So-net無料ブログ作成
検索選択
手記さまざま2 ブログトップ
前の10件 | -

人生最後の旅行は京都墓参 (1) [手記さまざま2]

時の流れは人を変えてしまう。若い頃の私は、祖先を敬うことを楽しみとし、そのための祭祀を楽しみとし、水木しげるみたいに目に見えない世界を信じていた。それに、ただ生活しているだけでも学校のサークル活動で関東から毎年関西へ行く機会があった。関西へ行くたびに、私はわざわざ帰りに途中下車して、京都にある祖父の墓に行った。祖父は父がまだ子供の頃に亡くなったので、私は写真でしか知らない。でも若い頃の私にとって祖父は、目に見えない世界の偉い人だった。私の部屋には自作の祭壇があり、その上には祖父の写真があり、私は毎晩お経を唱える。

時が過ぎた。私の人生は悪くなかったと思う。それでも色々なことがあった。私は、世の中には職場からリストラされる不幸な人たちがいるのは知っていたが、自分がリストラされるとは思わなかった。私は社会の役に立とうと頑張っていたが、学校法人という職場は私が何をしても、どういう人間でも、まったく無関心だった。私が良いことをしても何も変わらず、悪いことをしても何も変わらず、私の功罪とは何の関係もなく雇えなくなったという通知を受けた。私は、社会が私を見てくれず、自分を必要としていないことを知った。そして心を病んだ。心と体はつながっているのだろうか、心を病んで暮らすうちに、体の不調も増えた。長く立っていることができず、長く歩くこともできない。だから金がなくて外出できないだけでなく、足がまともに動かないから外出できない。自宅から最寄りの駅までなら何とか歩ける。時々立ち止まりながら。そうやって最近は暮らしている。

今の私にはもう旅行などというものは無縁だ。それでも、生きているうちにあと1回だけ旅をしなければならない。私はもう長い間、京都の墓参に行っていない。このままでは二度と行かずに終わる。でもそれはいけない。せめてあと1度、私は行かなくては。楽しむための旅行にはもう興味はない。ただ墓参だけは、絶対にしたい。

私は今日、思い立った。来週の月曜日に京都へ墓参に行く。うまく歩けないからとか、金が貯まらないからとか、理屈を付けてしまうと行かないで終わる。人生は、一歩踏み出すことだ。この記事は個人的な内容だから人様の興味をひかないと思う。でも私の大事な人生を前向きに一歩踏み出す記録だから、今後も続く。アクセス件数がどうであろうと断然続く。

スカパープレミアムサービス最後の出来る限りの試み [手記さまざま2]

前回の続き。諦めきれない私は、もう一度出来る限りの事を試みた。

出来る限りの事その1
錆びついたアンテナをもう一度動かそうとする。
私は片手にペンチ、片手にラジオペンチを持って再びアンテナの所へ来た。ペンチでナットを挟んで力一杯回そうとしたが、びくともしない。暫く頑張った末、アンテナを動かすのは諦めた。

出来る限りの事その2
アンテナの表面を拭く。
前から気になっていたが、アンテナの表面には10年以上の間に付いた埃や塵があった。私は雑巾を湿らせてアンテナを拭いた。アンテナをきれいにしてから部屋へ戻り、スカパーチューナーの電源を入れて受信レベルを見た。以前と変わらなかった。

出来る限りの事その3
線を短くする。
アンテナからチューナーまでの線を、私はアンテナ+チューナーセット購入時のまま使っていた。もしも短く切ってしまってから家具の配置変えでアンテナとチューナーが離れてしまったら困るから。でも前回の記事に書いた通り、もうそれを気にする必要はない。線は短いほうが信号のロスが少ないはずだ。
線を短くするのには、私の家の事情で2種類の短縮が考えられた。まず、余った線をぐるぐる巻きにしている部分。これの長さの分だけ線をカットして短くする。もうひとつは、線をどこから屋内へ引き込むかを変える。私の部屋には鴨居よりも上に引違い型の欄間窓がある。その左端がアンテナにもチューナーにも近いのだけれども、そこはすでに窓が少し開けられてエアコンの管が通り、隙間がうまい具合に粘土と木材で埋められている。そこで私は、欄間窓の右端まで線を導き、そこから屋内へ引き込んだ。これだと、欄間の左端から右端へ行き、右端から左端へ戻る分だけ線が無駄に長くなる。ただし、線を欄間窓の左端から引き込むには既にあるエアコンの管と別の所から何とか通さねばならず、どうして良いのかすぐには名案が浮かばない。
私は、すぐに実行できるほう(余った線をぐるぐる巻きにしている分だけ線をカットして短くする)から始めた。線を切ったはいいが、再利用できると思っていた接続端子が線から取れずに焦った。結局ペンチで挟んで渾身の力で左右に引いたら、網線と、芯線を包むアルミ箔が接続端子側にくっついたままちぎれ引き抜けた。
で、気になる結果だが、今回の足掻きを行う前は、ひとつ前の記事に書いた通り46程度だった。現在は、46か47。たまに48。天候によって受信状態は変わるのだから、以前と同じなのかもしれない。もう一方の(元から受信良好なほうの)衛星は最大で89まで来るから、1ポイント位は改善したのだろうか。でもさっき書いた通り天候による改善かもしれない。仮に改善したとしても「気のせい」程度の改善だ。
こんな結果だから、苦労して欄間窓の左側に穴を設けて引き込むのは、もうやめた。

スカパープレミアムサービスよさらば [手記さまざま2]

最初に気づいたのは、サンダーバード1号が救助に来て着陸しようとした時だった。サンダーバード1号にモザイクがかかった。これはテレビ撮影されて私が見ているのを検知して隠れたな・・・のわけがなく、もちろん電波障害だ。

次に気づいたのは、スペースボールに追われる姫を助けたローンスターが姫の荷物を運んで砂漠をさ迷う事になり、余りに重い荷物の中身は何だと箱を開けようとした時だった。箱を開けようとするローンスターの手が一瞬戸惑って静止した。そんなバカな。

その次は、ゴーストバスターズの4人組が図書館でゴーストを探している。ピーター・ヴェンクマン博士が振り向くと、その顔がババババッと崩れてゴーストになった。そんなストーリーじゃないはずだ!

いくら呑気な私でも、ここまで来ると事の重大さに気づく。私は最初に試行錯誤したが、それをここに書いても読者には退屈だろうから一気に結論に行く。

プレミアムサービスのアンテナは、2つの衛星から受信している。私の場合、片方の受信レベルは80以上あるが、もう一方の受信レベルが46程度しかない事がわかった。

私はアンテナの向きを微調整しようとした。ところがボルトとナットが完全に錆びて、しかもアンテナ本体とも錆びついて、全てが一体化している。動かしようがない。

このアンテナを買ったのは何年前だろう。私のブログの記事に初めてスカパーの記述が出るのは2007年だ。10年は経っている。

こういう時、普通はアンテナを新しく買い換える。しかし複数の理由から私は買い換えられない。

(理由1)まず、ケーブルテレビと違い衛星からの受信は天候により受信状態が悪くなるのが大前提だ。私は今までブロックノイズが出るたびに「ケーブルテレビはいいなあ」と思っていた。新たに事を起こすならケーブルという選択肢がある。

(理由2)私の家にはBS110度のアンテナがない。買い換えるならプレミアムサービスのアンテナではなく、110度のアンテナにするという選択肢がある。そうすればBSも見られる。でもその前に、プレミアムサービスのスカパーと110度のスカパーはどう違うのかを調べなければならない。NHKはNHK BSを全然見なくても集金に来て鬱陶しいのか、も調査の必要がある。

(理由3)このブログを見に来てくださる有り難い方ならご存じかもしれないが、私はいずれこの家を出て行かなければならない。早ければ秋にも住居を買い、住み慣れた我が家を今年中に出て行かねばならない。だからこそ私はVHSビデオ録画のPC保存を夏のうちに終わらせようと必死になっている。今アンテナを買い、うちに取り付けたとして、ほんの数ヵ月で引っ越しのために取り外しか。いやそもそも、新しく住む団地のベランダは衛星の方に向いているだろうか。目の前に障害物はないだろうか。アンテナが無理で、ケーブル必須の可能性もある。まだ物件が決まっていない現在、全てが未定だ。

結論。私はスカパーのアンテナを今買い換える事が出来ない。だから私は、今の錆びついたアンテナでプレミアムサービスを受信し続けるしかない。だから今後もサンダーバード1号はモザイクがかかり、ローンスターは箱を開けるのをためらい、ピーター・ヴェンクマン博士はゴーストに変身する。そんなものを見るのに、視聴料金を払うだろうか。これはもちろんスカパープレミアムサービスが悪いのではない。私がアンテナを買い換えないのが悪いのだ。でも結果的に私にとっては視聴契約に踏み切れない現状となってしまった。

10年以上見てきたスカパーだが、スカパープレミアムサービスよさらば。

ここで大事な情報をメモしなければいけない。プレミアムサービスは2つの衛星から受信する。どっちの衛星がどのチャンネルを担当しているか。下記の情報は間違っていたり曖昧だったり年を経て事情が変わったりする可能性がある。あくまでも参考にとどめ、必要に応じてあなたご自身が情報の裏をとっていただきたい。

JCSAT3が担当するチャンネルから抜粋
テレ朝チャンネル
TBSチャンネルのうち、1
WOWOW
衛星劇場
イマジカBS
ザ・シネマ
ムービプラス
NECO
スーパードラマTV
ファミ劇
ホームドラマ
AT-X
カートゥーン
キッズステーション

JCSAT4が担当するチャンネルから抜粋
FOX
フジテレビ
TBSチャンネルのうち、2
日テレ
ディズニー
スターチャンネル
東映
日本映画専門
時代劇専門
アニマックス

意味不明に鳴るスマホ [手記さまざま2]

スマホをいじっていて、突然何とも表現しにくい「プリプリ」という音が鳴ってびっくりする。それを何度も体験した。電話の着信音でもなければメールの音でもない。私が設定したどの音とも違う。あなたも同じような体験をしていないだろうか。音の種類は私と違うだろうが、電話でもなくメールでもない。何の音だかわからない。そんな音がスマホから出て来ていないか。私はこの音が鳴らないようにしようと設定をいじったが、とうとう何の音かも、どうすれば止まるかもわからなかった。

そして2年が過ぎ、スマホを格安スマホに替えた。すると、また妙な事が起きた。私の新しいスマホと親のスマホは同じ機種だが、親のスマホだけが毎日夜9時になると「パンポロリン」と鳴る。電話でもメールでもない。親のスマホと私のは、入れたアプリも同じだ。スーパーのチラシアプリ。違う所は、思いつく限りでは2つ。私のはWi-Fiを使い、親のは使ってない。私のは位置情報の取得を許可していないが、親のは許可している。

親は私と違って何でも人に聞くので、この音についても携帯ショップで聞いた。店員は、わからなかった。

格安スマホに乗り換えた [手記さまざま2]

2年前には私が何も知らなかったからか、それともまだ格安スマホがなかったのか、私はソフトバンクの契約でスマホを買った。月7千円台の支払いがあった。それから2年経ち、更新期間が来た。今度は私は格安スマホにした。CMでガチャピンとムック(色に違和感のある)が出ているUQモバイルだ。機種は、何の因果か前回と同じAQUOSになってしまった。私は本当は他のメーカーを試したかったし、できればiPhoneを体験したかった。でも店員に相談し、画面の大きさなどの話を聞いた結果、またAndroidになった。そしてカタログの仕様を見て決めた結果、またAQUOSになった。格安スマホが今までのスマホとどう違うのか。手に入れて半日の現段階で強く感じたのは、メールアドレスが付いてくるか来ないかの違いだ。他にも「メモ帳」が見当たらないなど細かな違いはあるが、今のところ困っているのはメールアドレスだ。

このように書くと、不思議に思う方もいるだろう。電話番号は付いてくるのだから電話番号を使ってSMSを送ればいいとか、無料のメールアドレスを取得すればいいとか思うだろう。私が困るのには理由がある。

まずSMSだが、私の契約ではSMSを送信するたびに金がかかる。メールアドレスを使ってメールを送信すればパケット通信2GBの範囲内で済むので別途料金がかからない。だからメールアドレスを取得したい。

では無料のメールアドレスはどうか。最初Gmailを試そうとしたが、私の嫌いな現住所と既存メールアドレスの設定があった(追記あり)。私は自宅を知られてそんなに困るわけではないが、でも自宅を特定されるのは何か嫌な感じだ。とくにGoogleは私が日常的に使っている検索エンジンで、日常的に現在地を知らせろとメッセージが出るので、どうしてそんなに自宅を特定したがるんだと嫌な気になる。メールアドレスのほうは、以前に外国のホテルを予約するのにネットを使ったら、それ以来迷惑メールが毎日のように来た。それが何か月も続いた。そういう経験のある私は、安易にメールアドレスを公表したくない。それで、Gmailはひとまずやめた。

次に私はYahooメールを試した。現住所の設定はGmailと同様にあったが、既存メールアドレスは設定しなくても良い。これが私は気に入った。ところが、そのあと困った事になった。スマホや携帯には人それぞれの使い道があるが、私の場合は親の安否を知ったり、親が私に用事がある時に連絡が取れるようにという使途だ。だから私だけでなく親もスマホを持つ。(年老いた親には携帯のほうが操作が楽で良いと私は思っていたが、ショップの店員が言うにはもう携帯そのものがあまり売られなくなっているそうだ。)私はまず自分のスマホで試してみた。Yahoo IDを登録し、メールアドレスを得た。これはうまく行った。だから親のほうでも同様にした。ところが、今度はうまく行かなかった。なぜか、私のほうでは宣伝メールが勝手に送られる設定をオフにできたのに、親のほうでは設定時にオフにしても、最初からやり直しても、どうしても宣伝メールが送られてくる。これが逆なら良かったのだ。つまり私のほうに宣伝メールが送られる分には構わない。片っ端から消してゆくから。ところが親のほうは困る。親は今までの携帯だって使いこなせたとは言い切れない。さらに厄介なスマホの操作にこれから挑戦しようとしている。そんな中で、私からのメールが来たかとメールアプリを開いてみたら大量の宣伝メールが表示される。無理だ。親には無理だ。だから、親のスマホではYahooメールの使用を諦めなければならない。

これを読んだあなたは、ひょっとすると「メールアプリを使わずにブラウザで見れば良いですよ」とアドバイスをくれるかもしれない。親でなく私なら、ブラウザを使っても良い。でも年老いた親には、毎回ブラウザで特定のサイトを見に行かなければメールが見られないというのは敷居が高すぎる。わかってもらえるだろうか、そもそも老人にはスマホの操作が難しすぎるという辛い現実があり、その中で何とか親が簡単に操作できないかと私は不要なアイコンを消すなど苦心している。現在のスマホの操作は若者にとっての当たり前だが、若者にとっての当たり前を老人に押し付けるわけに行かないのだ。

それにしても、どうして私のほうのスマホには宣伝メールが来ないんだろう。親と私のスマホはどちらも同じ機種で、使うメールアプリも同じだ。だから親のほうに宣伝メールが来るならば、私のほうにも来るはずなのに。思い当たる唯一の違いは、Wi-Fiの使用だ。私は親と違いネットを多用するので、家のWi-Fiを使うように設定した。いっぽう親はネットをほとんど使わないので2GBで余裕があるだけでなく、外でWi-Fiを切る(万一セキュリティのないWi-Fiを使ってしまわないように)といった細かな操作は老人に望めないから、Wi-Fiの設定をしていない。



追記
Gmailについては、私は思い違いをしていた。同じGoogleが提供しているブラウザのほうのイメージがあったので、現在地は細かく設定するのかと思っていたが、実際には国だけだった。電話番号の記入欄もあって、こりゃたまらんと思っていたが、実際には電話番号を記入しなくてもアカウントの取得はできた。そして今のところ、Yahooメールと違って宣伝メールは来ていない。

でんき家計簿とくらしTEPCOとエナジーパートナー(2) [手記さまざま2]

あれから何時間も経った。日が暮れる前にアンペア変更依頼を済ませようと思った。ネット検索すると、すぐに「ご契約アンペアの変更」ページが見つかる。私は必要事項をすべて記入した。その記入事項の中にログイン情報としてパスワードの打ち込みがあった。それはもっともな事だが、私は違和感があった。私はログインしていない。何か変だ。

本来ログインしてから到達するべきページに、ネット検索の仕組みで私は一足飛びに到達してしまったのではないか。そんな事とはつゆ知らず、私は一生懸命必要事項を書き込んだのか。で、ログインなしで書き込んだものを送信しても無効なのだろうか。

でもここまで来たら、最後まで行くしかないではないか。情報を送信した。

ところで、情報を送信してから見つけたページで、でんき家計簿とくらしTEPCOとエナジーパートナーの関係がわかった気がした。
東京電力が分社化された時に、電気の販売を担当する会社として「東京電力エナジーパートナー」ができた。その「東京電力エナジーパートナー」のWebサービスに「でんき家計簿」と「くらしTEPCO」の2つがある。自由化前の料金プランを契約している場合は「でんき家計簿」が利用可能であり、新しい料金プランを契約している場合は「くらしTEPCO」が利用可能である。

さっき私が送信した情報が無効ならばじきにメールでそれを通知してくるだろうが、私はパスワードなどの必要情報を全部メモして持ち出し出先で作業していて、メールは帰宅するまで受け取れない。やっぱりインターネットは厄介だ。電話なら、とっくにアンペア変更の依頼が済んでスッキリしているだろうに。

でんき家計簿とくらしTEPCOとエナジーパートナー [手記さまざま2]

私の認識力不足が原因なのだが、いま東京電力関係のIDとパスワードで困っている。

事の起こりはアンペア契約を変更しようとした事だった。電話をかけようと電話番号をネットで調べたら、カスタマーセンターへの電話がつながりにくくてご迷惑をおかけしていますと出た。それでインターネット手続きへ導いているようなのでそちらを見たら、「でんき家計簿」へログインすると手続きが簡単だと書いてあった。まだIDパスワードを登録していないので、「でんき家計簿」に登録してIDとパスワードを作った。「でんき家計簿」から一度ログアウトしたら、そのページに「くらしTEPCO」というのが出ていてそっちにもIDとパスワードがあった。これは間違ったかなと思いつつ、さらにWebサイトを見たら、カスタマーセンターが出ているのは「東京電力エナジーパートナー」という所だった。「でんき家計簿」と「くらしTEPCO」と「東京電力エナジーパートナー」は、どういう関係で、IDパスワードは共通なのか別なのか。

ここまで困りつつ調べた後で、エナジーパートナーのあるリンクをクリックしたら、自由化前の料金プランの場合、引越はネットで手続きできるが料金プランの変更はネットで出来ないと書いてあった。それじゃ、そもそも私は電話で手続きするしかなかったのか。いや、エナジーパートナーのあるページを見ると出来るようだ。で、IDとパスワードを打ち込む事になっている。そのIDとパスワードは「でんき家計簿」のIDパスワードで良いのか駄目なのか。

私の認識力不足が原因なのはわかっているが、助けてくれ。



追伸
「でんき家計簿」から来たメールを見直したら、エナジーパートナーと書いてあった。この2つは繋がっているようだ。

麻婆茄子の素と、麻婆豆腐の素 [手記さまざま2]

市販の麻婆茄子の素と豆腐で麻婆豆腐が作れる事は知っている。麻婆豆腐の素と茄子で麻婆茄子は作れる。でもコツが要る。麻婆茄子の素と麻婆豆腐の素は全く同じではない。

茄子用と豆腐用とで細かな味が違うというのは、私にとって重要でない。どちらを使っても麻婆的な味になるのだから。もっと重要な違いがある。それは味の濃さだ。どちらかが濃くて、どちらかが薄い。

今回うちには麻婆茄子の素があった。でも茄子は無かった。豆腐ならあった。私は一人前を作ろうとした。ご存じの通り、あの手の商品は2、3人前なので、私は一人分の豆腐に麻婆茄子の素を半分入れた。ところが食べてみると味が薄かった。

ずっと昔に、逆に麻婆豆腐の素で麻婆茄子を作ったら味が濃かった記憶がある。でもこれは大昔の記憶なので、保留としたい。いつの日か再度試した時に、はっきりさせる。

そういうわけで、今のところの中間的な推測では、豆腐は味が染みないから麻婆の素は少し濃いめの味付けになっており、茄子は味が染みるから麻婆豆腐の素よりは薄めの味付けになっているのではないか。

私は麻婆豆腐の素で麻婆茄子を作る時と、麻婆茄子の素で麻婆豆腐を作る時は、味の濃さ、つまり具材の量と「麻婆の素」の量の比率を気にして、説明書き通りの分量でなく、最後に必ず味見をするつもりだ。

スマホ乗り換えの準備 [手記さまざま2]

昔のCM記事は一回休みで、今回は別の記事になる。

まだ5月だというのに丑三つ時に蚊に刺されて起こされ、仕方なく蚊取り線香をつけてこの記事を書いている。

早いもので、私がスマホを手にしてから2年が経とうとしている。PCの前に座れない体調の時はずいぶん世話になった。それも後すこしで終わる。このスマホを手放さなければならない。

では2年契約が終わったら私はどうすれば良いのか。他社に乗り換えたほうが安いと聞いたことがあるが本当なのか。ケータイショップに行って情報収集した。

担当になったお兄さんは、やはり他社に乗り換えたほうが安いと言った。私の条件は、親との緊急時通信のために携帯かスマホを持たないわけに行かないが、ほとんど使わないのでできるだけ安上がりに。お兄さんが勧めたプランは2つ。まず、私が今後もどうしてもスマホを使いたいならばUQの格安スマホを選び、親は別個にauガラケーを。私のスマホがシャープで月7540円だが、これを格安スマホに変えると1か月目税込2138円、翌月から1万追加で税込3218円、それでもシャープのスマホでの月額料金よりも安い。これで通話は1回5分以内かけ放題。またはひと月に60分まで無料のどちらかを選べる。データは2GB/月使える。

お兄さんが勧めたもうひとつのプランは、思いきってスマホをやめてしまう。私も親もauの安い携帯を持つ。auの場合スマホを選ぶと先程のプランよりも高くなってしまうので、携帯にする。携帯の月額料金は、この辺の話ではお兄さんがコンサルティングシートに書き込まずにカタログを開いて口頭で説明したので、帰宅後に具体的な料金プランがわからなくなってしまった。でもとにかく、必要最低限機能の安い携帯にした結果、その他にタブレットを利用してもまだ現在の支払いよりも安いというのが売りだった。

以上が、どんな物に乗り換えるかの話だが、もうひとつ、いつ乗り換えるかという話がある。私がスマホを契約したのが2年前の6月だが、お兄さんいわく金のかからない更新期間は一か月後の7月からだという。2年契約だから何となく不思議だが、スマホの料金を24ヶ月でなく25ヶ月かけて分割で払うという契約書面とは一致する。

最後に、今使っているスマホをどうするかの話。私が格安スマホを選べば、手元にひとつスマホがあるのだから、今のスマホは要らなくなるだろう。私が携帯を選べば、私は手元にスマホがなくなってしまう。電話とメールは携帯ですれば良いが、今まで何か調べたい事が出来た時にサッとスマホを取り出してネット検索していた手軽さがなくなってしまう。お気に入りのミニ動画をどこにいても鑑賞できる手軽さも、体調が悪くてPCの前に座れない時に横になっていても文章を書き残せる便利さもなくなってしまう。そこで私はネット検索した。すると、電話とメールの契約が切れたスマホでも、その他のかなり多くの機能は使えるらしい。

私個人にとっては、スマホに元から入っていたメモ帳とコンテンツマネージャーは電話契約が切れても使い続けられるだろうが、新たに入れた動画プレーヤーも使えてほしい。ウチの無線LANはADSLモデムから電波を飛ばしているので、通信速度が不安定だ。春が近づく季節にはなぜか毎年通信速度がゼロに等しい。そういう季節にテザリングができると助かるのだが、スマホがなくなるとそれができない。それどころか、契約切れのスマホはネット接続をその無線LANに頼るのだから、こっちも通信速度がゼロに等しくなる。その状態で1か月以上苦労する事になるだろう。私にとってのデメリットはそれくらいだ。

個人的記録 [手記さまざま2]

人は、ひとつの物事に長く接していると、その影響を受ける。私が古畑VHSのPC保存を始めてから何日経っただろう。私の喋り方が、犯人に証拠を突きつける古畑みたいになってきた。あんまり良いことではない。でもそれ以前はもっと問題があった。古畑以前にやっていたのはザ・シンプソンズのPC保存だった。喋っていて、「あ、今ホーマーみたいだ」とか「今バートみたいだ」とか思った。ちなみに古畑のPC保存が終わったら、次はザ・ドリフターズだ。喋り方が加藤茶扮するお巡りさんみたいになったら、さすがに人が変に思うだろう。それでも作業は進めなければならない。

VHSビデオテープから2000年ごろのCMをいくつか出したいと思っているが、またもやPCの前に座るのを制限しているのでなかなか実現できないでいる。

前の10件 | - 手記さまざま2 ブログトップ