So-net無料ブログ作成

音楽の道しるべふたたび(B.Cl) [  カセットテープ(補完計画)]

B.Cl

(最後のカセットテープ補完計画 (026))

年末には「音楽の道しるべ」のUPが滞ってしまった。こういうのは、一度滞るとそれがきっかけで永遠に出なくなってしまうことがある。毎日続けることが大事なんだが、それが難しい。

せっかくの記事なので、他の話題も付け足したい。

長年続けてきた「懐かしの歌謡曲」録画を去年まででやめた私は、そういうことに使っていた時間を体を治したり体力を付けたりするのに使うつもりだ。でも、まだほんの少し気になるものがある。それは歌謡曲でなく映画だ。長年待って、いつかどこかで再放送してくれるかと思っているがまだ出会えない映画がある。

まず「駅馬車」。子供の頃にテレビで見た。その時はなんにもわからぬ子供だったが、昔を懐かしみながらもう一度観てみたい。

次に、「雨の訪問者」。これは見たことがない。それなのになぜ今興味があるのか。子供の頃もっぱら怪獣映画とSF映画ばかり見ていた私が、たまたま気に入った異色西部劇がある。「正午から3時まで」。それ以来、ブロンソンには好感を抱いていた。そして同じく子供の時によく聴いた映画音楽全集レコードの中に、「雨の訪問者」があった。この映画ではブロンソンが何を演じているんだろう。興味がある。

映画音楽全集レコードの中には、「華麗なる賭け」というのもある。マックイーンといえば、なんも知らん私でも名前はよく知っている。ネット検索すると、この映画の評価が高い。「雨の訪問者」ほどの興味ではないのだが、できれば観てみたい。

アラン・ドロンは私向きではないと思うが、何の因果か2つの映画音楽全集レコードの両方に「太陽はひとりぼっち」が含まれている。レコード1枚に含まれるだけなら気にしなかったが、2枚となると気になる。「太陽がいっぱい」ではない。「太陽はひとりぼっち」だ。何ヵ月も待って、たしかスターチャンネルで放送があった。でも他に観たい映画がなく、スターチャンネルの視聴には2,484円もかかるから、契約できなかった。結局いまだに観ていない。

最後のひとつは、いかにも私が言い出しそうな映画だ。「スーパーガール」。今どきのテレビドラマではなく、大昔にあった映画のほう。映画そのものの出来はスーパーマンシリーズほど良くない。でも思い出という意味では、上記のどの映画にもまして観たい。

2018-01-01 [  VHSビデオ(補完計画)]

あけましておめでとうございます。

私は正月から酒を飲んでいます。今年もアホ記事を書くかもしれませんが、なにとぞご勘弁ください。

今日も正月早々、飲酒時恒例のしょうもない記事を書かせてください。去年の7月に、私はあるテレビドラマの記事を書きました。当時は私の腰痛が悪化してPCの前に座れず、それでも何かせずにいられなくてスマホで記事を書いていました。ところがPCと違ってスマホの動画アプリではコマ送りしながらスクリーンショットを保存することができなかったので、一瞬の稲妻をスクリーンショットに収めることができなくて、結局テキストだけの記事になりました。私はあれからずっと後悔していました。

本当は動画を出して見てもらうのが、見に来てくれた方には一番なんですが、このドラマの権利者は私が最も恐れているテレビ局でして、何年も前に私が調べた時点では、視聴者の一部から要望があったけど再放送できませんでしたごめんなさいという番組も、ネット上に出るとクレームが付いて削除させるという・・・もちろんそれが当たり前なんですけど、ああ恐い。この局は恐い。私はネット上の経緯を見てそう感じました。ウチは受信料払ってます!

ちょっと酒のせいで文章が脈絡を失っておかしくなりましたが、とにかく動画を出すのは駄目なんです。

今回は、「動画以外」で対処して、去年の7月にテキストしか出せなかった後悔を終わりにしたい、という気持ちから記事を書きました。スクリーンショットを補うテキストのほうは、なにしろ今の私は酔っていてあてにならないので、去年7月のテキストを流用します。

それから、音声は中島みゆきの声が始まる前までで切らなければなりません。何年も前ですがネット上に、音楽関係のクレームでの削除もありましたから。中島みゆきの曲が始まったらその曲が終わるまでは曲しか聞こえませんから、その曲を購入してこの記事のmp3に続けて聞いてもらえば、静止画と音で構成する「スクリーンショットで作る紙芝居的紹介」は完成します。


匂いガラス VHSビデオテープ通し番号6.mp4_000005035.jpg匂いガラス VHSビデオテープ通し番号6.mp4_000007766.jpg
匂いガラス VHSビデオテープ通し番号6.mp4_000018578.jpg匂いガラス VHSビデオテープ通し番号6.mp4_000024191.jpg匂いガラス VHSビデオテープ通し番号6.mp4_000032076.jpg匂いガラス VHSビデオテープ通し番号6.mp4_000036950.jpg匂いガラス VHSビデオテープ通し番号6.mp4_000037414.jpg匂いガラス VHSビデオテープ通し番号6.mp4_000038640.jpg匂いガラス VHSビデオテープ通し番号6.mp4_000041826.jpg
雰囲気のある風景の中、雷鳴が轟き雨が降り、バイクが走り来て去って行く。背景の音楽はブラームスだそうだ。
雷鳴から中島みゆきの前まで

匂いガラス VHSビデオテープ通し番号6.mp4_000050875.jpg匂いガラス VHSビデオテープ通し番号6.mp4_000055043.jpg匂いガラス VHSビデオテープ通し番号6.mp4_000065156.jpg匂いガラス VHSビデオテープ通し番号6.mp4_000075649.jpg匂いガラス VHSビデオテープ通し番号6.mp4_000084165.jpg匂いガラス VHSビデオテープ通し番号6.mp4_000095085.jpg匂いガラス VHSビデオテープ通し番号6.mp4_000110303.jpg
アパートの下では、少女がバレエの練習をしている。片足だけ裸足なのはどういう意味があるのだろう。雨が降る中、足を泥だらけにして練習するのはなぜだろう。

匂いガラス VHSビデオテープ通し番号6.mp4_000114856.jpg匂いガラス VHSビデオテープ通し番号6.mp4_000117183.jpg匂いガラス VHSビデオテープ通し番号6.mp4_000123154.jpg匂いガラス VHSビデオテープ通し番号6.mp4_000125513.jpg匂いガラス VHSビデオテープ通し番号6.mp4_000126871.jpg匂いガラス VHSビデオテープ通し番号6.mp4_000129380.jpg
あのバイクが来る。バイクの青年はそこにバイクを置きたいらしい。でも少女はそこでバレエの練習を続けたい。青年は乱暴にバイクを奥へ入れようとしたから、少女はバイクに押し退けられてよろけ、落ちていたガラスの破片で足を切る。

匂いガラス VHSビデオテープ通し番号6.mp4_000136121.jpg匂いガラス VHSビデオテープ通し番号6.mp4_000137481.jpg匂いガラス VHSビデオテープ通し番号6.mp4_000141886.jpg匂いガラス VHSビデオテープ通し番号6.mp4_000145909.jpg匂いガラス VHSビデオテープ通し番号6.mp4_000152998.jpg匂いガラス VHSビデオテープ通し番号6.mp4_000154513.jpg匂いガラス VHSビデオテープ通し番号6.mp4_000164737.jpg
少女は血のにじむ足指を気にし、怪我をさせた青年もさすがに悪いと思ったのか、ヘルメットを脱いで覗き込む。ところが少女の関心はもう足の傷にはない。彼女は水溜まりの中からガラスの破片を探り出すと、立ち上がり、妙な行動をとる。近くの壁にガラスを擦りつけ、匂いを嗅ぐ。そして言う。「匂いガラス・・・。」またガラスを擦りつけ、匂いを嗅ぐ。

匂いガラス VHSビデオテープ通し番号6.mp4_000170435.jpg匂いガラス VHSビデオテープ通し番号6.mp4_000183986.jpg匂いガラス VHSビデオテープ通し番号6.mp4_000188325.jpg匂いガラス VHSビデオテープ通し番号6.mp4_000196078.jpg匂いガラス VHSビデオテープ通し番号6.mp4_000204807.jpg匂いガラス VHSビデオテープ通し番号6.mp4_000211322.jpg匂いガラス VHSビデオテープ通し番号6.mp4_000253298.jpg匂いガラス VHSビデオテープ通し番号6.mp4_000271440.jpg
主題歌が流れる。中島みゆき。いつの間にか立ち込めた白い霧の中で、少女が手にするガラスの破片は神秘的な光を発する。

こうしてドラマのプロローグが終わる。
匂いガラス VHSビデオテープ通し番号6.mp4_000273527.jpg匂いガラス VHSビデオテープ通し番号6.mp4_000283618.jpg匂いガラス VHSビデオテープ通し番号6.mp4_000290546.jpg匂いガラス VHSビデオテープ通し番号6.mp4_000298389.jpg

よっしゃ!SoundHoundで行くで [  カセットテープ(補完計画)]

今日、ある有難い方から不明曲をひとつ教えていただき、さらにSoundHoundというスマホアプリも教えていただいた。私はさっそく、まだ不明の曲をSoundHoundに聞かせ始めた。

SoundHoundとShazamはたぶん曲解析の方法が違うと思う。Shazamは、ピタリと一致すると曲名だけでなく誰の演奏かまで出てくる場合があるが、スマホのユーザーが自分で唄うというアバウトな音源は得意でないかもしれない。いっぽうSoundHoundはスマホの前で自分で唄ってもいいそうだ。この、自分で唄うというのは時として必要になると思う。

私は、次の曲を探していた。

たしか、ブログでは公開捜査していない。なぜなら、どこかで聞いたような、きっと有名な、ひょっとして子供の頃に日本語歌詞を付けて学校で歌わされたかもしれないような、そんな曲だから。自力で解決できそうなものは、安易に他人を頼らずに頑張りたいと思っていた。じつは先日も、アメリカ民謡かもしれないと思ってネット検索した。そうしたら、日本で知られているアメリカ民謡がとてもたくさん出てきて、その中にこの曲が含まれていなかった。この方法では探し出すのが大変だなと思っていた所にSoundHoundを知った。ようし、これを使ってみよう。

でも、上のmp3を聞いてもらえばわかるが、かなりアレンジされている。もっと簡潔にメロディーをSoundHoundに聞かせないと難しいのではないかと思った。案の定、何回か聞かせたがSoundHoundは認識しなかった。そこで私は、自分で鼻歌を唄った!鼻歌は拙いしアバウトだが、上のmp3から主旋律だけを取り出し、尾ひれを付けずに唄うことができる。

私の拙い鼻歌をフフン、フンフンとSoundHoundに聞かせたところ、2回目のチャレンジで次の返事が返ってきた!
soundhound.jpg

よっしゃ!曲名は赤い川の谷間だ。やっぱりアメリカ民謡だったのか。

今回の曲が日本の曲でなくアメリカの有名な曲だったことも好結果につながったかもしれない。SoundHoundは日本の曲も知っているだろうか。試してみよう。

GUMは私の歯を見捨てた(10) [手記さまざま2]

リーチ ウルトラクリーンやわらかスライドの使用記録。最初に30-40cm引き出して使った分(以後、1本目と記す)は、何も考えずに使ったが、それ以前に使っていたGUMの古いタイプのフロスよりもずっと早く切れた。それで、次に30cm引き出して使った分(以後、2本目と記す)は長持ちさせるために大事に使うことになった。大事に使ったらどれ位長持ちするのか。それをご報告したい。

1本目のフロスは、まず使いはじめて8日で切れた。真ん中から切れたらもう使えないが、3分の1の所で切れたので長いほうを使い続けた。使いはじめて13日目でまた切れた。今度は使えなくなった。

2本目のフロスは大事に使った。毎回皺を伸ばし、歯間に入れる時は「きしめん」状の平たいフロスの端から入れるように心がけた。ちなみに、GUMの古いタイプのフロスはこんなに気を遣う必要はなかった。それで長持ちした。GUMが製造中止しないでいてくれたらなあと、つい思ってしまう。

2本目のフロスが使い続けるうちにどうなったかというと、まず最初の変化は、平たいフロスの「幅の真ん中」あたりに小さな穴があきはじめた。そのうちに、30cmくらいの「長さの真ん中」あたりが、いくら皺を伸ばそうとしても伸びなくなった。私は、穴のあいた所を使わないように気をつけたり、皺が伸びない所は比較的広い歯間に使ったりして長持ちさせた。

26日に2本目のフロスが切れた。1本目のフロスが切れた12月16日の数日前から2本目を併用していたから、仮に14日からとすると、12日間で切れたことになる。端のほうが切れたので、まだ使い続けられる。1本目のフロスは初回の切断が8日目だから、大事に使うと少しは長持ちする。

12月31日。2本目のフロスは一番狭い歯間にはもう入らないが、それでも歯間によってはまだ使える状態だった。ところが朝の歯磨きを終えて定位置に置こうとした時、引いた手にフロスがくっついて、そのままどこかへ落ち、行方不明になった。実はこういう事は時々ある。床に落ちたか、それともすぐ下の棚に入ったか、探しても見つからない。「紛失」は「切れた」とは違うが、2本目のフロスが使えなくなった事に違いはない。それを正確に記録して、2本目のフロスの記事とするしかない。使用できたのは17日間か。

いまごろ気づいたが、私のフロス使用頻度を記していなかった。私は朝昼晩に歯を磨く。ただし上下すべての歯間に糸状フロスを使わず、下の歯の両側、犬歯から奥だけに使う。その使用頻度でフロスを大切に扱った場合、上記の期間使えたという事だ。

宇宙ヘルペス [  その他(補完計画)]

始まりはフラッシュダンスだった。つまり、まともで有名な映画から始まった。それなのに、私はだんだんと妙な方向へと落ちていった。

私は、昔見た懐かしい映画を探している。今日はネット検索していてたまたまフラッシュダンスという映画が目についた。有名だし、私も一部のシーンを知っている。でも私はこれを見ていないと思う。恥ずかしながら私はあまり映画を見ていない。子供の頃や若い頃に怪獣映画やSF映画を多く見たが、大人が見る映画はあまり知らない。私が今したいのは、懐かしい映画との再会だ。他の映画で、昔見たものはないだろうか。フラッシュダンス・・・フラッシュ・・・フラッシュゴードン!(ほうら、少しずつ私は落ちてゆく。)でもフラッシュゴードンなら昔見たんじゃないか。なにしろ、フラッシュ!アアーっていうテーマ曲はよく知っているから。ネット検索した。ようつべに、断片的なムービークリップが多数あった。私はそれらを全部見た。でも、私の記憶にあるシーンは何もなかった。仕方がない、他をあたろう。他の映画で、昔見たものはないだろうか。こういうアメリカ産の昔のSF映画は見た覚えがある。その時、私の頭にひらめいた。宇宙ヘルペス!

ヘルペスというのは、疱疹の一種だ。でも宇宙ヘルペスというのは、ナメクジ型のモンスターだ。子供の頃、私はまず宇宙ヘルペスから知った。だから、後年に本当のヘルペスが何かを知った時、全然違うじゃないかと思った。それが私の思い出だ。ちなみに、ヘルペスの原因となるのはヘルペスウィルスだそうで、そのウィルスを宇宙的イメージで巨大化・モンスター化させたのが宇宙ヘルペスなのかもしれない。さらに、いまネット検索したら、アメリカで昔ヘルペス患者が増加して、1980年にHerpesが大々的に報道されたことがあるそうで、その時のヘルペスがこともあろうに「性器ヘルペス」だったと書いてあった。ということは、この映画の宇宙ヘルペスというのはそれを風刺したものかもしれない。実際にはヘルペスは疱疹だから、性器に限らない。

私は宇宙ヘルペスをネット検索した。日本語情報に限るとほとんどなかったが、それでも唯一見つかった情報がドンピシャリ、バッチグーのブログ記事だった。インターネットは有難い。私の子供時代なら、絶対に情報が見つからなかった。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2006/10/post_f59e.html

この映画の日本語タイトルはスペース・パイレーツ。ただし元の英語タイトルはThe Ice Pirates。私の記憶に残っていた宇宙ヘルペスはネット上のストーリー/あらすじ/アウトラインの記述には全然なく、まるでこの映画には出てこないみたいに思えるが、上記の有難いドンピシャリ、バッチグーの情報により、本筋とは関係ないからストーリー/あらすじ/アウトラインに載らないことがわかった。ようつべには宇宙ヘルペスが出てくる短いムービークリップがある。でも私の思い出にあるシーンはない。私の思い出のシーン(思い出だから完全に間違っている可能性もある)では、登場人物から非常に恐れられた宇宙ヘルペスは、ある登場人物がふと気づくと自分の足で踏み潰していたというアッケラカンとしたオチだ。

Shazamも曲の誤り [  大捜索願(補完計画)]

弘法も筆の誤りという言葉がある。Shazamの曲当ては弘法大師の書と同じほど信頼のおけるもので、曲名が出る時にはピタリと当て、同じ曲でもアレンジ違いなど相違があれば「結果なし」と出る。ところがそのShazamが、昨日はじめて不思議な誤りをした。アレンジ違いどころか、ジャンル違いもはなはだしい。

Shazamに聞かせた曲は、私のカセットテープに録音されていて曲名のわからないクラシックらしき曲だ。
追記:この曲は、sacoさんからの有難い情報により、Shostakovich Festive Overture Op 96と判明しました。sacoさん、どうもありがとうございました。


上の曲をShazamに1回目に聞かせた時、こんな結果が出た。
shazam.jpg

Bernard XolotlのLast Wave Iだという。私は喜んで、ようつべで探して聞いてみた。出だしはクラシックらしくなく、私が子供の頃に好きだったタンジェリン・ドリーム(初期)やKlaus Schulzeに近い感じだった。でもShazamが教えてくれたのだから、そのうちにクラシックらしくなるのだろうと思って最後まで聞いた。結局最後まで、タンジェリン・ドリームやKlaus Schulzeに似た感じだった。

それで私は、Shazamが「聞き間違い」をしたのだと気づいた。私はもう一度同じ曲をShazamに聞かせてみた。今度は「結果なし」と出た。さらにもう一度聞かせてみた。また「結果なし」と出た。つまり最初の1回だけ、なぜかShazamが聞き間違いをした。Shazamにしては珍しいことだ。

コメント(4) 

音楽の道しるべふたたび(Cl) [  カセットテープ(補完計画)]

Cl

(最後のカセットテープ補完計画 (025))

木管楽器をUPしながら気づいたが、Saxがない。あれは金属管だけど木管楽器扱いのはず。ひょっとして「その他の楽器」に入ってるのかな。

音楽の道しるべふたたび(E.Hr) [  カセットテープ(補完計画)]

E.Hr

(最後のカセットテープ補完計画 (024))

KORG ShopでKLC(MS-20など)を引き続き使えるようにしようとした。注文確認のメールまでは来たが、ダウンロード方法を記したメールが来ない。何日待っただろう。今日は来てほしい。

疲れの取れる菓子を探す(16) [手記さまざま2]

bpbutter.jpg
外箱は、これです。ビタミンとカルシウムと鉄を摂取できるという商品です。この商品には味が何種類かありますが、まずは一番シンプルに見えるものから試しました。

20171227_213326.jpg
内袋は、これです。

形状はカロリーメイトに似ていますね。外箱や内袋に書いてある通り、確かにバターの香りがします。

疲労回復度
★★★☆か★★★★

正確な評価のために、もう一回試したいです。でも今年は、ここまで。

大掃除と痛風発作 [痛風日記]

私の行きつけの床屋さんは年末の大掃除をあまりしないらしいが、私は彼とは世代が違うので必ずしなければならない、それがなければ年は越せないという思いが頭に染み付いている。ところが去年は、体調不良を押して掃除をしたら年末に寝込んでしまい、それに追い討ちをかけて元旦に痛風発作が始まった。天井を雑巾がけするために台の上に上ったり降りたり、踏み台昇降運動を延々としたのがいけなかったと思われる。年をとって体に故障が出ると、若い頃には出来た事が出来なくなる。みじめな気持ちだ。でも前回のような家人を巻き込んだ年末年始大惨事を起こすのは駄目だ。今年は大掃除を諦めようと思う。せめて、神に関係する所だけ、つまり神の入口である玄関と、神棚だけは何とか掃除できないかと思っている。
それでも、昨日はひとつ良いことを発見した。実は昨日パソコンが起動しなくなった。そんなことになるとは思わないから、あらかじめたくさんの物を出してきてそれを今日中にパソコンで処理するつもりだった。でもパソコンは動かない。結局、何時間もかけてパソコンは直したが、その時にはもう日が傾いて寒くなっていた。でも今日中にたくさんの物を処理しなければならない。その物が部屋の真ん中に居座って、そのままでは布団が敷けない。つまり寝られない。私はすでに寒くなった自室で2時間くらい座って作業しなければならなかった。腰痛を恐れて途中で立ち上がって動いたりしたが、それでもこんな事をしたら、痛風治療前には私の足はすぐに異常を訴え、腫れぼったくなり、最悪では痛風発作が始まった。ところが昨日はそれがなかった。体に無理をさせたのに。だからひょっとすると、足の親指の付根関節の尿酸結晶は溶けているのかもしれない。でも私の痛風発作はすでに足先ではなく膝へと移っているから、油断はできない。