So-net無料ブログ作成

Neko Project21/W [  PC-98x1(補完計画)]

記事を3つ書いたが、消してしまった。その理由は、私がクリーンインストールをしなかったせいで、デバイスドライバのインストールが不確実になり、複数回試したら成功したり失敗したりしたから。たまたま最初に成功して自信満々に記事を書いたが、後から失敗することもあるとわかり、記事が出せなくなった。きっとWindows95をクリーンインストールすれば問題は起きないに違いない。

現在、とにかくNeko Project21/WでWindows95は動いている。T98NEXT用に作ったNHD(Windows95入り)を流用したのでディスプレイドライバとCD-ROMドライバを手作業で入れた。その代償として、もしも問題が起きた時に、その問題がWindows95またはNeko Project21/Wに起因するものなのか、それとも私がドライバを手作業で入れた際に不備があったのかを、特定できなくなってしまった。

そして問題は、起きてしまった。私は4つのゲームソフトA、C、M、Oをインストールしようとした。Aは問題なくインストールできて、ゲームの初期画面まで確認した。CとOはInstallShieldが起動してファイルの展開を始めたが、やがてInstallShieldのウィンドウが消え、その後何のウィンドウも現れない。スタートメニューにもゲームが登録されず、それ以前の段階で問題が起きている。それ以後シャットダウンまでの間、Windows95の動作がおかしくなる。アイコンの選択やウィンドウを閉じるのが、ものすごく遅い。でもフリーズではなく、気長に待っていればそのうちにアイコンが選択されたりウィンドウが閉じたりする。それにたいしてInstallShieldのウィンドウが消えた後現れるはずのゲーム画面は、1時間待っても現れない。

残るゲームソフトMは、そもそもCD-ROMの中身が認識されずに「0個のオブジェクト」となる。Mのディスクイメージを直接Neko Project21/Wに読み込んでも、MのディスクイメージをまずDaemon Tools Liteでホスト(Windows10)の仮想DVDドライブにマウントし、それをNeko Project21/Wに読み込んでも、結果は同じ。ちなみに、MのディスクイメージをDaemon Tools Liteで仮想DVDドライブにマウントすると、Windows10からはCD-ROMの中身が見える。

考察。ゲームソフトAがインストールできるということは、どのアプリケーションソフトも動かないのではなく、動くソフトもある。では動かなかったCやOは、動いたAと何が違うか。CもOも、インストール用ウィンドウにInstallShieldとはっきり書いてある。そのファイル展開の途中か直後に問題が起きる。Aのソフトハウスはプログラマーが強者(つわもの)で、インストールソフトもゲーム用ドライバーも全部自前で作っていた。InstallShieldを使うことで問題が起きている可能性は高い。ただし前述のように私がWindows95をクリーンインストールしなかったから、他の可能性(私のせいという可能性)まで考慮しなければならなくなった。

ゲームソフトMについても、私がドライバを手作業で入れた際に不備があった可能性も考慮しなければならない。






元気がないので元気を出したい [  PC-98x1(補完計画)]

ジョジョにスイッチングウィンバックというのが出てきた。私にそんなすごい技は使えない。私はちょっと元気が出たと思ったら何かの出来事にまた潰される。それはわかっている。が、だからといって、解決策を何も講じずに酒に溺れるとか、首を吊るとかいうのは正しくない。たとえ潰れても、じたばたするのが生き物としてまともだ。そういえばアバンという勇者も漫画の中で「じたばたしましょう」と言っていた気がする。だからじたばたするけれども、私にとっての困った点は、現実世界の何らかの要素によって私がウィンバックの手段を奪われた状態だということだ。ウィンバックの手段は人それぞれに違う。はるか昔、若者の頃の私は、好きな女の子のために何かをするのが人生のすべてだった。そこに太陽があったから、苦しみは乗り越えられた。さて、この歳で同じことをするかと言えば、それはもうない。まずひとつめの私のウィンバック手段は年齢が私から奪い去った。ふたつめ。同じく若いころ、何をやってもうまく行かなかった私はパソコンに出会い、コンピュータープログラミングに出会った。私は初めて、何かをやって成功するという体験をした。それ以来、プログラミングだけは壁に突き当たっても乗り越えられた。時間はかかるが、いつか必ず壁は越えられた。さて、今の私に同じことが出来るかというと、腰痛でPCの前に長時間座ることを禁じられ、出来なくなった。プログラミングにはたくさんの時間が要るが、デバッグにはさらにたくさんの時間が要る。PCの前に何十時間座るかわからない。私の腰は、もうそれに耐えられない。ふたつめの私のウィンバック手段は健康状態が私から奪い去った。私はさらに続けて、私が今でも出来るウィンバック手段を探し続けた。おそらく腰痛から来ると思われる歩行困難で、旅行やウォーキングをウィンバック手段には出来ない。DAWが機を逸したのは少し前の記事に書いた通り。たまたま、あるものを見つけた。Neko Projectをご自分で改造してWindows95を動かした方がいらっしゃる。私は以前にT98NEXTでWindows95を動かそうとしたが、画面解像度がうまく行かなかった。VirtualBoxだったか、他の何かも試したが、問題があった。何年も前のことだから詳細は忘れてしまった。最終的に私がしたかったのは、自分が持っているMYSTというゲームとOBSIDIANというゲームを動かすことだ。でも、Windows95が何とか動いても、その上でゲームソフトが完動するのは難しかった。とくに音関係が。私は以前に複数回チャレンジして完動しなかったから、今回はもう期待していない。そもそも私自身に元気とやる気がなくなってしまった。それでも、ちょっと試してみようと思う。それで1日でも元気が出れば、良い1日が得られたと言えるだろう。

そういうわけで、Neko Project 21/Wを使わせていただいてWindows95を動かし、無理を承知でMYSTとOBSIDIANを動かしてみる。失敗しちゃったら記事にもならないかもしれない。途中まででも何かの成果が出たら、記事にするかもしれない。人生の中で何かの出来事にまた潰されたら、ブログが沈黙するかもしれない。未来は霧の中。今回は、ここまで。







ウエストワールド(1973映画)の思い出 [  昔の本(補完計画)]

スカパーのムービープラスというチャンネルで3月に「ウエストワールド」というSF映画を放送すると知った。私はこの映画を見たことがない。それならなんでブログ記事に書くほど興味をもったのかというと、小さい頃、子供向けの本でサイボーグやアンドロイドの紹介があった。その挿絵が、カウボーイの口のところが切り取られて機械が見え、それが人間の姿をしているが人間ではないとわかる絵だった。当時子供だった私は、「こんな絵が描かれているからには、どこかにこの絵の元になる映画か何かがあるかもしれない」くらいしか思いつかなかったが、それでも絵が印象的だったので今でも覚えている。それが、先日ムービープラスの3月放送作品を調べたら何だか似たような顔と帽子のカウボーイの写真があり、ネット検索してみたらまさにあの挿絵の元になった映画だった。アンドロイドを演じているのはユル・ブリンナーだった。昔の映画だから映像的にたいしたものでないのはわかっているが、子供の頃に見た絵の元になった映画がどんなものか興味がある。

驚異の世界 [  カセットテープ(補完計画)]

私の年齢的に、健康上の話をブログでもしなければならない。が、今回は1800回記念だ。1800回記念の祝いに、来てくださったあなたを巻き込んで病気の話をするのは無粋というものだ。だから今回は別の話にしよう。

前回の記事で、私は「驚異の世界」のことを少し書いた。これは昔のテレビ番組の名前だ。オープニングの曲がとても良くて、私はカセットテープに録音した。オープニングの曲はよく覚えているんだが、この番組そのものはどんなだったのだろう。長い年月の間にすっかり忘れてしまった。今日、自分のカセットテープを調べていたら、「驚異の世界」のオープニングの他に、次回予告とエンディング部分も出てきた。ブリタニック号沈没の謎をクストー探検隊が探るという前後編の話だったようだ。


同じカセットテープの数分後に、もうひとつ、「驚異の世界」ではないかと思われる録音があった。エンディング曲がいつもと違うのだが、内容が沈没船で、それを調査するのがカリプソ号つまりクストーの船なので、先の放送の後編のラストかもしれない。


今回は「驚異の世界」を懐かしむ話にしたが、きっと次回から数回は健康と病気の個人的記録になってしまう。それも私個人にとってはとても大事なことなので、ご勘弁いただきたい。







日記 [手記さまざま2]

記事数1800の祝いを目前にして小休止の兆しがある。ブログ記事の小休止といえば、それは外面的な障害(病気療養など)か、内面的な障害(引っ込み思案になってUPできない)のどちらかだ。今回は内面的。記事ならば、少し前に書いた。ふと、つちやかおりの哀愁のオリエント急行という曲を思い出して、ネット検索したり自分のカセットテープから音をmp3化したりした。でもそれが飲酒時の記事で、そういうのは酔った勢いで「えいやっ!」と出さないと駄目だ。一日置くと、恥ずかしくてもう出せない。それでも妙に曲が何日も耳に残り、夜寝る前にネット検索した。それがまたいけなかった。昔の曲なのにCDになって改めて売られていると知った。つちやかおり自身が現在活動中でもあるとわかった。こうなると、カセットテープの曲を安易にUPできない。権利者のことも考えなければ。ネット検索はさらに続いた。松武秀樹という人のOrient Expressというのが見つかった。曲のメロディーはつちやかおりの哀愁のオリエント急行と同じと言っていい。アレンジや演奏が違っている。どういう位置づけなのかは調べられていない。松武秀樹というのはシンセサイザー奏者らしい。知らなかった。松武秀樹から「驚異の世界」へ飛んだ。私のようにヘロヘロしてしまった者でも、世の中は時として面白いと感じる。まさか「哀愁のオリエント急行」が「驚異の世界」につながるとは思っていなかった。

オリエント急行と名のつく列車はいくつもあるらしい。そして何度も話題になったらしい。確認はしていないが、たしか探偵小説の中に、一人一回ずつ刺してみんなが犯人というのがあったような気がする。さて、つちやかおりの哀愁のオリエント急行は1982年。この時にオリエント急行と名のついた列車はどれだったのか。ウィキペディアで調べてみたが、オリエント急行が日本を走ったのはもっと後らしい。曲の中では東京で別れのベルが聞こえるから、日本を含めて走っていないと都合が悪いのだが。あるいは、なんとなくイメージだけで歌詞作りましたという感じで、東京を出発して白夜を走っているのだろうか。

とにかくこうして、哀愁のオリエント急行はブログ記事に出せなくなった。

先日電車に乗っていると、賑やかな女子高生の一団がピーチクパーチクと喋っていた。どうしてバレンタインなんかあるんだ。めんどくさい。なんで日本で聖バレンタインなんだ。あんなのチョコレート業者が作っただけだ。と元気に喋り続けた。おしゃべりこそ女子高生の命だな。結構なことだ。

いっぽう私はというと、人生に疲れ仕事に疲れ、しばらくは馬鹿に徹して休息をとりたいと思っていた。すると、どこかの駅に停車した時、巨大な漫画絵のポスターが見えた。「アニメの宣伝かなあ。私は巷のアニメについてゆけないおじさんになって年久しいが、気分転換のつもりで、能天気なアニメを酒飲んで一日ボーっと見てみようかな。」そんな思いが頭をよぎった。電車は走り出し、何のポスターかわからないままに駅が過ぎ去った。その後しばらくは駅ごとに注意していたが、もうあのポスターは見つからなかった。一体何だったんだろう。別にあれそのものでなくて良いのだ。あれみたいな何かのアニメをやっていないか、ネット検索してみよう。私はネット検索のキーワードを考えた。あの絵のキャラクターは、一体どんなものだろう。んー、あれはつまり、魔法少女だ。そんな感じに見える。さあて、おじさんの勘はどの程度当たるだろうか。

私はネット検索した。しばらく調べていると、なんと見つかった。マギレコというスマホアプリゲームの宣伝らしい。私は若い頃からゲームをあまりやらないので、「能天気なアニメ」を望んでいた私はこの時点で今回の検索はおしまいかなと思った。でももう少し調べた。マギレコの元は、魔法少女まどかマギカだそうだ。この名前はずいぶん昔に聞いた記憶がある。たしかここに出てくる魔法少女は能天気どころか、死ぬんじゃなかったっけ。相当シリアスに暗いんじゃないかな。もう少し調べた。私のおぼろげな記憶は当たっていたようだ。「能天気なアニメ」を望んでいた私は今度こそ本当に検索をおしまいにする時が来た。

テレビ番組表のどこかに、能天気な魔法少女は、いないかなあ。録画予約が七つの大罪だけというのは寂しい。

ひとまずは、今日も元気にヘロヘロと、やるべきことから始めよう。







しつこい豚脂をきれいに洗い流せる [手記さまざま2]

豚脂のべったり付いたフライパンや皿を洗うのは大変だ。私の体験だと、しっかり洗ったつもりでも水で流したら脂が残っていたりする。だからそういう洗い物は他の物と別個にして、後から水の代わりにお湯を使うなどして頑張って洗う。そういう洗い物がある時は憂鬱だ。今まではそうだった。

少し前に、叔母が小包を送ってきた。色々な物が入っていたが、その中に洗剤があった。これだ。
20180128_151151.jpg
これを使ってみたら、フライパンにべったり付いた豚脂が一度できれいに落ちた。お湯を使わず水で落ちる。私は驚いた。この洗剤がウチに来てから、豚脂の付いた物を洗うのが憂鬱でなくなった。




個人的記録 [手記さまざま2]

KORGのKLCをKCに移行する作業は成功した。DAW再構築はすでに始めている。とはいえ、年末年始の暇のある時が過ぎてしまったのと、いちばん作りたかった曲「ケースDのテーマ」がネット上で見つかってしまったのとで、曲作りは個人的に時間も意欲もそがれてしまった。

調べてみたら、私がDAWを初めて構築しようとしたのは2013年だった。それから4年くらい経っている。その4年の間に私はすっかり肉体的にも精神的にも年をとってしまった。4年前のブログ記事を読み返してみたら、なんと意欲的に作業していたことか。文字通り寝る間も惜しんで朝から晩までやっていた時もあった。肉体が今と違って、そういう無茶をまだ許していたのだろう。

精神的には、新しい物を学ぶ意欲、「それをマスターしたら自分が望む曲も出来るかもしれない」という大きな期待。たぶんそれが大事だ。今の私は、人が変わってしまった。

それでも、人々は気がつかないだろうが、小さな感動はある。少し前にペンケースの写真を出した。トカゲか、それともサンショウウオか。一般受けはしないだろうが、私にとっては長年見てきたペンケースの中でいちばん引かれるものだ。しかし予想していたことながら、ブログ記事のアクセス件数は、ただでさえ人が見ない私の記事の中でもさらに少ない。

では、人が見ない私の記事の中で比較的多くのアクセスがあるのはどんな記事だろう。最近ならばDAICON3、その前はピンク・レディーがギリシャ神殿の前で歌っている絵。その前は、ずいぶん前になるが、上半身裸の女の人が胸を隠して立っている写真。なあるほど。記事の中の何かが一般受けしそうな時にアクセスが多く、記事のテーマが個人的であるほど一般受けしない。じつに当然だ。そして残念ながら、私個人にとってもっとも意義があるのは、個人的な話題だ。いつかそのうち、私の興味と人々の関心が一致する時も来るだろう。今は地道にこつこつと記事を書いてゆこう。

もうじき節分だ。節分は、時節の分かれ目だ。このごろは厄払いと思ってたくさんのmp3をUPしてきたが、きっと節分には私自身気持ちを改める必要があると思う。いちど古いmp3をスッキリと消して、改めて、今度は「厄払い」でない何かをUPしようと思う。






KLCの移行手続き [手記さまざま2]

KORG Shopから回答があった。ちょうど私が注文した時にサーバーエラーがあったようで、必要な情報が発行されていなかった。そういえば、去年の12月にKORGからKLC移行のメールをもらった時、私はすぐに手続きしようとしたのだが、その日のうちは何度試しても途中で失敗した。サーバーからの返信がなくタイムオーバーになった。私のPCのネット接続は時として繋がりにくくなるので、それかと思い、スマホによるテザリングに切り替えた。ところがそれでもタイムオーバーになった。私が思ったのは、「スマホのネット回線も繋がりにくくなったか」という事だった。私が使っている回線が高速でないので、問題は私の側の回線にあると思い込んでいた。それでも翌日に試した時には手続きが出来て、「ご利用ありがとうございました」のメールも来たので、これでうまく行ったと思っていた。




KLC、ついに問い合わせした [手記さまざま2]

天気予報によると氷点下の気温の中、布団にくるまって記事を書いている。KORGのKLCに代わるKCが注文しても来ない件、ネット検索しても私と同じ事で悩んでいる人が見つからない。私だけが特別なのだろうか。注文の方法を再度確認したが、やはり最後にメールが来ることになっている。でもそれが来ない。来たのは「ご注文ありがとうございました」という確認だけのメールと、他の商品の宣伝メールだけだ。注文したのが去年の12月25日ごろで、正月休みを挟んだとはいえ1か月が経ってしまった。これはもう悠長に待っている状態ではないと思い、昨日の夜にKORG Shopに問い合わせのメールを出した。

今日私は忙しく動かなければならないが、一日働いてから今夜にでもメールをチェックしたら回答が来ているかもしれない。

ペンケース [手記さまざま2]

アクセス件数が伸びないのをわかっていて、それでも個人的に出したい記事ってのがある。

私はずっと前から、女子高校生等がバッグに下げるアクセサリーや、動物の形をしたペンケースが羨ましかった。そういう形で自己主張できるのが、羨ましかった。同じことをむさ苦しいおじさんがしたら、キモいではないか。つまり私はできない。

何十年も動物の形をしたペンケースを見てきて、とくにたまらんペンケースの写真を去年ゲットした。猫やウサギがかわいいのとは違うんだが、この目で見つめられると、なんかたまらん。
20180122_111713.jpg