So-net無料ブログ作成
検索選択
手記さまざま2 ブログトップ
前の10件 | -

スマホ乗り換えの準備 [手記さまざま2]

昔のCM記事は一回休みで、今回は別の記事になる。

まだ5月だというのに丑三つ時に蚊に刺されて起こされ、仕方なく蚊取り線香をつけてこの記事を書いている。

早いもので、私がスマホを手にしてから2年が経とうとしている。PCの前に座れない体調の時はずいぶん世話になった。それも後すこしで終わる。このスマホを手放さなければならない。

では2年契約が終わったら私はどうすれば良いのか。他社に乗り換えたほうが安いと聞いたことがあるが本当なのか。ケータイショップに行って情報収集した。

担当になったお兄さんは、やはり他社に乗り換えたほうが安いと言った。私の条件は、親との緊急時通信のために携帯かスマホを持たないわけに行かないが、ほとんど使わないのでできるだけ安上がりに。お兄さんが勧めたプランは2つ。まず、私が今後もどうしてもスマホを使いたいならばUQの格安スマホを選び、親は別個にauガラケーを。私のスマホがシャープで月7540円だが、これを格安スマホに変えると1か月目税込2138円、翌月から1万追加で税込3218円、それでもシャープのスマホでの月額料金よりも安い。これで通話は1回5分以内かけ放題。またはひと月に60分まで無料のどちらかを選べる。データは2GB/月使える。

お兄さんが勧めたもうひとつのプランは、思いきってスマホをやめてしまう。私も親もauの安い携帯を持つ。auの場合スマホを選ぶと先程のプランよりも高くなってしまうので、携帯にする。携帯の月額料金は、この辺の話ではお兄さんがコンサルティングシートに書き込まずにカタログを開いて口頭で説明したので、帰宅後に具体的な料金プランがわからなくなってしまった。でもとにかく、必要最低限機能の安い携帯にした結果、その他にタブレットを利用してもまだ現在の支払いよりも安いというのが売りだった。

以上が、どんな物に乗り換えるかの話だが、もうひとつ、いつ乗り換えるかという話がある。私がスマホを契約したのが2年前の6月だが、お兄さんいわく金のかからない更新期間は一か月後の7月からだという。2年契約だから何となく不思議だが、スマホの料金を24ヶ月でなく25ヶ月かけて分割で払うという契約書面とは一致する。

最後に、今使っているスマホをどうするかの話。私が格安スマホを選べば、手元にひとつスマホがあるのだから、今のスマホは要らなくなるだろう。私が携帯を選べば、私は手元にスマホがなくなってしまう。電話とメールは携帯ですれば良いが、今まで何か調べたい事が出来た時にサッとスマホを取り出してネット検索していた手軽さがなくなってしまう。お気に入りのミニ動画をどこにいても鑑賞できる手軽さも、体調が悪くてPCの前に座れない時に横になっていても文章を書き残せる便利さもなくなってしまう。そこで私はネット検索した。すると、電話とメールの契約が切れたスマホでも、その他のかなり多くの機能は使えるらしい。

私個人にとっては、スマホに元から入っていたメモ帳とコンテンツマネージャーは電話契約が切れても使い続けられるだろうが、新たに入れた動画プレーヤーも使えてほしい。ウチの無線LANはADSLモデムから電波を飛ばしているので、通信速度が不安定だ。春が近づく季節にはなぜか毎年通信速度がゼロに等しい。そういう季節にテザリングができると助かるのだが、スマホがなくなるとそれができない。それどころか、契約切れのスマホはネット接続をその無線LANに頼るのだから、こっちも通信速度がゼロに等しくなる。その状態で1か月以上苦労する事になるだろう。私にとってのデメリットはそれくらいだ。

個人的記録 [手記さまざま2]

人は、ひとつの物事に長く接していると、その影響を受ける。私が古畑VHSのPC保存を始めてから何日経っただろう。私の喋り方が、犯人に証拠を突きつける古畑みたいになってきた。あんまり良いことではない。でもそれ以前はもっと問題があった。古畑以前にやっていたのはザ・シンプソンズのPC保存だった。喋っていて、「あ、今ホーマーみたいだ」とか「今バートみたいだ」とか思った。ちなみに古畑のPC保存が終わったら、次はザ・ドリフターズだ。喋り方が加藤茶扮するお巡りさんみたいになったら、さすがに人が変に思うだろう。それでも作業は進めなければならない。

VHSビデオテープから2000年ごろのCMをいくつか出したいと思っているが、またもやPCの前に座るのを制限しているのでなかなか実現できないでいる。

あなたが聴きたい歌の [手記さまざま2]

あなたが聴きたい歌の4時間スペシャル、やるかな、やらないかなと思っていたが、5月1日に発見。テーマは、未来の日本に伝えたい歌。また録画とその後の曲リスト作りが忙しくなる。きっとまた今までに出していない映像をたくさん出してくれるはず。
以前に、視聴率の推移を挙げて打ち切りが心配だと記事に書いたので、情報訂正の意味で今回の記事を書いた。

こち亀が当たった [手記さまざま2]

久し振りに「こち亀」を読んだ。先日外出した時、あんまり喉が乾いたので近くのサントリー自販機でペットボトル飲料を買ったら、ボトルに「当たり!」が付いていた。PCかスマホでタダで「こち亀」が読める。当たりの人は8つのコースの中からひとつを選ぶ。各コースに3話入っているという太っ腹な企画だ。私は病気療養中なので行動を控えめにしていて、体調が改善するのを待って今日はじめて読んだ。こち亀の話はどれも面白いが、選べるコースはひとつだから自分の好みに一番合いそうなコースを選ぶのに時間をかけた。私はこち亀の読者の中では初期の話に縁があった古い人間なので、駄菓子だの昔の玩具だのといった古い昭和の雰囲気のある話が懐かしいが、こち亀は超長期連載漫画で私よりも若い世代の読者が沢山いるから、当然今回読める話は若い世代にも馴染みのある、もっと後の話になる。それでもベーゴマが出てきたので私は満足だ。それに、都庁など後年の建物が舞台の話でも、両さんが騒動を起こすと文句なしに楽しめる大活劇になるから嬉しい。これが5月の掲載期限まで何度でも読める。
つい、また同じ自販機でペットボトル飲料を買いたくなる。柳の下にドジョウは1匹と知ってはいるけれど。

人生というゲーム [手記さまざま2]

今日外を歩いたら、歩けない。右足がガクンとなって痛みが走る。何歩か歩いたらまたガクン。でも今日はバスに乗り電車に乗って遠くへ行かなければならなかった。このブログの記事に、私が病気で毎日家で寝ていると書いているから、あなたは、私が毎日家で寝ていてやって行けるのだろうかと思っただろう。あなたは正しい。病気でもどうしても外出しなければならない時がある。それが今日だ。
このガクンは、腰痛から来ている気がする。軽度の椎間板ヘルニアが疑われる。最初にガクンがあったのは左目がドラキュラのように真っ赤になって、病気なのに眼医者に行かなければならなかった日だ。眼医者で、毛細血管が切れただけで薬の副作用もないと聞いて、私は元気に帰った。それがいけなかった。私は下半身が弱いのだから歩く時には気をつけて歩かなきゃいけないのに、嬉しくて軽々と歩いた。これはつまり、脚の地面への着地を気にせずにいいかげんに歩いたという事だ。角を曲がろうとした時、上半身だけひねって脚がそのままになり、無理にひねった股関節に体重が乗った。その瞬間、右足に激痛が走った。私は股関節も腰も弱いのに加えて、病気で寝てばかりで筋力が落ちていた。体重がじかに関節にかかった。股関節が痛いのか腰椎が痛いのか、今まで区別がつかなかったが、今日は症状がひどい分だけ分かりやすい。より問題なのは腰椎のほうだ。今は病気を治すので精一杯だが、この病気が治ったら腰痛の病院に行く必要がありそうだ。
朝は歩くのが大変だったが、電車に乗っている間に体調が変わり、昼にはガクンがなくなってきた。歩幅の狭い変な歩き方だが歩けた。ところが人と会い、お辞儀をした瞬間、腰に痛みが走った。何という事だ、今の私はお辞儀も出来ないのか。
今日は一日中外にいなければならなかった。夕方には、今度は一歩一歩ガクンとなって立ち止まるほどひどい。今は帰りの電車の中でこの記事を書いている。歩く時、関節を支えて衝撃を和らげるのは筋肉だ。私は一日中外にいて、長い時間立って、腰や脚の筋肉は疲労で関節を支えられなくなり、衝撃がじかに関節に伝わるのだろう。電車で座っている間に筋肉の疲労を改善し、とにかく家までたどり着き、明日からは毎日適量歩いて筋力を付ける必要がある。病気になる前は、私は雨の日以外は外を歩いて筋力を付けようとしていた。それが病気になって歩いたら悪くしてしまい、ビックリして寝たきりでいたら、今度は関節にきたというわけだ。あちらを立てればこちらが立たず。人の生きざまとはそういうものだ。
ゲームの中に、人の生きざまを模倣したタイプがある。人生ゲームでも、キャラクター育生ゲームでも、とにかく人の生きざまを模倣したゲームだ。私は若い頃、ああいうゲームはたかがゲームだと思っていた。でも最近は、ああいうゲームは人生をうまくシミュレートしていると思う。あちらを立てればこちらが立たず。その中でうまくプレイしなければならない。
ゲームはゲーム、人生は人生、違うものと言い切れるだろうか。人生もまた、超リアルなゲームではないだろうか。だから逆にゲームから切り抜け方を学べる事すらあるのではないだろうか。たとえば次のように。私はここに書いていないトラウマ的な事も今日体験した。未来には不安が一杯だ。でも、そういう時、ゲームではどういうプレーヤーがうまく切り抜けるだろう。そう、不安や緊張でガチガチになったプレーヤーはミスをする。上手なプレーヤーは、冷静に最善のカードを出すプレーヤーだ。このリアル人生を、私はうまくプレイして生きて行かなければならない。

個人的記録 [手記さまざま2]

要約
劣化してPCのDVDドライブで読めなくなった昔のDVD-R録画(CPRMなし)をどうやってPC保存するか


私はVHSビデオテープ録画の保存をしているので、基本的にはDVD-Rは関係ない。でも特別な事情で、関連する内容のDVD-RをPC保存することがある。

私は若い頃、外国語を学ぶために外国で映画などのVHSビデオを買ってきた。残念ながら外国語で聞いてもたいして聞き取れず、日本語版を参考にしたいと思っていた。それから年月が経ち、日本の地上波アナログで同じ映画が放送されるチャンスがあり録画した。その頃はもうVHSでなくDVDの時代になっていたのでDVD-Rに録った。地上波アナログ時代だから録画にCPRMは入らない。今回、外国で買ったVHSビデオ録画をPC保存する。そうなると同じ映画の日本語版DVD-Rも保存したい。そういう事情だ。

ところがこのDVD-RがPCで読めなかった。何度か試したが結果は同じ。あるvobファイルの同じ場所で必ず読めなくなる。読み込むPCを変えてみたが、結果は同じ。10年以上経っても問題なく読めるDVD-Rは多いが、中には劣化してエラーを出すものがある。傷を付けなくても、日光や高温や湿気にさらさなくても、劣化するディスクは劣化する。この、PCで読めないDVD-Rに入っている映画をどうやってPCに入れるか。

私が出した答えは、直接PCのDVDドライブで読む代わりに、一度DVDレコーダーで再生してコンポジット信号経由でBDレコーダーへ録画してから、その結果をPCへ移す。どうやらDVDレコーダーは、ディスクに多少読めない所があってもノイズを出しながらでも先を読んでくれる場合がある。PCはそういうアバウトな読み方が出来ないらしい。私は古いDVDレコーダーが変な音を出したので、それが壊れる前に念のために新しくBDレコーダーを買った所だが、古いDVDレコーダーもまだ動く。この2機を再生と録画に使う。

もしも新しいBDレコーダーを買っていなかったとしても、私は昔外国語を学ぶためにPAL/NTSC両対応DVDプレーヤーを買ったので、それを再生側に使える。こんな風に方法は複数あった。

ただし、新しいBDレコーダーはコンポジット信号の入力はあっても出力がないので、録画側にしか使えない。時代の流れだろうが、新しい機器のほうが古い機器よりも出力端子の種類が少ないというのは残念だ。

他にも方法はあるだろう。私のPCにはビデオキャプチャボードが付いていないが、もしも付いていればDVDプレーヤー1台とPCでも出来そうだ。

ひょっとしたら、PCだけでも何とかなるかもしれない。PCでファイルのコピーには失敗しても、そのDVD-RをPCのソフトウェアプレーヤーで再生するぶんには、ノイズを出しながらでも先を読んでくれるかもしれない。もしも他に方法が見つからなければ試してみる価値はある。その動画をPC保存する方法は、私はやりたくないけれども、PCの画面をそのままキャプチャしてaviなどの動画ファイルにする方法がある。なぜ私がそれをやりたくないか。この方法だと、再生側のフレームレートと録画側のフレームレートの相違やズレが原因で、動きのあるシーンがカクカクしやすいと私は思うから。つまり、普通に2つの機器間でダビングする場合よりもはるかに目立つ劣化が生じてしまうかもしれない。とくにアニメのパンやティルトするシーンで目立つが、実写でも生じる。

BDレコーダー、キーワード自動録画の残酷 [手記さまざま2]

桜田淳子のキーワード自動録画が消えてしまった!今朝BDレコーダーをチェックした時には、確かに録画中の赤い表示が出ていた。ところが、私が就寝前に視聴しようとしたら、どこを探しても録画がない。

実は昨日の録画も、午前中にもうひとつあるはずだった。午前中にBDレコーダーを見た時に録画中の赤い表示がちゃんと出ていた。それなのに午後になって視聴しようとしたら、どこを探しても見つからなかった。録画が勝手に消えるわけがないから、私は、午後の録画を午前と勘違いしたのかと思い込むしかなかった。

この怪現象の正体は、どうやらパナソニックのキーワード自動録画は初期設定では勝手に消えるらしいのだ。まさか機械がユーザーに内緒で録画を勝手に消すなんて思わないもん。消えなかったのは、たまたま間違って予約変更のボタンを押してしまった録画だけだ。予約変更のボタンを押すと何か設定が変わるらしい表示が出ていた。でも消えていなかったのはそのせいではないかもしれない。なぜなら、たった今試行錯誤していたら、残った桜田淳子録画のタイトルが表示された状態で、ハードディスクの残量が少なくなったら消えるという表示が出ているのを見つけたからだ。この初期設定を変更するには一時停止ボタンを押さなければいけなかったらしい。

今時の機械は私には複雑すぎる。これでもマニュアルpdfをかなり読んだのだぞ。でもキーワード自動録画の辺りはたまたま読んでいなかったらしい。こうやって人は学びながら生きて行くと言えば聞こえはいいが、消えた桜田淳子をどうしてくれる。明日はキーワード「桜田」の付く番組があるかと調べてみたが、さすがにもう無いぞ。見たかったなあ、消えた桜田淳子録画。

BDレコーダー、キーワード自動録画の楽しみ [手記さまざま2]

DVDレコーダー時代には、パナソニックのレコーダーにはキーワードで番組を探して自動録画する機能が付いていなかった。今回BDレコーダーを買ったら、それが付いていた。病気でPCの前に座れない私は、スマホをいじるかテレビのリモコンをいじるかしかできない。BDレコーダーの操作は今の私にとって数少ない楽しみのひとつだ。

あれは一昨日の事だった。病気で横になるしか能のない私の耳に、テレビの音が飛び込んできた。ようこそここへクッククックと飛び込んできた。桜田淳子氏の話題はその前日からあったので知っていたが、昔の歌まで出てくるのだったら録画チェックをしておくのだった。でもどうせ数秒で終わるだろうと思い、私はそのまま寝て天井を眺めていた。ところが歌は終わらなかった。とうとう一番の終わりまで来た時、私は後悔の念に苛まれた。桜田淳子氏が話題になった時、どうして私は昔の歌が流れると予測しなかったのか。

私は布団から起き上がり、BDレコーダーの所へ行った。キーワード「桜田」で自動録画の設定をした。その日のうちに2番組、翌日に3番組、そして今日3番組が見つかった。この機能は便利だ。HDDの空きが少ないので心配していたが、5倍録になっていて、1日毎に番組の不要部分をカットしてゆけばHDDが満杯にはならない。なにしろ昔の歌が流れる時間はたいてい1分に満たないから。そう、その意味では、私が最初に聞いて録画しそこなった番組が一番長く曲を流していた。それは残念だが、予想していた事だ。

各番組、いやおそらく放送局ごとに映像が異なり、昔の若き歌手桜田淳子の服装や髪型が異なる。ファッションショーのようで興味深い。曲は、やっぱりわたしの青い鳥が一番多い。ある番組でインタビュアーが街のおじさんに桜田淳子の事を聞いた時、おじさんが「クッククックの人でしょ」と答えていたのには笑った。確かにクッククックの人だ。

その後私は思いつき、キーワードに「あなただけ今晩は」を追加した。私の目的は映画のほうでなく、倉本聰のほうだ。これから10年待つ間には、ひょっとしたら再放送するかもしれない。

個人的記事 [手記さまざま2]

今日も私は病院に来ている。2日前の通院とは別件だ。目から出血したので、薬との関連を気にして眼科に来た。本来の病気を少しでも早く治すために安静にしていたいが、そうも行かない。そういう事情なのでPCの前に座るのはまたもや控えねばならず、スマホばかりいじっている。最近私がVHSビデオの話題を書くので何か動画がUPされるかとお思いの方には申し訳ないが、PCの前に座れないのでは動画が作れない。私自身にとって痛恨の休止状態だ。

私は病院を恐れて行かないタイプの人間だ。お薬手帳も今回初めて作った。病院という所へ久しぶりに来て驚いたのは、待合室の人の多さだ。朝一番よりも少し遅れて着くと、長椅子は満席に近い。やがて満席になり立つ人が出てくる。今日は雨だが、何を思ってか雨にも負けず風にも負けず、沢山の人が押し寄せる。治療そのものとは別の意味で、病院というのはすごい所だと私は思った。

個人的記事 [手記さまざま2]

ダイの大冒険が電子書籍になってからどれほど経っただろうか。2013年という情報があるが、そんなに前だったか。そして今、ドラゴンクエストモンスターズスーパーライトというゲームでダイの大冒険とのコラボが始まっている。スマホで無料(一部アイテム課金) らしい。ダイのストーリーはそれほど関係なく、クロコダインなどのモンスターが手に入るらしい。ダイのストーリーということなら、別にPC用のフリーゲームがあるらしい。こちらは同人ゲームだそうだ。よく作ったものだ。たいしたものだ。いまだ病床にある私だが、こうやって世の中が昔を忘れずに今とコラボさせ新しいものを作っているのを知ると、くよくよしているのは間違っていると思う。体調回復にはまだかかるが、せめて気持ちだけはすぐにでも元気になるべきだと思う。

前の10件 | - 手記さまざま2 ブログトップ