So-net無料ブログ作成
手記さまざま2 ブログトップ
前の10件 | -

体調記録 [手記さまざま2]

pancake.jpg
この記事はパンケーキの写真から始まりますが、スイーツ紹介の記事ではありません。私は滅多にスイーツを食べません。そもそも職場の食堂以外では外食をしません。昼は300円でそば食って生きてる人間ですから外食には縁がないです。このパンケーキの店が出来てから今まで、いったい何年経ったか、入ったことがありませんでした。ずっと入らないつもりだったんですが、人生色々あって精神が脆くなって昔みたいに我を張る元気もなくなって、人から誘われて入ってしまいました。もう二度と入らないだろうから記念にスマホで写真を撮っておきました。目が後部硝子体剥離になって網膜剥離のリスクが高まると言われて、網膜が剥離しても痛みはないから気づかないらしくて、定期的に検査すると言われて、ようやく今度の水曜日が4か月ぶりの眼科検診の日です。そういう状況だと、考えるってことが重荷になります。考えたって、網膜の状態はわからないから。何か変化があっても痛みはないから。そのくせ、網膜と関係ない目の違和感ならあるってんだから、それって一体何なのよと考えてしまう・・・考えてしまうと、重荷なだけで解決策に結び付かない。だったらもう何も考えないことにしよう。仕事のこととか、家事のこととか、考えるべきことだけ考えよう。そういう報告の記事です。

梅雨に入って、目のすごい違和感が和らぎました。いちばんひどい時は花粉症と疲れ目とドライアイが一度に来たみたいな、今まで体験したことのない違和感でしたが。

飛蚊症の影は、ひょっとすると数日前にひとつ新入りです。滅多に見えないんですが、左目の視野の下ギリギリの所に横一直線にスーッと長い黒い線が一瞬見えることがあります。

いっぽう足腰の方は、一週間前から動きが少しましになりました。外を歩くとここ何ヵ月も全ての人が私を追い越して行きましたが、一週間前、すごく珍しいことに私が人を追い越したのです。もちろん今時の人は歩きスマホをするなどサッサと歩こうという気がない場合が多く、だからこそ私が追い越せたのですが。さて今後はどうなるのか。でも良いことばかりではなく、今までは腰が痛くなるのは決まって職場でしたが、先日自宅で味噌ラーメンを作っていたら痛くなりました。家での作業は大丈夫だと思っていた私はショックです。

痛風治療は、2ヶ月後に病院に行きます。次回は採血ではありません。問診と薬の処方だけです。薬を飲まないと大変な腫れになる痛風ですが、薬を飲んでいると何の症状も出ません。


コメント(0) 

飛び入り記事(ジングルを探して) [手記さまざま2]

今回の記事は "飛び入り" 記事だ。今までの記事と同じように音声mp3はずっと置いておくことができない。今後1か月は置いておくつもりだけれども、1か月を過ぎたら消すだろう。

それでは本題に入りたい。気になっていたことがあった。たまたま再生したカセットテープ音声に、気になるものが入っていた。これは、トランザムの「地球の上で」の最初の部分だ。



私が気になったのはトランザムの歌ではなく、それより前にほんの少し入っている音。みんなのうたのOPの音だ。今どきのOPは「ララララー ラララー」というのだが、はるか昔はこういう音でこの番組は始まった。それを私は思い出した。でもラジカセで録音していた子供の頃は、このOPには興味がなかったから録ろうとしなかった。OPは、みんなのうたが始まれば当たり前に毎回鳴るから、保存する気持ちが起きなかった。それが今ごろになって懐かしい。

私は自分のカセットテープの中身を記録したデータに検索をかけて、みんなのうたの録音を探し出し、片っ端から聞いた。案の定、良くて曲の前の紹介の声から、悪くすると曲が始まってから急いで録音ボタンを押すという始末。OPが入っているのは上のトランザムだけだった。

いや、ある意味ではOPが全部録音されていた。でもそれは違うOPだった!



そういえば確かにこんなOPの時期もあったと思い出した。でもメロディーが変わってしまった後だ。ラジャ・マハラジャーではすでに遅すぎたのか!

こんな時の助けは、そう、YouTubeだ。私は "みんなのうた OP" で検索した。上のラジャ・マハラジャーの時期のOPはあった。ところがその前のOPが見つからない。このOPの音をジングルと呼んでいる人がいたので、 "みんなのうた ジングル" でも検索した。そうしたら「ジングル・ベル」がたくさん出てきてしまったよ。コンチクショウ。クリスマスまでまだ半年あるぞ。ネットって、有る時には「こんな物がある!」と驚くのに、無い時には「こんな物もない!」と嘆くことになる。時代の問題だと思う。ある時期よりも昔のものは、保存している人が少ない。

私は望みを失いかけて、自分が持っているその他の「みんなのうた」関係を手当たり次第に聞いてみた。「これはもうだめかな」と思っていた。そうしたらなんと、すごい幸運で見つかった。



上の音は、後年に記念番組が放送された時にそのOPで流れたものだ。

コメント(0) 

NTTからの電話(結果) [手記さまざま2]

さっき自宅に電話があった。

NTTからの電話には間違いなかった。内容は、電話口での最初の段階では、フレッツ光回線が自宅の外まで来ていて、そこから自宅の固定電話までの引き込み線の部分をフレッツ光に変える工事を行うので、それに立ち会っていただけるかという話だった。この言葉だけを聞くと、家の電話回線をフレッツ光に変えるのが唯一の選択肢のように私には受け取れた。だが、まずは色々話を聞いて、無知な私が知識を得ようと思った。私はてっきり電話回線のデジタル化の話だと思い込んでいたが、デジタル化という言葉は出ず、フレッツ光という言葉が何度も出た。私の知識不足で間違えてしまったかと思い、光回線というのは回線のデジタル化とは別なのですかと私は聞いた。もちろん電話の相手はそれに答えてくれたのだが、電話当時私には混乱があったので、これを読んでくださる方に事実を正確にお伝えする自信がなく、むしろその話を通り越して結論、つまり正確にあなたにお伝えできることを書こうと思う。フレッツ光にすると、現在の私のADSLは使えなくなる。フレッツ光に変更しても現在のプロバイダとの契約は続けられると相手が言っていた。ただしそのプロバイダと私が現在契約しているADSLは、そのまま契約し続けていると私はADSLでインターネットに接続できなくなる。電話口の相手は、このADSLをフレッツ光に変更する話をしていた。フレッツ光の高速通信、安定性、テレビも云々という長所の話が出た。相手はたしかフレッツ光を月5、6千円で使えると言ったと思うが、これについては正確な値段をあなた自身がNTTのサイト等で確認してほしい。私はADSLを最安値の月二千円台で使っていることを相手に伝えた。電話口の相手は、今回はフレッツ光の回線工事を無料で行える機会なのでそれをご紹介していると言った。私の頭の中には2つのことが閃いた。1.相手は、今なら無料だが今を逃すと有料になると言っているようだ。2.最初の段階ではまるでフレッツ光の回線工事が唯一の選択肢のように話していたが、ようやく事実を引き出せた。

これで事情は出揃った。あとは人それぞれに、「それなら今フレッツ光にしておこう」という道を選択するか、「今はフレッツ光を拒もう」という道を選ぶか、どちらでも自由だ。私は相手に確認した。私が今のADSLからフレッツ光に変えたら、月額使用料は高くなるんですね。相手は肯定した。私は「それはできません」と言った。それで相手ははじめて、要件を終わらせる方向へ移った。私は最後に「とりあえず今回は今のADSLのままでいいって事ですね」と念を押し、それから儀礼上、電話をくれたことへの礼を言って終わった。

そういえば最初の段階で相手は、不可思議なことを言った。NTTを解約する予定のない方にお電話している、と。NTTを解約するご予定はありませんねと。私は馬鹿正直に聞き返した。「解約って何ですか。普通解約なんかしませんよね。」 いま改めて考えると、今後私が具体的に一歩を踏み出すその時、NTTそのものを解約するという手段もあるということだ。

コメント(0) 

電話回線がデジタル化するとこのブログは消える [手記さまざま2]

NTTから家に電話がかかったらしい。私が不在の時に。電話回線をデジタル化したいので同意してほしいという話だったと家人は言う。私の記憶では、電話回線が強制的にデジタル化するのはまだ先のはずだ。それに先だってこの地区をデジタル化したいというのだろう。これは私にはとても辛い話だ。その理由は、私の家のPC用インターネット通信は安いADSLを使っていて、ADSLは電話回線がデジタル化した途端に使えなくなるからだ。なぜ安いADSLを使っているかというと、私がリストラおじさんで腰痛おじさんなので仕事や収入を増やすことができず、たとえ低速通信だろうと不通の時があろうと、インターネットが使いたければ安いADSLで我慢しなければならない。電話回線がデジタル化してADSLが使えなくなったら、光などの高額の通信を使うのが予算的に無理なので、私はPC用のインターネット通信を諦めるしかないだろう。

それでもスマホはあるのでインターネットが完全に使えなくなるのではない。以前のブログ記事に一度書いたが、恥ずかしながらスマホ料金は私が支払っていない。情けないリストラおじさんのために、さる有難い方が肩代わりして払って下さっている。だから私は一切の有料アプリと追加料金に手を出してはならない。このスマホ契約が今後いつまで続けられるか、私も誰もわからない。でもとにかく今はそれがある。だから今はインターネットが完全に使えなくなることはない。

一番の問題は、ブログだ。私のブログはPC用のインターネット プロバイダが提供しているものだ。ADSLが使えなくなった時点で私はプロバイダを解約するだろう。それでブログは消滅する。

このブログは、ずいぶん前から存在している。楽しいことがあった時も、辛いことがあった時も、私はこのブログに記事を書いた。外で実際に他人と会う時は、自分をある程度まともに見せなければならない。それが世の中だ。だからそういうよそ行きの仮面を取った時の場所を私はブログに求めた。最近は年のせいか記事に昔ほどの情熱が乗せられないのは認めるが、それでも私の生活の一部になっている大事なブログだ。私は、NTTに抵抗できる限り抵抗するつもりだ。私とて、全国一斉にデジタル化する時期が来たのなら抵抗せずに諦める。でも、その時よりもずっと早くに貧乏おじさんの大事なブログを奪うというのは、ひどいではないか。

コメント(0) 

もう情報がほとんどないエイプリル・ダンサー(グループ) [手記さまざま2]

5月病と夏バテがようやく治り、私はまた元気にカセットテープ補完計画を始めた。カセットテープから「運命'76」や「イン・ザイール」といった大昔に流行ったものがちらほらと出てくるのに混じって、エイプリル・ダンサーの「夏からステップ」という歌が出てきた。当時たくさんいたグループの中のひとつだろうと思って、いつも通りにネットで情報を探し始めた。ところが、情報と呼べるものがほとんどなかった。"エイプリル・ダンサー" で検索すると、ヒットするのはスパイ物だったり競走馬だったり。歌を歌うグループの情報はとても少ない。「コーヒーカップ」という歌が代表曲らしく、ネット上に曲名があるのはそれ(まれにそのB面曲名「昨日から今日へ」を伴う)だけ。ニッポン放送の「コッキーポップ」でよく聞かれたらしい。わかったことは、これで全て。各メンバーの名前も、グループの歩みも、出した歌の一覧も、何もない。こういう時は、ちょっと寂しくなる。


上に、夏バテが治ったと書いたけれども、梅雨が終わって暑くなったら私はまた夏バテだろう。それまでの間にカセットテープ補完計画を進めておかなければ。

コメント(0) 

近況とご報告 [手記さまざま2]

レコード音声を記録したwavのノイズを取るソフトの解析は、中止となりました。これをやっていると他のことができません。もう1か月くらい、カセットテープの補完計画が進んでいない気がするので、それを再開しなければなりません。

もともとノイズを取るソフトの解析は、カセットテープ補完計画が進まなくなったので順番に作業するのをやめて大竹しのぶへ飛び、大竹しのぶのレコード音声を聴くに至り、そこからレコードのブツブツノイズが気になって再デジタル化したくてたまらなくなり、そんな自分を思いとどまらせるために始めたことでした。私は本来の作業であるカセットへ戻るべき時が来ています。

カセットテープ補完計画は、その膨大な量が災いして、ただでさえ精神的に疲れてしまっています。自分を鼓舞する方法を、私は考えている最中です。たとえば、調べた曲の昔の映像がもしもネットにあったら、各映像につき1枚ずつスクリーンショットを撮らせていただいてその画像を目の前に並べて懐かしむと、やる気が起きるかもしれません。

上の例はふと思った一案ですが、とにかく自分を鼓舞しつつやって行きます。



せっかくの近況報告ですから、他のこともご報告します。

タンジェリン・ドリームの「嘘訳」は、進んではいませんが、立ち消えたわけではありません。Edgar Froeseの奥さんだった人へのインタビューの部分を選んで始めていたのですが、一部どうしてもわからない所があって困っています。でも、以前にも書きましたが複数の箇所を並行してチャレンジしていますし、助っ人も頼もうと思っています。ただこの助っ人はいつもなかなか捕まらない人なので、話が進むのはおそらく季節が変わる頃になってしまうでしょう。気の長い話です。

次は、ちょっと残念だった話。
私はDVDソフトを見ますしDVD-Rも使いますが、ブルーレイは使いません。でも今どき売っているレコーダーはBDレコーダーなので、無駄にBDドライブが付いています。それで、いつか機会があったらBDを少しだけ体験してみたいと思っていました。でもレンタルBDを借りる必要はなく、地デジの録画を残すのはDVD-Rで満足していました。そこに先日の、太田裕美の「あじさい」がありました。以前からBDというものを少しだけ体験したいと思っていた私にとって、これは珍しいチャンスでした。子供の頃の懐かしい映像ならば、画質にこだわりたい。ただ、この放送はたったの5分。それを録るのにわざわざブルーレイディスクを1枚買うのも何だか・・・。そういえば、DVDにハイビジョン録画できるという何とか言う規格がある。それで済ませてしまったらどうだろうか。それに、私のパソコンはDVDドライブしか付いていないけれども、DVDならば再生できるかもしれない。こうして私は、その何とか言う規格のDVDディスクを先日アマゾンで注文したのです。ちょっとドキドキ、ワクワクでした。今日それがウチの郵便受けに入りまして、私は雨の中をいそいそと郵便受けまで取りに行き、早速BDレコーダーに入れてフォーマットし、「あじさい」をダビングしました。でもパソコンでの再生は無理でした。ディスクはDVDでも中身がブルーレイ用の規格のデータだからでしょうね。私はテレビをあまり見ず、パソコンは大好きという人間なので、なんでもパソコンで見られると嬉しいのですが。そのためには少なくともパソコン用の外付けBDドライブを買わねばならないようです。私はそんな贅沢はできないので、結局パソコンでの再生は無理でしょう。ちょっとだけ残念でした。

コメント(0) 

個人的記録・さらば旧スマホ [手記さまざま2]

これから何年も使おうと思っていたスマホが壊れてしまった。通信が出来ないのではどうしようもない。購入からギリギリ1年以内だったのと、オプションが付いていたのが幸いして、同機種と無料で交換となった。

私はこういう時、記念に写真を撮る。スマホに限らず、機械に限らず、たとえば長年使ってきた味噌汁茶碗の塗りが剥げて捨てることになった時にも。

若い頃は、そんなことはしなかった。そして何十年も経ってから、若い頃の愛用品をふと思い出した時、満足に懐かしむほどの写真が残されていなかった。その後悔から私は何でも写真に撮るようになった。

正直なところ、年を取ってからの愛用品は若い頃の品ほど懐かしくないだろうなとは思う。それでも私は念のために、色んなものの記録を残す。

20180609_160301.jpg
これはたぶん、オールリセットをする際に出た暗証番号入力だろう。私がこの暗証番号なるものに初めて出くわしたのは、もっと古いスマホのSDカードの中身を消そうとした時だった。暗証番号って何だっけと焦ったものだったが、まさか1234というアホな番号が初期設定されているとは。

20180609_160332.jpg
オールリセットが済むと、こんな画面になる。ここまで来たら、つい「始める」っていうボタンをタップしてみたくならないか?

20180609_160345.jpg
「始める」をタップすると、これが出る。SIMカードはもう新しいスマホに入っている。もちろん、今さらこの旧スマホにSIMカードを入れるわけにはゆかない。電源を切って、宅配便(着払い)でUQへ送った。

さらば旧スマホ。

コメント(0) 

AndroidのChromeに手を焼いている [手記さまざま2]

(追記:6月11日、ダウンロードの表示関係を追加しました。)

Android版のGoogle Chromeは複数の意味で好きになれない。ドルフィンブラウザが不具合で使えなくなってChromeに戻ったが、早速うんざりしている。
まず操作性が感覚的でない。私はまだいいが、こんな操作方法、年老いた親には強制できない。
次に、新しいタブを開いたらズラズラと出る不要なもの。最近アクセスしたブックマーク。おすすめのコンテンツ。最近アクセスしたブックマークの方は鬱陶しい程度かもしれない(最近アクセスしたからといって今回もアクセスするわけではないのにズラズラと出る)が、おすすめのコンテンツは明らかに迷惑だ。モバイルデータ通信の限られた通信量を不要なもので消費したくない。

私は早速設定でこれらを消そうとしたが、そういう設定が見つからない。ネット検索したら隠し設定画面だと? 隠さないでくれ。大事な設定だ。この設定画面が私のバージョンでは全部英語だ。そしてすごい行数ある。いちいち解読していられん。ネット上の情報に従って特定の項目を表示する。この時、Chromeの検索窓に打ち込む文字列が一気に隠し設定画面の検索結果にまでたどり着くもの(そういうのを紹介してくれているサイトがどこかにあった)なら良いが、まず隠し設定画面を出してからその上の方にある検索窓を使う時は注意が必要だ。検索文字列をコピペして、さてGoのボタンはどこかなと見ると、検索窓のすぐ右隣にボタンがある。私はボタンの文字を読みながらタップしようとして、自分の過ちに気づいて指を止めようとしたが一瞬遅かった。そのボタンには、設定をすべてデフォルトに戻すと書いてあった。それまでに英語を解読してDisabledに変更してあった所が全部元に戻ってしまった。ヴァッカヤロウ!!

そういう事故もあるとわかったから、現在まだ覚えていることは備忘録としてメモしておくことにした。

隠し設定画面のアドレス
chrome://flags

新しいタブに表示される「最近アクセスしたブックマーク」を表示させなくする項目
Show recently visited bookmarks on the New Tab page

新しいタブに表示される「おすすめのコンテンツ」を表示させなくする項目
Show server-side suggestions on the New Tab page

なお、「おすすめのコンテンツ」は過去に仕様変更があり、それまで有効だった項目で非表示にできなくなったという情報がネット上にある。事実私も、去年のネット記事に従って変更しても非表示にできなかった。だから上の項目も、そのうちに仕様がまた変更されて効果がなくなる可能性がある。

(6月11日追加分)
新しいタブに表示される「ダウンロード」を表示させなくする項目
Show asset downloads on the New Tab page

最後に、念のために、隠し設定画面の上の方に書いてある文を引用する。設定を変更するなら自己責任でということなのだろう。
By enabling these features, you could lose browser data or compromise your security or privacy. 

コメント(0) 

スマホ壊れて交換した [手記さまざま2]

UQから新しいスマホが届きました。SHARP製のAndroidです。(壊れたのと同じ機種しか選べない。)あらかじめ80パーセントの充電がしてあり、すぐにデータの移行にとりかかれました。

SIMカードを入れるまでは起動しません。SIMカードを入れたらデータ移行のプログラムが始まりました。

そのデータ移行の方法として、古いスマホが手元にある場合に新旧スマホ同士を背中合わせにする方法と、バックアップアカウントを使う方法が選択できました。そんなの情報として得ていなかったので、どちらがよりお薦めの方法なのかがわかりませんでした。

私は万歩計アプリを使っています。バックアップアカウントって、最終バックアップはいつなんだろう。今日のぶんの歩数はきっと反映されないだろう。ひょっとしたら昨日のぶんも? というわけで、新旧スマホ同士の通信でデータ移行をすることにしました。ところが、SIMカードを取った旧スマホが急に自宅のWi-Fiを認識しなくなりました。これはスマホの仕様の問題ではなく、故障だと思います。この旧スマホがそもそも通信関係で壊れたから(Wi-Fiは使えたり使えなかったりする。電話は不通)交換となったわけで、壊れた結果Wi-Fiがまた使えなくなったのでしょう。とにかく私の場合、新旧スマホ同士の通信でデータ移行する方法は使えませんでした。

スマホの「設定」の「バックアップとリセット」の所にマイクロSDカードを使ったデータ引継ぎというのがあって(これはどうやらSHARPの提供する機能らしい)、解説を読んでみたら電話帳など限られたデータの引継ぎしかできないように書いてありましたが、ひょっとしてその後Androidはバージョンアップして色々引継げるようになったかなと試してみました。でも書いてある通り、電話帳など限られたデータしかバックアップしようとしません。これは使えません。(追記:下に関連する出来事あり。私が使っていた電話帳はバックアップアカウントでデータ移行できなかったので結局SDカードは必要だった。)

それではJSバックアップをダウンロードして使うしかないかなと思いましたが、そのためには新スマホに移したSIMカードをまた旧スマホに戻してJSバックアップをインストールし、バックアップし、それからSIMカードを新スマホに移してデータ移行するに違いありません。それと、アプリ内課金を使えば楽にデータ移行できるという話がネットに書いてあり、ということは課金を使わないと面倒かもしれません。

それでひとまずバックアップアカウントを試すことにしました。このアカウントが一般的にどういうものなのか私は知りませんが、私の場合は、スマホを使い始めた時に格安スマホだからメールアドレスが付いていなくてSMSしかできなくて、GMailのアドレスを取得しました。それが旧スマホの「設定」の「バックアップアカウント」の所に表示されています。新しいスマホにバックアップアカウントを設定するにはパスワードも必要です。GMailのアドレスを取得した時に決めたパスワードです。その後、何をバックアップするか等の選択が少しあって、長々とダウンロードが始まります。

やがてダウンロードが終わりました。アプリをひとつずつ試してみなければいけません。まずは電話かな、と思い、電話帳を開きました。何かメッセージが出ました。「電話帳データがありません。」 ひでぶっ!! 「マイクロSDカードからデータを移しますか」と出ました。さっきたまたまマイクロSDカードを使ったデータ引継ぎを試したから良かったものの、そうでなかったらどうすんのよ。

Google Chromeのブックマークは引継ぎできました(バックアップアカウントを使う方法で)。

実はChromeは最近あまり使いません。ずっとドルフィンブラウザを使っていました。Chromeよりも操作が感覚的で使いやすく、重宝していました。でも先日更新した時から落ちまくって使えなくなってしまい、とっても残念だけどデータ移行しませんでした。

メールソフト等は最初に開く時に設定画面が出て少し煩わしかったけど、まあ許そう。

私にとっていちばん気になる万歩計は、昨日の歩数まで記録されていました。今日の今までの300歩がリセットされただけなので、これでいいことにします。これから、失われた300歩を倍返しで600歩カウントさせるために歩いてこなきゃ。

コメント(0) 

太田裕美のあじさいについて追加情報 [手記さまざま2]

Googleアラートが来ました。昔ようつべにあったというあじさいがニコニコに上がりました。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm33318291
あと1週間も経たずにテレビで再放送するというのに、どうしてこのGoogleアラートを重視するのか。画質も音質もテレビのほうが良いだろうに、なぜ。その理由は、曲そのものにはありません。曲の前の紹介の声です。こんな昔の歌をまた聴きたい人の大部分は、昔の思い出を追っているはず。そして、この歌でなくても昔の「みんなのうた」の録音を何か持っている人ならば、今どきの「みんなのうた」と比べて、昔と今とで番組の雰囲気が何か少し変わったのに気付いているのでは。今どきの「みんなのうた」は紹介の声が明るいです。昔は、もっと落ち着いていました。NHKが目指すイメージが、昔と今とで違うからでしょう。

昔の思い出を追う人にとっては歌の前の紹介も昔のままが良いのに、歌は再放送されても歌の前の紹介の声はおそらく2度と放送されません。

よく考えてみると今回ニコニコに上がったものは、たとえ音質や画質は劣っても、テレビ再放送にはない価値があると思うのです。

コメント(0) 
前の10件 | - 手記さまざま2 ブログトップ