごい人がいて、フーリエ変換を利用してヒスノイズを除去してくれるフリーソフトがある。これでまずカセットテープ音声からヒスノイズを強力に取り除く。その結果はwavファイルとして出力されるので、これをReaperへマウスでドラッグ&ドロップする。このトラックのfxとしてVST: MS-20FX (KORG)を設定。MS-20FXはESPを使う設定にする。ただ、元の口笛の音程に出来るだけ忠実にVCOを発振させようとしたら、どうも恥ずかしい出来の物になった。そこであえて音を変質させる。思い出の中の曲のラストは高く明るい音だったなあという記憶から、VCOの発振を1オクターブ上げる。このままでは恥ずかしい出来に変わりはない。エフェクトをかける事にする。fxにAddしてVST: MDE-X (KORG)。効果はCathedral、DRY/WETつまみをWet側一杯に回す。はい、何だかわかんない音の出来上がり。聞いてみたら、まるでタンジェリン・ドリームのPhaedraの最後に子供達が残響つきで喋っているような感じになった。実は私の思い出の中の感じとは違うんだが、今は他の音を作り出せそうにない。ひとまずこれで完成としよう。将来的に手直しするかもしれないが。




3. Reaperでの音量調節心得

私はずっとMS-20を使って、つまりMIDIを使って録音をしてきた。先ほどの、曲の最後を作るのに初めてwavの形でReaperの編集を試した。ずいぶん事情が違うなあと感じる。そこで備忘録の意味で記録しておきたい。

<<midの音量にはMIDIのベロシティとエクスプレッションを使え>>
トラックに入っているのがmidならば、録音時に有効な音量調節はReaperのフェーダーではなくMIDIのベロシティとエクスプレッション。録音時にフェードインのつもりでトラックのフェーダーを上げても影響しない。Reaperのトラックでのフェードイン/フェードアウト(下記wavの場合を参照)も使えない。フェードインはノートの冒頭での音量(ベロシティ)には影響するようだが、その後のエクスプレッションによるフェードインは実現できない。

<<wavの音量にはReaperのフェーダーとフェードイン/フェードアウト機能を使え>>
トラックに入っているのがwavならば、フェードイン/フェードアウトは録音後にReaperで行える。トラックのwavの帯の左端にマウスポインタを持って行くとフェードイン、右端に持って行くとフェードアウトのマウスカーソルになる。その状態でドラッグ。ドラッグのかわりに右クリックすると音量変化のカーブ種を選択/変更できる。その他にwavの帯の上辺にマウスポインタを持って行くと音量調節ができるが、この調節とフェーダーとの関係は未調査。




4. Rubicon-Origin、ひとまず完成

Reaperのトラックは全部で4つとなった。電気音(もとオルガン音)、電子音ピピ、何かがうごめいている音、末尾の適当な音。少し手直しをした。電気音の音程変更から電子音ピピまでの時間がイメージと違ったので電気音のノート開始時間を少しずらした。何かがうごめいている音の最初と最後はフェードイン/フェードアウトに変更、そのためにノートにエクスプレッションを付加、それを実現するためにはMS-20単独ではなくLegacyCellのMIDIコントローラーも必要になった。だからReaperでこの曲のprojectを呼び出したら電気音(もとオルガン音)と何かがうごめいている音の両方にMIDIコントローラーの設定を読み込まなければならない。(MIDIコントローラーの設定はどちらも同じCC11:Expressionなので、設定保存ファイルは共用できる。)

電子音ピピが常に2回ずつ鳴るが、一部で1回だけにし、電気音を短くする事も考えている。これは別の機会に別個に試す。

曲名:Rubicon-Origin
制作者:P.D.
ジャンル:電子音楽
使用音源とソフト:MS-20、whistle、MDE-X、K5 WAVE Filter、LegacyCell、ペンちゃんの不思議なけんばん、Domino、Reaper
構想:おそらく中学1年
制作:2013年9月



コメント(0) 

標題電子ミュジーク・コンクレート(9) [  標題電子MC(補完計画)]

1. 暗闇の中で何かがうごめいている
2. MS-20のAUDIO INはプラグイン動作時には使えない。MS-20FXのほうを使う
3. MS-20をヴォーカル・シンセサイザーにする方法




1. 暗闇の中で何かがうごめいている

私がどんな曲を作りたいかはすでに書いた。その中に、「暗闇の中で何かがうごめいている」という部分がある。私はこの得体の知れない何かを音にしなければならない。もちろん私はこの作業に興味がある。昨日からちょくちょく試している。ノイズジェネレーターを使いVCFとPEAKで音をこもらせ癖を付けたのが良かろうという事になった。うごめいている物は1匹だけだ。へたに残響を付けたりディレイを付加したりすると複数匹いるように聞こえてしまう。それに、今まで作った電子音ピピも電気音(もとはオルガン音)も残響かけまくり状態だから、今度の得体の知れない何かには一切の残響をかけない。

昨日は、ホイールをVCFのCUTOFF FREQ.に使い、ホイールを不規則に動かす事で、機械的・周期的でない「生き物のような」ファジーさを出そうと思っていた。ところがホイールを不規則に回しても変化がイマイチだったので、今日になって、MG(よくある言い方ではLFOというがMS-20ではMG)で周期的に音を変えてみようという気になった。MGの周期はどうしようか。速めの波で緊張感のある音にする(生き物が痙攣しているような)というのも考えたが、やはり心臓の鼓動に近い周期で生き物の脈動を表現したほうが良いと思った。音源がノイズだから、今回はどのキーを押しても音程は同じ。

VCO1の波形をノイズ、VCO2はLEVELを0にして使わない。
HPF CUTOFF 2.50、PEAK 5.50、CUTOFF FREQ. MOD. MG 0.80, EG2 1.40。
LPF CUTOFF 3.67、PEAK 5.40、CUTOFF FREQ. MOD. MG 0.80, EG2 1.80。
MODULATION GENERATOR KEY SYNC OFF, TEMPO SYNC OFF, WAVE FORM 5.00, FREQ. 0.70。
EG2 HOLD TIME 0, ATTACK 4.40, DECAY 0.00, SUSTAIN 10.00, RELEASE 4.40。

今回はLegacyCellを使うまでもない。MS-20単体で表現する。だからReaperのトラックのfxに設定するのはVSTi: MS-20 (KORG)。



なお、曲としてのwav書き出しにはReaperのRenderを使っているから良いが、上のような実験中の音色をちょっとブログ記事用にmp3化する時はステレオミキサーを使っているのでノイズ(シンセの音源としてのノイズでなくヒスノイズのような)が多い。でもまあ、そこまで神経質にならなくても良いだろう。




2. MS-20のAUDIO INはプラグイン動作時には使えない。MS-20FXのほうを使う

この曲の後半のイメージを子供の頃の私が口笛で吹いている録音が見つかった。ただし、子供の頃の私自身が明確な音階としてのイメージをもっていない部分があり、曖昧になっている。だからこれを元に鍵盤で演奏しようとしても変になったり無理だったりするだろう。そこで私は思った。これはひとつ実験的に、EXTERNAL SIGNAL PROCESSORを試してみるいい機会ではないか。

最初にひとつ確認する事がある。EXTERNAL SIGNAL PROCESSORのもっとも一般的な使い方は入力として外部オーディオ入力(たとえばギターの音など)を入れ、それを元にCVとエンベロープまたはトリガーを検出するという方法だから、その際にソフトウェアMS-20のAUDIO INをONにする。ところがソフトウェアMS-20のマニュアルに

「プラグイン動作時は、EXTERNAL SIGNAL PROCESSORのSIGNAL INにオーディオ信号を入力することはできません」

と書いてある。実際に試してみた。ReaperのトラックのfxにVSTi: MS-20 (KORG)を選択してEXTERNAL SIGNAL PROCESSORのAUDIO INのランプをクリックしたが、ONにならなかった。ついでに書いておくとHPF入力のほうのAUDIO INもONにならなかった。マニュアルの通りに、プラグイン動作時にAUDIO INは使えない。

今まで私はReaperで録音する際にトラックのfxにVSTi: MS-20 (KORG)を選択し演奏してきた。しかしMS-20のAUDIO INを使いたいならば、これ以外の方法でReaperと接続しなければならない。暫く試行錯誤した結果、解決策は意外にも簡単だった。ReaperのトラックのfxにVSTi: MS-20 (KORG)ではなくVST: MS-20FX (KORG)を選択する。こうすると、何の事はない、AUDIO INをONにできる。その際、MS-20への音声入力は単体MS-20とは異なり(単体MS-20の場合は下の3-1を参照)、Reaperのトラックのレベルメーターをクリックした時に選択できるInputだ。たとえばマイク入力をMS-20FXに入れたいならば、PCのコントロールパネルで既定の録音デバイスをマイクにし、それからReaperを起動し、トラックの赤丸をクリックしてレベルメーターを出し、もしも表示がLeft等になっていなければレベルメーターをクリックしてMono Input -> Left等を選ぶ。これでトラックにはマイクからのモノラル入力が入るはずであり、それがMS-20FXのAUDIO INに入る。

話は逸れるが私自身の備忘録として書かせてほしい。Reaperのトラックは録音時にレベルメーターをクリックしてMIDI Input以外を選べば「既定の録音デバイス」が効くようだ。コントロールパネルで既定の録音デバイスをマイクに設定すればマイクからの音が録音される。既定の録音デバイスをライン入力にするのはまだ試していないが、当然ライン入力からの音が録音されるだろう。

まずは、単体のMS-20のAUDIO INに音声を入れて、ESPを試す事から始めよう。




3. MS-20をヴォーカル・シンセサイザーにする方法

3-1. 初期設定

外部マイクを接続するならば初めにPCに接続し、もしもドライバの設定を変える等の事情があるならば済ませ、コントロールパネルの録音デバイスの一覧に目的のマイクが表示される状態にしておく。

音声入力を扱うソフトウェアには、既定の録音デバイスから入力するものと、ユーザーがあらかじめ録音デバイスを設定しておいてそこから入力するものがある。MS-20はユーザーがあらかじめ録音デバイスを設定しておくタイプだ。(だから既定の録音デバイスを変更してもMS-20には意味がない。)メニューの「システム」をクリックし「環境設定」を選択。「オーディオの設定」の中に「入力ドライバ名」がある。ここをマイクにする。




3-2. ESPへの音声入力レベル調節

ESPのLOW CUT FREQとHIGH CUT FREQはカットなしで音を開放。VCFもカットなしで音を開放。PEAKは0。

ひとまずマイクからの元音を聞く目的で、VCO1とVCO2のLEVELは0に絞り、ESPのBAND PASS FILTERのOUTをHPFのEXT SIGNAL INに入れる。ホイール出力をVCAのINITIAL GAINに入れてホイールを回す。

VCOとVCFのMODULATIONつまみはすべて0。

MS-20のESPのAUDIO INランプをクリックしてオーディオ信号を入力するモードに切り替える。それからESPのSIGNAL LEVELを調節して、マイクに向かって声を出しつつ音が最大の時だけPEAKが光るようにする。(もしも必要ならばEDIT画面左側のEXT. AUDIO GAINのINPUTも変更する。)

この時点で音声出力に遅延が生じているのに気づく。Reaperで後から音の位置を微調整する事も出来るので、今はこの件をこれ以上気にしない。

この時点でもうひとつチェックすべき事がある。PCの内臓マイクを使う場合は、ヴォーカルだけでなくPCのファンの音も拾ってしまう。無指向性マイクならば周囲の雑音もすべて拾ってしまう。ヒスノイズ状のサーという音が目立つ事もある。これらは内臓マイクでなく外部マイクを使う場合でも、マイクの種類等により生じる。そして、これらの雑音はMS-20のF-Vコンバーターに通すと全て音程になってしまう。そこで、もしも現在の環境でマイク入力にノイズが多いならば、MS-20に音声を入れる前にノイズゲートを通す。ノイズゲートを使うならば、ここでひとまず実験を中止し、MS-20は単体でなくReaperからプラグイン・エフェクトMS-20FXとして呼び出す。この場合(MS-20でなくMS-20FXを使う場合)は上記の3-1初期設定は当てはまらなくなるので無視する。ノイズゲートは必ずしもハード製品を入手する必要はなく、ソフトウェア・エフェクターを探せば無料で入手できるだろう。そしてReaperのトラックのfxに設定する。それから更にfxにAddしてVST: MS-20FX (KORG)を設定する。言うまでもないが、順番はノイズゲートが先、MS-20FXが後にするのが重要。そしてノイズゲートのパラメータを調整してうまく雑音をカットしヴォーカルだけを残したら、次の3-3へ行く。




3-3. VCOに入れるCVの調節

ESPのBAND PASS FILTERのOUTとHPFのEXT SIGNAL INの接続を外す。(自分の声はもう聞かなくていい。)

VCAのINITIAL GAINを今までのホイールからESPのENV OUTに接続変更。(これをしないと、マイクに向かって喋っていない間も始終音が鳴ってうるさい。)

ESPのCV OUTをTOTAL入力(注)に接続。VCO1のLEVELを10。波形は三角波(他も試すと良い)。VCOのMG/T.EXTつまみを回してひとまず7.0くらいにし、ESPのCV ADJUSTつまみを回してひとまず7.3くらいにし、マイクに向かって色々な音程で声を出し、声の音程の変化がVCOの音程に反映するのを確認する。(上の数値は私の声の場合。ひょっとすると声の質により設定に何らかの相違があるかもしれない。)
(注:MS-20のマニュアルではCV OUTはTOTALではなくVCO1+2 CV IN等に接続する事になっている。その場合、MG/T.EXTつまみは0のままとし、CV ADJUSTは私のMS-20ではつまみを右へ一杯に回してようやく音程が合った。)

ESPのLOW CUT FREQとHIGH CUT FREQはどうやらこの段階で調整するのが良い。音程がましに検出される値になるように調整する。




3-4. 問題点が残る

まずは聞いてもらおう。私がマイクに向かってある歌を歌い、それをノイズゲートとMS-20FXに通した物だ。私の声自体は全く残っていない。MS-20FXからの出力だけの100%Wetな状態だ。聞けばわかるが、史上最低のシンセ音。あの歌を自分で歌うのは嫌だと主張する人々でさえ、このひどい音を聞けば、自分の祖国を馬鹿にされた気分になり腹が立ってくるという史上最低のシンセ音だ。



どうしてこんな結果になったのか。VCOから出る音声がめちゃくちゃ汚いのはなぜか。これは恐らく、マイク入力のサーというノイズのせいだ。ノイズゲートを通したのでヴォーカルが発声していない時間帯は無音だが、ヴォーカルの発声中はサーというノイズも常に鳴っている。これをF-Vコンバーターが拾って電圧に変換してしまう。

もうひとつ気になる事がある。それは、かなり狭い音域でのみ、正確に音程を検出出来るのではないかという推測だ。実験中にわざと高い声を出してみたら、変なCVが出たらしく、VCOが変な音程を出した。これも、上記ノイズとの関連も考えられる。つまり高い声の周波数がサーというノイズの高い音に近づいたのでF-Vコンバーターが想定外のCVを出した可能性もある。いずれにしてもMS-20をヴォーカル・シンセとして使うならば、音の入口(マイク)で周囲のノイズを拾わないように、良い環境、良いマイクを使う必要がありそうだ。

コメント(0) 

標題電子ミュジーク・コンクレート(8) [  標題電子MC(補完計画)]

1. ReaperでのMIDI録音時にフェーダーは効かない
2. Dominoでの編集を試す
3. LegacyCellのMIDIコントローラーが必要になった
4. テンポの変更はDominoでなくReaperで行う




1. ReaperでのMIDI録音時にフェーダーは効かない

前回の実験で、Reaperの作業の中でひとつ困った事が起きた。アナログ時代ならばトラックダウン時にミキサーのフェーダーを動かせばフェードインやフェードアウトが出来た。それが当たり前だ。ところがシンセの演奏中にフェーダーを動かしても、それが録音後の音に反映しない。シンセのマスターフェーダーでもReaperのトラックのフェーダーでも同じだ。しかもまぎらわしい事に、録音中のモニター音はちゃんとフェードイン/フェードアウトする。だからてっきりその状態で録音されたと思い込んだ。

私の勝手な推測では、Reaperは本来、音をwavとして扱うのに、ここではMIDIを扱っているから複雑な事情が生じたのではないか。つまりこれらのフェーダーはMIDIの制御に関係せず、音声出力にのみ関係するので、こうなったのではないか。

いずれにせよ私は、出来上がったMIDIデータにフェードイン効果を付加しなければならなくなった。私は若い頃にMIDIを勉強したが、すでに忘れている。音量をベロシティと呼ぶ事をかろうじて覚えていたので、初めはベロシティを段階的に変化させればフェードインが実現できると思った。しかし実際に試そうとして、ベロシティがノート(音符)の途中で変更できない設定だと知った。ノートの途中で音量を変化させるにはエクスプレッションを使うようだ。

MIDIデータの編集はReaperでも出来るそうだが、今回はフェードインだ。音量を連続的に変化させるには、専用のソフトのほうが操作しやすそうだ。そこでDominoを試そうと思った。




2. Dominoでの編集を試す

MIDIデータのエディタとしてDominoを使う場合、(1)Dominoを単独で起動する方法と、(2)Reaperから起動する方法がある。

(1)Dominoを単独で起動する場合。
Dominoを起動
ツールバーのフォルダの絵をクリックしてmid(電気音、もとオルガン音だったもの)を読み込む
なんかメッセージが出るので「はい」をクリック
ノートが見えなかった。よく考えたら今読み込んだ電気音は低音なので、下方へスクロールしたらノートが見えた。

(2)Reaperから起動する場合。Reaperを起動し初期設定をする。
Ctrl+Pでプロパティを出す
External Editorsをクリック
Addをクリック。設定用小窓が出る
Extensionにmidと記入
ProgramはBrowseをクリックしてDomino.exeへのパスを設定
OKをクリック。設定用小窓が閉じる
OKをクリック。プロパティが閉じる
Reaperを再起動する
目的のトラック(MIDIが入っている)を右クリックしてOpen items in editor
なんかメッセージが出るので「はい」をクリック

MIDIデータにエクスプレッションを付加する。
ノートの下のツールバーから>(Expression)をクリック
同じくツールバーの右端にある線種から目的のものを選択
ツールバーより下の部分をマウスでドラッグして目的の線を描く

エクスプレッションを付加したmidを保存する。Domino標準のファイル形式ではReaperが読み込まないので、midとして保存する。
メニューのファイルをクリック、SWF書き出し
元のmidに上書きする
Dominoを終了する。dms形式での保存を促すメッセージが出るが、必要なのはmidなので保存しない




3. LegacyCellのMIDIコントローラーが必要になった

これで終わりというわけには行かなかった。Reaperでの演奏にMicrosoft GS Wavetable Synthを指定すれば、(DominoでProgramChangeを挿入して持続音の音色にすれば)再生でフェードインが効いた。しかしfxに指定したLegacyCellに演奏させようとすると、相変わらずフェードインが効かなかった。

エクスプレッションはコントロール・チェンジの11だという。LegacyCellやMS-20のインプリメンテーション・チャートを見た。コントロール・チェンジの欄に11がなかった。ちょっと慌てた。0から95がアサイナブル・コントロールになっていた。assignableの意味は何だ。英和辞典によると「割り当て可能」。LegacyCellの画面にそれらしき物があったがよくわからんから無視したのを思い出した。マニュアルを読み直した。

電気音(もとオルガン音)担当のLegacyCellのPERFORMANCE画面で、丸いボタンとスライダーが8つ並んでいる部分を見る
今、ボタンは必要ない。スライダーが必要だ。Slider1という部分を右クリックする
出て来たメニューからMixerを選び、MasertのFaderを選ぶ。表示がFaderに変わる
次にスライダー自体を右クリックする
出て来たメニューからControllersを選び、CC11:Expressionを選ぶ。表示は変わらない

Reaperで再生する
(電気音(もとオルガン音)パートのmidはエクスプレッションでフェードインが設定済み)
結果。フェードインは実現した。

パフォーマンス・プログラムを保存してもMIDIコントローラーの設定は保存されないので、次回演奏時にはフェードインがかからない。MIDIコントローラーの設定を保存するにはMIDIコントローラー部のKORGロゴをクリックして出るメニューからSave Controller Map。

Reaperにprojectを読み込めば、トラックのfxに設定してあるシンセサイザーも自動的に読み込まれ、その音色設定(LegacyCellのパフォーマンス・プログラムなど)も自動的に再現されるようだ。ところが上記MIDIコントローラーの設定は再現されない。このまま再生するとフェードインなしになってしまう。そこでReaperにprojectを読み込んだ直後に手作業でLegacyCellのMIDIコントローラー部のKORGロゴをクリックして設定を読み込まなければならない。




4. テンポの変更はDominoでなくReaperで行う

ここまでの出来をwavで保存しておくにあたり、気になっていた2件を手直しする。

電子音ピピと電気音(もとオルガン音)の音程はユニゾンの関係のはずなのに、どうもピピのほうが少し低く感じる。高調波の具合のせいか。電子音担当のMS-20のFINE TUNEを+2.00にした。

Dominoでの編集がReaperに反映しないケースがあるようだ。録音時にReaperのタイムラインの縦線をメトロノームがわりに使った都合で、曲は私が想定するテンポよりもいくらか早くなった。これをDominoで修正しようとした。DominoでMIDIの曲全体のテンポを変更するにはConductorトラックのTempoを変更する(後述のようにこの方法はReaperには効果がない)。
midをDominoで開き、ツールバーの一番左のコンボボックスをクリック、Conductorを選択
メニューの「挿入」をクリック、「テンポ」を選択
Tempoを設定
midを保存
もちろん2つのパートのmidはどちらも同じTempoにした。試しにDominoで演奏してみると、確かにタイムラインの線は遅く動くようになった。ところがこれを保存してReaperで演奏させると、元のテンポで演奏してしまう。ではどうすれば良いかというと、Reaperのトラックのタイムラインをいじる。PCのキーボードのAltを押しながらMIDIデータを表す帯の右端をマウスでクリックし、帯を引き伸ばすか縮める。帯の左端にPlayrate: が出るので、複数のトラックを同じテンポにしたいならばこの値をほぼ同じにする。

今回はここまでとする。2つのパートのシンセの設定は変更したので保存する。Reaperのprojectも保存する。



追伸
そろそろ書いておかなきゃならない事がある。私は音声のモニターに安くて古いヘッドホンを使っている。そのせいで、低音が聞こえなかったり音圧を感じなかったりする。つまり、私が低音が出ないとか音が小さいとか思って調整した結果、まともなスピーカーから音を出した時に低音がむちゃくちゃ出ていたり突然デカい音が鳴ったりする事がある。若い頃に一度それで失敗している。でも今、モニターに使えるまともなスピーカーがないんだ。いつの日か何とかしようと思っているが、低音がひどかったり突然デカい音が鳴ったりした時は、ご勘弁いただきたい。実は上のmp3を低音の出るスピーカーで聞いたらどうなってしまうのか、心配だ。

コメント(0) 

標題電子ミュジーク・コンクレート(7) [  標題電子MC(補完計画)]

たまたま地域新聞の占いコーナーが目に入った。私は普段占いをやらないが、せっかくだから読んでみた。運気は次第に良くなるがまだ先を急ぐなと書いてあった。うーん、と考え、今の私には向いているアドバイスだと思った。私はこの数日の間に一気にMS-20からLegacyCellの使い方を経てReaperにまで手を出している。曲を完成させそうな勢いだ。でもこれは私がよくやる過ちだ。たとえばAviUtlでの動画作成でも、知識がないうちにどんどん済ませたせいで、動画カクカクに気づいた時にはすでに沢山の動画を作り終えた後だった。ゆっくりじっくり知識を溜めてから大事な作業にとりかかるべきだったのだ。そこで今日は曲を完成させるのでなく、試しに多重録音をやってみるという程度にした。

Reaperの使い方は相変わらず適当にいじっては学んでいるにすぎない。どうやら録音時には、トラックのうち赤丸をクリックして光らせた(レベルメーターが出た)トラックが録音となり、他は再生されるようだ。

先に作ったオルガン音と電子音を合わせてみた。まずオルガン音を録音。それを再生しつつ電子音を録音。

頭の中にある音というのを実際の音として表現するのは難しいと知った。音を作った時にはオルガン音として良い出来だと思っていた。ところが曲全体の中ではオルガン音の高調波が目立ちすぎる。音が明確に鳴ってしまい、ぼやけた感じが出ない。もっと、どこかで鳴っている感じにしたいのだが、リバーブを効かせてもそうなってくれない。音量を絞ってもそれだけでは音が小さくなるだけで音自体は明確であり、ぼやけない。

頭の中ではオルガン音の音程を変えると独特の感じが出るのに、実際に音にすると2つの音程の間を行き来するのはただの間抜けに聞こえる。

電子音との差別化を図る目的でオルガン音を中央でなく左寄りで鳴らしたが、これだとセンターから何の音も出ず、オルガン音が左から聞こえるのが変だ。オルガン音をセンターに変更。

オルガン音のマスターエフェクトがSpace Reverbだったが、これの残響にある不協音がどうも気になる。それに長く伸ばす音ではSpace Reverbでも残響を感じない。Cathedralに変更、さらにDRY/WETつまみをWet一杯に。

「ペンちゃんの不思議なけんばん」でオクターブ調節をし、PCキーボードの同じキーを押してもオルガン音と電子音とでピッチを変える。オルガン音は低く、電子音は高く(独特のこもりも表現したいので高くしすぎない)。その上でキーXとZを使う。

電子音を鳴らすタイミングがわからない。自分でオルガン音を演奏したのだからそれを思い出しつつ電子音を鳴らそうとするが、タイミングが変になり電子音のすぐ後でオルガン音の音程が変わったりする。人間の感覚とは曖昧なものだ。Reaperのタイムラインが2秒おきに縦線で区切られているのに注目した。今私が作りたいのはどうせ電子音楽なのだから、この縦線を目安に定期的に鳴らそう。縦線2つおきに電子音を鳴らす。

冒頭のフェードインを表現するのに、演奏しながらシンセのマスターフェーダーを上げていった。ところが録音した後の音はこのマスターフェーダーによるフェードインが効かずに唐突に始まった。なぜだ。次に私はReaper側のフェーダーなら効くと考えた。しかしこれも効かずに唐突に始まった。なぜだ。これらのフェーダーはMIDIのベロシティに影響しないという事か。

オルガン音を色々いじっているうちに、わけがわからなくなった。さらに、MIDIの何かが不調になり、キーも押していないのに音が鳴りっぱなしになり、その音が1オクターブも高かった。この混乱の中でオルガン音は全部作り直しとなり、わざとこもった音にした。設定値はひたすらいいかげん。VCOひとつずつ音を出しては耳で聞いてVCFの値を決めた。VCFのPEAKは0にしたので、EGを効かせてもビニョーンと変な音にならなくなった。でもこの音も曲に合わなかった。合う音を求めるうちに、なんとオルガン音ですらなくなった。いつのまにか電気音を求めていた。家庭用電源ノイズの50/60Hzがブーンとうなる音だと電気音にならないかと考えた。そういえば音程が変わる時に一瞬音が止むのが変だ。これではアコースティックな楽器音になってしまう。MS-20のVOICESのTRIGGERはMULTIからSINGLEへ変更。LegacyCellのマスターエフェクトはさらに変更してLarge Hallに。DRY/WETは適宜調整。

出来上がった音はなんだかタンジェリン・ドリームのルビコンの一部に似てきた。ただし冒頭ではなく、もっと後のミニマル・ミュージックに入る直前。それにルビコンではここでピピッという電子音は入らない。音階だけ辿ればリコシェの冒頭にも似ているが使っている音色は全然違う。

今日は、ここまで。冒頭のフェードインが出来なかったし、最後も他の音に紛らわせて消す予定だがそれがないので、最初と最後はぶっきらぼうだ。でもその中間の音は私の頭の中のイメージに似てきた。



ファイル名がルビコンのruby...でなくrubi...で始まっているのは、わざとだ。今回の音作りは私が子供の頃にルビコンを聴いた時のイメージが元になっているのは確かだけれども、名前をまったく同じにするとタンジェリン・ドリームに悪いじゃないか。だから一文字違いとする予定だ。Rubiconは、英和辞典に載っているルビコン川の綴りでもある。この後に形容詞を付けたいんだが、まだ何語にするかも決まっていない。名詞の後に形容詞を付けるのはたとえばラテン語、イタリア語、フランス語。でもラテン語ならルビコン川はRubico、イタリア語ならRubiconeとしなきゃならない。困った。

コメント(0) 
前の10件 | -   標題電子MC(補完計画) ブログトップ