So-net無料ブログ作成

AndroidのChromeに手を焼いている [手記さまざま2]

(追記:6月11日、ダウンロードの表示関係を追加しました。)

Android版のGoogle Chromeは複数の意味で好きになれない。ドルフィンブラウザが不具合で使えなくなってChromeに戻ったが、早速うんざりしている。
まず操作性が感覚的でない。私はまだいいが、こんな操作方法、年老いた親には強制できない。
次に、新しいタブを開いたらズラズラと出る不要なもの。最近アクセスしたブックマーク。おすすめのコンテンツ。最近アクセスしたブックマークの方は鬱陶しい程度かもしれない(最近アクセスしたからといって今回もアクセスするわけではないのにズラズラと出る)が、おすすめのコンテンツは明らかに迷惑だ。モバイルデータ通信の限られた通信量を不要なもので消費したくない。

私は早速設定でこれらを消そうとしたが、そういう設定が見つからない。ネット検索したら隠し設定画面だと? 隠さないでくれ。大事な設定だ。この設定画面が私のバージョンでは全部英語だ。そしてすごい行数ある。いちいち解読していられん。ネット上の情報に従って特定の項目を表示する。この時、Chromeの検索窓に打ち込む文字列が一気に隠し設定画面の検索結果にまでたどり着くもの(そういうのを紹介してくれているサイトがどこかにあった)なら良いが、まず隠し設定画面を出してからその上の方にある検索窓を使う時は注意が必要だ。検索文字列をコピペして、さてGoのボタンはどこかなと見ると、検索窓のすぐ右隣にボタンがある。私はボタンの文字を読みながらタップしようとして、自分の過ちに気づいて指を止めようとしたが一瞬遅かった。そのボタンには、設定をすべてデフォルトに戻すと書いてあった。それまでに英語を解読してDisabledに変更してあった所が全部元に戻ってしまった。ヴァッカヤロウ!!

そういう事故もあるとわかったから、現在まだ覚えていることは備忘録としてメモしておくことにした。

隠し設定画面のアドレス
chrome://flags

新しいタブに表示される「最近アクセスしたブックマーク」を表示させなくする項目
Show recently visited bookmarks on the New Tab page

新しいタブに表示される「おすすめのコンテンツ」を表示させなくする項目
Show server-side suggestions on the New Tab page

なお、「おすすめのコンテンツ」は過去に仕様変更があり、それまで有効だった項目で非表示にできなくなったという情報がネット上にある。事実私も、去年のネット記事に従って変更しても非表示にできなかった。だから上の項目も、そのうちに仕様がまた変更されて効果がなくなる可能性がある。

(6月11日追加分)
新しいタブに表示される「ダウンロード」を表示させなくする項目
Show asset downloads on the New Tab page

最後に、念のために、隠し設定画面の上の方に書いてある文を引用する。設定を変更するなら自己責任でということなのだろう。
By enabling these features, you could lose browser data or compromise your security or privacy. 

コメント(0) 

スマホ壊れて交換した [手記さまざま2]

UQから新しいスマホが届きました。SHARP製のAndroidです。(壊れたのと同じ機種しか選べない。)あらかじめ80パーセントの充電がしてあり、すぐにデータの移行にとりかかれました。

SIMカードを入れるまでは起動しません。SIMカードを入れたらデータ移行のプログラムが始まりました。

そのデータ移行の方法として、古いスマホが手元にある場合に新旧スマホ同士を背中合わせにする方法と、バックアップアカウントを使う方法が選択できました。そんなの情報として得ていなかったので、どちらがよりお薦めの方法なのかがわかりませんでした。

私は万歩計アプリを使っています。バックアップアカウントって、最終バックアップはいつなんだろう。今日のぶんの歩数はきっと反映されないだろう。ひょっとしたら昨日のぶんも? というわけで、新旧スマホ同士の通信でデータ移行をすることにしました。ところが、SIMカードを取った旧スマホが急に自宅のWi-Fiを認識しなくなりました。これはスマホの仕様の問題ではなく、故障だと思います。この旧スマホがそもそも通信関係で壊れたから(Wi-Fiは使えたり使えなかったりする。電話は不通)交換となったわけで、壊れた結果Wi-Fiがまた使えなくなったのでしょう。とにかく私の場合、新旧スマホ同士の通信でデータ移行する方法は使えませんでした。

スマホの「設定」の「バックアップとリセット」の所にマイクロSDカードを使ったデータ引継ぎというのがあって(これはどうやらSHARPの提供する機能らしい)、解説を読んでみたら電話帳など限られたデータの引継ぎしかできないように書いてありましたが、ひょっとしてその後Androidはバージョンアップして色々引継げるようになったかなと試してみました。でも書いてある通り、電話帳など限られたデータしかバックアップしようとしません。これは使えません。(追記:下に関連する出来事あり。私が使っていた電話帳はバックアップアカウントでデータ移行できなかったので結局SDカードは必要だった。)

それではJSバックアップをダウンロードして使うしかないかなと思いましたが、そのためには新スマホに移したSIMカードをまた旧スマホに戻してJSバックアップをインストールし、バックアップし、それからSIMカードを新スマホに移してデータ移行するに違いありません。それと、アプリ内課金を使えば楽にデータ移行できるという話がネットに書いてあり、ということは課金を使わないと面倒かもしれません。

それでひとまずバックアップアカウントを試すことにしました。このアカウントが一般的にどういうものなのか私は知りませんが、私の場合は、スマホを使い始めた時に格安スマホだからメールアドレスが付いていなくてSMSしかできなくて、GMailのアドレスを取得しました。それが旧スマホの「設定」の「バックアップアカウント」の所に表示されています。新しいスマホにバックアップアカウントを設定するにはパスワードも必要です。GMailのアドレスを取得した時に決めたパスワードです。その後、何をバックアップするか等の選択が少しあって、長々とダウンロードが始まります。

やがてダウンロードが終わりました。アプリをひとつずつ試してみなければいけません。まずは電話かな、と思い、電話帳を開きました。何かメッセージが出ました。「電話帳データがありません。」 ひでぶっ!! 「マイクロSDカードからデータを移しますか」と出ました。さっきたまたまマイクロSDカードを使ったデータ引継ぎを試したから良かったものの、そうでなかったらどうすんのよ。

Google Chromeのブックマークは引継ぎできました(バックアップアカウントを使う方法で)。

実はChromeは最近あまり使いません。ずっとドルフィンブラウザを使っていました。Chromeよりも操作が感覚的で使いやすく、重宝していました。でも先日更新した時から落ちまくって使えなくなってしまい、とっても残念だけどデータ移行しませんでした。

メールソフト等は最初に開く時に設定画面が出て少し煩わしかったけど、まあ許そう。

私にとっていちばん気になる万歩計は、昨日の歩数まで記録されていました。今日の今までの300歩がリセットされただけなので、これでいいことにします。これから、失われた300歩を倍返しで600歩カウントさせるために歩いてこなきゃ。

コメント(0) 

太田裕美のあじさいについて追加情報 [手記さまざま2]

Googleアラートが来ました。昔ようつべにあったというあじさいがニコニコに上がりました。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm33318291
あと1週間も経たずにテレビで再放送するというのに、どうしてこのGoogleアラートを重視するのか。画質も音質もテレビのほうが良いだろうに、なぜ。その理由は、曲そのものにはありません。曲の前の紹介の声です。こんな昔の歌をまた聴きたい人の大部分は、昔の思い出を追っているはず。そして、この歌でなくても昔の「みんなのうた」の録音を何か持っている人ならば、今どきの「みんなのうた」と比べて、昔と今とで番組の雰囲気が何か少し変わったのに気付いているのでは。今どきの「みんなのうた」は紹介の声が明るいです。昔は、もっと落ち着いていました。NHKが目指すイメージが、昔と今とで違うからでしょう。

昔の思い出を追う人にとっては歌の前の紹介も昔のままが良いのに、歌は再放送されても歌の前の紹介の声はおそらく2度と放送されません。

よく考えてみると今回ニコニコに上がったものは、たとえ音質や画質は劣っても、テレビ再放送にはない価値があると思うのです。

コメント(0) 

個人的記録(ブツブツノイズ)続き [  レコード(補完計画)]

前回の記事は、無料ソフトの使い方を知ろうとヘルプを見たらアルファベットの海が広がっていたという所まででした。

昔は、アルファベットの海が広がっているとその先へは行けませんでした。でも今はスマホアプリという強い味方がいます。
btbt02.jpg

アルファベットの海の写真をスマホで撮ると、たとえそれが英語以外の言葉でもたちどころに訳してくれるのです。

btbt03.jpg
・・・。この訳は、本当に合っているのですか。このソフトは音声のブツブツノイズを取るためのものだと思っていたのですが、世界を征服するのですか。そもそもこれは、ソフトの取扱説明書ではないのですか。

どうやら、方法を変える必要があるみたいです。私は、翻訳アプリをひとまずやめました。

今の私は年をとってしまいましたが、若い頃の私はこういう時、無謀にも強大な敵に立ち向かっていったものでした。たいていは玉砕しましたが、その無謀さ、向こう見ずが若さの特権というものでした。今のこの年とった私が、少しだけ、向こう見ずに立ち向かってみましょうか。ドン・キホーテのように。

でも、立ち向かうのはアルファベットの海じゃありませんよ。ソフトそのものに立ち向かうのです。いじりまくって、失敗の中から使い方を学びましょう。

私はアルファベットの海に囲まれると溺れてしまいますが、パソコンのソフトに囲まれるとモリモリと元気が湧くのです。パソコンのソフトをいじる時、私はラ・マンチャの男になれるのです。

Rillenputz.exeを起動します。

btbt04.jpg
これが初期状態のウィンドウです。左上にDateiと書いてあります。たいていキャプションバー直下のこの場所はメニューバーで、そのいちばん左は「ファイル」と相場が決まっています。

btbt05.jpg
「ファイル」のサブメニューの一番上は「開く」と相場が決まっています。何とかなるもんです。ここを選択してwavファイルを読み込みます。

btbt06.jpg
"test.wav"を読み込んだ後のウィンドウです。一番下のステータスバーに、読み込んだwavの情報が出ます。ついでにウィンドウの右端を見ます。3つのタブがあり、初期状態で一番左のタブが選択されています。「DeClicker」です。ブツブツノイズ軽減は、これです。

btbt07.jpg
「DeClicker」の中に「Ein」というチェックボックスがあります。ブツブツノイズを軽減するならば、必ずここにチェックを付けます。チェックが付いていないと、DeClickerはオフになります。DeClickerのパラメータは「Empfindlichkeit」というスライダーと、「Breite」というラジオボタンです。市販のソフトのパラメータから察するに、どちらかがthreshold、もう一方がsensitivityでしょうか。「Schellack」にチェックを付けると、非常に強くdeclickします。「nur」にチェックを付けると、テスト再生のさいに音楽でなく、音楽から取り去ったブツブツノイズだけが聞こえます。

btbt08.jpg
上にテスト再生という言葉が出てきましたが、テスト再生のボタンは右下の「Vorschau」です。ここをクリックすると再生が始まり、ボタンの文字は「Stop」に変わります。「Stop」をクリックすると再生が止まります。テスト再生はwavをループ状態で繰り返します。だから、数秒のwavを読み込んだ場合は、その数秒を繰り返し聴けます。聴きながらDeClickerのパラメータを変更して最良の値を見つけます。長いwavの場合は、やっぱり全体がループするんでしょうかね。それはまだ試していませんが。(ブツブツノイズのある場所だけを繰り返してくれると嬉しいですけどね。)

btbt09.jpg
ノイズを軽減したデータを書き出すには、ウィンドウ左下の「Ausführen」をクリックします。DeClickerの「Ein」にチェックが付いていないとDeClickerは無効だということをお忘れなく。

ひとまずここまで動作を解析できました。さすがに試行錯誤は疲れたので、少し休もうと思います。私にとってはここまでの動作で十分な気もするので、これで終わるかもしれません。その場合は、記事の続きは出ません。


コメント(0) 

近況(スマホ壊れた/ゲゲゲの鬼太郎) [手記さまざま2]

私のスマホが半壊れでしたが、「ほぼ壊れ」位になりました。またUQに電話しました。

通信ができません。インターネットも電話もだめです。Wi-Fiも使えません。不気味なことに、丸一日諦めて夜寝る前に見たら通信状態の4本線が復活していたり、翌朝見たらまた線が1本も立っていなかったりと、症状が変動します。

UQの電話では、設定のいくつかの場所を確認しました。ストレージの使用GBとか。それから、全アプリを閉じてネットワーク設定のリセットをしました。(これをするとWi-Fiのパスワード登録が消えてしまいます。)私の場合、これでも直りませんでした。

ついにスマホそのものを初期化するという話になり、普通はアプリの設定が自動的にクラウドにバックアップされているのだが私の場合は通信ができないのでバックアップできていない。うちのWi-Fiも認識しない。どこか外へ行って無料のWi-Fiが繋がるかどうか試すという話にまでなり、この時点で私の一杯一杯だった「スマホいじりスキル」を越える要求だったので、なんにもわからない私にはこれ以上無理だからスマホの機械を交換してくださいと電話口で告げました。これでスマホの初期化はしなくて良くなったけれども、このままではアプリの設定が新しいスマホに移行できずに消えてしまう。それで今、複数のことを努力中です。まず、ネット接続できないか。さっき書いた通り、ごくたまに短時間復活するという奇妙な症状だから。もし短時間でも接続が復活したらアプリの設定がバックアップされるか調べる。バックアップアカウントにメールアドレスを使うようだから、これをメモし保存する。スマホ内の写真などはバックアップされないのでUSBケーブル経由でPCへ移す。クラウドへのバックアップがうまく行かなかった時のために、古いスマホに入っていたマイクロSDカードの中身を消し、これをバックアップ用に待機させる。(今のスマホは格安スマホだから、SDカードが入っていないんです。それで古いスマホのカードを使います。)

この記事は、スマホの通信が回復したらそのままUPし、回復しなかったらUSBケーブル経由でPCへ送ってそこからUPする予定です。



せっかくの近況報告だから、他のことも書かせてください。
地上波アニメについて。いくつか見ていますが、いちばん書きたいのはゲゲゲの鬼太郎です。泣かせるすねこすり回、ギャグの河童回と、視聴者の意表をつく佳作が飛び出て来ました。そして昨日は、トイレの花子さんがまさか温泉に来ているとは。絶対赤い吊りスカートで学校に登場すると誰もが思いましたよね。バスタオル巻いて温泉に登場するとは誰も思いませんでしたよね。私はずっと後で気付いたんですが、花子さんは左利きで描かれています。スマホをいじる指、バスタオルを押さえる手、温泉の中で組んだ指は左の親指が上です。設定が細かいですね。あと、花子さんはバスタオル巻いてますが、考えてみたら鬼太郎は素っ裸では。混浴温泉で平然と鬼太郎に向き合ってる花子さんですが、よく考えると鬼太郎の方がやばい。それとも妖怪は気にしないのかな。

河童回で最初に思ったんですが、もしこれが妖怪でなく人間だったらとんでもないシチュエーションという場面があります。河童が尻子玉を抜こうとする時のあの手の描写、何回出てきたことでしょう。あれ、もしも人間だったら尻を触る変質者ではありませんか。それが大量発生して人を襲っています。恐ろしいです。花子さんがトイレの個室でスマホをいじっているのは、あの個室が花子さんのリビングルームだから仕方ないとして、そのトイレ個室を覗くヨースケくん(妖怪)というのは、なんかキモい変質者にしか見えないんですけど。でもそれを妖怪というオブラートに包むことでギリギリのぶっ飛び表現に変えているみたい。鬼太郎6期の作者さんは、さまざまな手法で視聴者をびっくりさせたり楽しませたりしてくれますが、きっとすべてが綿密な計算の上で出来上がってるんでしょう。たいした人です。


コメント(0) 

個人的記録(ブツブツノイズ) [  レコード(補完計画)]

自分のブログの過去記事に、大竹しのぶのレコードの初回デジタル化時の記録が次のように書いてありました。

「継続的なブツブツとか擦れる音とかのノイズも聞かなかった。結局ノイズはAB面通して1箇所だけ、小さな傷があると思われ、レコードの回転につれてプツッ、プツッ、プツッと3回くらい聞いたか。」

初回デジタル化時はレコードプレーヤーを修理に出す前で、新しいフォノアンプも買う前です。その後、プレーヤーを修理に出しフォノアンプを買い、針を新品の楕円針に換えて本格的にデジタル化を始めました。だから今PCに入っているwavは初回デジタル化時ではなく後年のwavです。私は念のためにそのwavをチェックしました。するとなんと、ブツブツノイズも擦れる音も入っているではありませんか。

私は焦りました。初回演奏時つまりセコハンレコードが届いてすぐに聴いた時はノイズがほとんどなく、後年のデジタル化時にノイズがいっぱいあるとは、どういうことか。天袋にレコードを仕舞っていた間に黴が生えたか。他の黴だらけレコードを掃除したクリーナーで拭いて黴だらけにしたか。使い古しの丸針を新品の楕円針に換えたので、音溝の奥のごみをノイズとして拾ってしまったか。

もう一度レコードを再生して、よりノイズの少ない音をデジタル化しなければならないか。

でも実は、デジタル化時の音が昔の再生よりもノイズを多く含んでいると感じたのはこれが初めてではないのです。私は子供の頃、気に入ったレコードは日常観賞用にカセットテープやVHSビデオテープのHi-Fi音声トラックに録音したので、後年のデジタル化wavと比べられるのですが、気になるwavを今までにいくつか見つけました。たくさんのレコードを再デジタル化するのは、私の健康上も、針の寿命的にも無理です。

それに、デジタル化時に私は可能な限り盤をきれいに拭いて使ったはず。限られた時間で出来ることは全部やったはず。今あるwavから電気信号的にノイズを除去することのほうを考えるべきです。

こうして私は、レコード音声を記録したリニアPCMからブツブツノイズを除去・軽減するソフトウェア(アプリ)をネット検索しはじめました。そしてすぐに思い出しました。今までにも同じことを考えました。でもそういうソフトウェアは無料ではなく、それどころか安くありません。それで諦めたのでした。

今回のネット検索でもまず有料のソフトがいくつか見つかりました。一万数千円から、数万円。私はレンタルDVDが期間限定で安い時だけ借りるのがせいぜいというほどの超低予算なので、その金額は出せません。さらに探しました。たとえ機能がおもちゃレベルでも無料のソフトはないものか。GPUを使うのがありましたが、私のPCは基本スペックだけの安いやつなのです。(それだってPCはすごく高い買い物でした。)私はさらに探しました。ついにどこかのフォーラムの書き込みに何か見つけました。でもソフトそのもののファイルへのリンクが見つからずにさらに検索。その頃にはもうかなり疲れていたので、バージョンが古いとか色んなことはどうでもよくなっていました。

機能的に低レベルでも、私自身に再デジタル化を諦めさせる口実になれば良いのです。「ブツブツノイズは取れるんだから、今のwavがあれば良いんだ」と思えれば良いのです。

私は使い方を知ろうとヘルプを見ました。するとそこには何やらアルファベットの海が。どうしたら良いんだろう。
btbt01.jpg

今日は、ここまでです。現在、もう少し先まで進展がありますが、まだ記事にする分量に至っていないので、さらに進展があってから続きの記事にします。もしもこのまま続きが出なかったら、その時は行き詰まったと思ってください。

コメント(0) 

太田裕美のあじさいを待っていた人々へ [手記さまざま2]

太田裕美の「あじさい」が、ようやく再放送です。6月8日、Eテレ。テレビなので映像も出るでしょう。詳細は「みんなのうた」のホームページで確認してください。

私自身が過去に「みんなのうた」を録りそこねて悔やんだ経験があるので、こういう情報は多い方が良いと考え、たとえ蛇足でも、既にみんな知っていても記事にします。

せっかくの記事なので、ついでに近況
私のスマホは半壊れです。昨日はまだスマホの故障か電波の問題かはっきりしませんでしたが、その後UQに電話をかけて話をし、スマホの問題とわかりました。でも半壊れです。完全に壊れていれば交換も出来るのですが、時々回復するのである意味たちが悪いです。

コメント(0) 

UQモバイル1日電波来なくなる [手記さまざま2]

こういうメモは後から記事にしても意味がないので急ぎ書きます。

昨日のことです。UQモバイルの格安スマホの電波が途切れ途切れで使えなくなりました。午前中からその状態で、午後も、夜もそうでした。電波状態を示す4本棒は4本になったり全部消えたりを繰り返しました。パケット通信のギガは十分残っていて、低速になったのではありません。その時はまだ、Wi-Fiにすればネット接続ができました。スマホの不調か、それとも基地局からの電波そのものが弱いのか(格安スマホだからそれもありうるか)、判断できません。スマホの再起動は複数回試しましたが状態は変わりません。明日になっても改善しなければUQの店で相談するなりスマホを修理に出すなりしなければいけないと思いつつ、その日は寝ました。

翌朝5時。つまり今朝の5時。目が覚めてまずはスマホの状態を見ました。電波は途切れ途切れどころか全然入りません。電波状態を示す棒は1本も立たず、ずっとその状態のまま6時になりました。それどころかWi-Fiの電波まで拾わなくなりました。私は、スマホの受信部の故障だと判断し、スマホを修理に出す必要があると思いました。修理に出せば1週間は戻らず、下手をすると中のデータも消えるかもしれない。そこで大事なデータをPCへ移し始めました。

7時になり、データの移動が終わり、ホッとしてスマホを見ると、なんと電波の棒が4本立っているではありませんか。Wi-Fiも入ります。私は狐につままれた気分です。これは直ったのか、それとも一時的な改善でまた電波が入らなくなるのか。とにかく昨日から今朝にかけての状態は異常でした。ひとまず様子を見ます。

コメント(0) 

大竹しのぶの白鳥を云々CDにはボーナストラックがある [  カセットテープ(補完計画)]

今回の記事はまとまりがなくなってしまったので、読みにくさを軽減するために目次を書いておく。

目次
1.発端
2.私のカセットの大竹しのぶ
3.CDの曲目がネット上に書かれない件
4.CD未収録曲から


1.発端

五月病と作業疲れが重なって、カセットテープ補完計画が進まなくなった。でも何か作業しないと人生が無駄になる。私は気分転換のために、カセットの連番順に作業するのをいったんやめた。この連番順というのが疲れる原因だから。当該の曲にいま興味があるかどうかにかかわらず、終わりの見えない作業をだらだらと続けなければならない心理的疲労。それで大竹しのぶまで飛んだ。


2.私のカセットの大竹しのぶ

大竹しのぶは、たぶん「ひるの歌謡曲」を録音したものだ。片面30分のテープに録音している。無理やり30分に収めようとしたのか、それとも途中でカセットをひっくり返すチャンスを狙っていたのか、それはもう忘れた。とにかく無謀なことをした。曲の途中でテープが終わりになった。急いでテープをひっくり返したが、ひっくり返す間の数秒は録音されなかった。長年の間その状態で聴いていたが、ずっと気になっていた。ある時セコハンのレコードを買い求めてこの問題を解決した。ただし、このレコードと私のカセットテープに共通する曲はたった2曲だった。他の曲は、レコードもCDも持っていない。


3.CDの曲目がネット上に書かれない件

それからさらに年月が経ち、今回、他の曲もCDの高音質で聴いてみようという気になった。でも新品のCDを買うほどの予算と意欲はない。レンタルCDを借りた。カセットテープに入っている曲のほとんどは「白鳥を見たことがありますか」というCDに収録されているが、(上記レコードの2曲のほかに更に)数曲だけ入っていなかった。それらの曲を補うために「ゴールデン☆ベスト」も借りた。いざ聴いてみると、「白鳥を見たことがありますか」CDの最後に数曲、チェックしていない曲が入っていた。調べてみると、この数曲が入っていることを知ってさえいれば「ゴールデン☆ベスト」を借りる必要がなかったことがわかった。なんてこった!初めは、私が曲目をメモする時にメモし忘れたのだと思った。ところが、改めてネット検索したらこの数曲を「白鳥を見たことがありますか」CDの曲目に加えていないサイトがある。私のせいじゃなくて、サイトのせいだった。またまた、なんてこった!

どうしてCDに入っている曲がまるで入っていないかのように書かれていないのかというと、その数曲はボーナストラックだかららしい。レコードとして発売された時は入っていなかった。CD化された時点で加えられた。いくつかのサイトではレコード時の曲目を載せているようで、ボーナストラックの数曲が書かれていない。

そこで私としては、他のどなたかが私と同じ轍を踏まないように、ここに情報を書いておきたい。大竹しのぶの「白鳥を見たことがありますか」CDには
電話帳パラパラ

童話の終わり
が入っている。


4.CD未収録曲から

今回大竹しのぶの曲についてネット検索したので、まだCD化されていない曲が少しわかった。それで、CD化されていない曲に限って2曲ほどここに出しておきたい。ただしこのサイトの動画・音声用領域はもうかなり一杯で、古い動画・音声から消してゆく。大竹しのぶの曲も、時が経てば消える運命にある。

丘の上の風

キンポウゲの日々

コメント(0) 

疲れの取れる菓子を探す(23) [手記さまざま2]

20180530_060535.jpg
名前の通りの味で美味しいです。

20180530_060641.jpg
今回食べた1回分の内袋は、これです。

疲労回復度は、星4つ(最高)か、星3つのどちらか。最近カロリーメイト(星4つ)を食べていないので、食べ比べをしないと正確に評価できません。


コメント(0)